ボルダリングが女子に人気!筋肉をつけないと上達しない?いいえ、体の使い方が重要です!

ボルダリングが女子に人気!筋肉をつけないと上達しない?いいえ、体の使い方が重要です!

最近ボルダリングが人気ですね!
ボルダリングと言えば筋肉がムキムキの男子のイメージが強い!
最近は女子にも大人気に!
イメージ通りムキムキの筋肉がないと上達しないのか
ボルダリングは筋肉より体の使い方が重要!

最近ボルダリングが人気ですね!

ボルダリングが人気
最近ボルダリングが大人気です。

ボルダリングとは、非常にシンプルなスポーツで、

道具を使わずに

手と足だけで

4、5メートル程度の

壁を登る!

というものです!

覚えなければならないルールは他競技他スポーツに比べて段違いに少ないです。

ボルダリングはとてもお勧めのスポーツです!

数年前までは結構マイナースポーツって感じでしたが、オリンピックで競技化の話が出たあたりからじわじわと人気が出てきましたね!

2000年頃は数十件しかなかったボルダリングジムも今では500件に登ります。

今では日本はボルダリング強豪国の1つに数えられます!

東京オリンピックでも日本は本命でしょうね!

今後ももっともっと盛り上がっていくと思います!

ボルダリングと言えば筋肉がムキムキの男子のイメージが強い!

ムキムキな男子
さて、ボルダリングと言えばどのようなイメージをお持ちでしょうか?

大抵の場合は、ムキムキでマッチョな男性のイメージがあるのではないでしょうか?

実際そうです。イメージ通り(笑)

ボルダリングジムに行くとやはりマッチョの男子が多いです。

特に上半身が発達している男子が多数派です。

最近は女子にも大人気に!

女子にも大人気
そんなボルダリングですが、最近は女子にも大人気です!

最近はボルダリングを行う女性が増えています。

平日の会社帰りや休日のリフレッシュの趣味などにボルダリングを上げる女性が増えています。

気軽に始められて、ダイエットにも効果があり、達成感と爽快感もあることが理由として上げられます。

実際ボルダリングジムで見かける女性はスリムな方が多いです。

非常に高いダイエット効果があるからと言えます。

そして、実は日本のボルダリング女子はレベルが高いのです。

ボルダリング界の女神と呼ばれる絶対王者の野口あきよさんに続き、野中みほうさんや最強の女子中学生と言われた伊藤ふたばさんなどなど。

日本のボルダリング女子は世界レベルで強いです!

イメージ通りムキムキの筋肉がないと上達しないのか

ムキムキの筋肉がないと上達しないのか
さてさて、ボルダリングはイメージ通りに筋肉がないと上達しないのでしょうか?

いえいえ、そんなことはありません。

ボルダリングの上達にはいろいろな要素が絡んでいますが、一番大切なのは体の使い方です!

実は、筋力にモノを言わせて登れるのは初級の10級~7級程度までで、6級から先はこの体の使い方の世界に突入します。

といっても10級から7級までは力が必要と言っているのではなく、体の使い方を知らなくても力だけでなんとか登れてしまうということです。

基本は体をうまく使って登っていくことになります。

ボルダリングは筋肉より体の使い方が重要!

体の使い方が重要
ボルダリングの上達で一番大事なのは体の使い方です!

そして次に重要なのは脂肪の少なく、体重が軽い体です!

女性は男性に比べて体重の総量が少ないので、実は有利だったりします。

特にスリムな女性は超が付くほど有利です。

これはボルダリングが体重移動のスポーツであり、軽いものを運ぶ方がより簡単だからです。

さて、ボルダリングではムーブと呼ばれる特殊な体の使い方をします。

これは筋力に頼った動きには限界があるので、効率的な体の動きでクライミングを達成しようというクライミングの歴史の集積です。

特に腕はすぐにパンプアップと呼ばれる、ガス欠で力が入らない状態になってしまいます。

これでは壁を登ることが出来なくなってしまいます。

実は体重が軽い方が超が付くほど有利と言ったのはここにあります。

パンプアップしてしまうと練習の継続が難しくなるだけではありません。

登っている途中でもパンプアップになることがあるので、パンプアップしてしまった時点で課題をクリアすることが困難になってしまいます。

ボルダリングは体力をいかに温存して、スマートにスイスイと登っていくかが重要になるのです。

ダイアゴナルやヒールフックと呼ばれるムーブが良く使われますが、いずれも体の使い方が重要です。

こういったムーブと呼ばれる体の使い方を習得することで、不要な体力をつかわずに、スマートにウォールを登ることが出来るようになります。

このように、ボルダリングでは筋力よりも体の使い方が重要です。

ですので女性の方で体格が良くなってしまわないか不安な方や、筋肉がついてしまわないか不安な方も、安心してボルダリングを始めてみませんか?

趣味として始めたい、初心者のためのボルダリングの始め方!必要なもの!マナー!料金!

一人で出来る趣味!ボルダリングを始めよう!

【アームレスリング!筋肉】胸筋!大胸筋下部!

【アームレスリング!筋肉】胸筋!大胸筋下部!

アームレスリングとは
アームレスリングで使われる筋肉
アームレスリングで使われる筋肉 胸筋
アームレスリングで使われる筋肉 胸筋 大胸筋とは
アームレスリングで使われる筋肉 胸筋 大胸筋の役割
アームレスリングで使われる筋肉 胸筋 大胸筋下部が重要

前腕の注目の筋肉はこちらから!
【アームレスリング!筋肉】前腕!前腕屈筋群!前腕伸筋群!腕橈骨筋!

上腕の注目の筋肉はこちらから!
【アームレスリング!筋肉】上腕!上腕筋、上腕二頭筋、上腕三頭筋!

アームレスリングとは

アームレスリングとは腕っぷしの強さを競い合うスポーツです!

日本でいうところの腕相撲に似ていますが、国際的に標準化されたルールがあるという点で、腕相撲とは一線を画しています!

世界中に愛好家が存在しており、世界一を決める世界大会も毎年行われています。

日本選手が世界チャンピオンになることもあり、日本も結構強いです!

日本では、女性にも人気があり、最近では、竹中絢音さんが圧倒的な強さを見せており、世界チャンピオンになったりしています!

アームレスリングは上半身の筋肉がモノを言います!

下半身の影響が少ないので、年をとっても強さを維持することが出来ます。

生涯スポーツとするのも良いのではないでしょうか!

アームレスリングで使われる筋肉

アームレスリングは少し特殊なスポーツですが、動員される筋肉は決まっています。

アームレスリングといって皆さんがイメージする通り、上半身の筋肉がメインです。

大きくまとめると、

肘から手のひらまでの前腕筋群

肘から方までの上腕

胸筋

背筋

腹筋

です。

それぞれの筋肉が連動して集約されて、相手の手をマットに沈めます。

これらの筋肉はどこがかけてもアームレスリングの競技力に影響があります!

それぞれきっちり鍛えるためにも、どういった筋肉があるのかしっかり覚えておきましょう!

アームレスリングで使われる筋肉 胸筋

アームレスリングでは胸筋が良く使われます。

胸筋とは胸の筋肉です。人体でも大きい筋肉の部類に入ります。

特に大胸筋は、人体でも大きい方から数えたほうが早いほど大きいです。

筋トレの世界でもBIG3に数えられるほど重要視されている筋肉です。

ですので、発揮する力もとても大きいです。

アームレスリングで使われる筋肉 胸筋 大胸筋とは

大胸筋は、肋骨上部を覆うようにして存在している胸の筋肉です。

主に上腕骨の内旋に関与しています。

大胸筋上部、大胸筋中部、大胸筋下部でパフォーマンスを発揮する角度や動作が異なります。

大胸筋上部は、肩が水平より高い角度で腕を動かすときに使われます。

大胸筋中部は、肩が水平に近い角度で腕を動かすときに使われます。

大胸筋下部は、肩が水平より低い角度で腕を動かすときに使われます。

大胸筋という大きな枠組みでは、腕立て伏せやベンチプレスなどで鍛えるのが一般的で効率的な筋肉です。

アームレスリングで使われる筋肉 胸筋 大胸筋の役割

アームレスリングでは、胸筋は内側に腕を巻き込むために重宝する筋肉です。

上腕の内旋にクリティカルに効きます。

胸筋の筋力が強いと、脇を占めた状態をキープできるため、相手の力に負けて脇が開いてしまうのを防ぐことが出来ます。

アームレスリングで使われる筋肉 胸筋 大胸筋下部が重要

アームレスリングで注目の筋肉は、大胸筋下部です!

アームレスリングのフォームでイメージできる通り、アームレスリングでは上腕が偏り低い角度で動かします。

ですので、大胸筋下部がメインで使われます。

大胸筋下部を集中的に鍛えることで、腕を内側にひきつけ続ける力が向上します。

それが、アームレスリングの競技力向上に直結します!

大胸筋下部がアームレスリングでは超重要です!

筋トレをするときは注目して意識しましょう!

【アームレスリング!筋肉】前腕!前腕屈筋群!前腕伸筋群!腕橈骨筋!

【アームレスリング!筋肉】前腕!前腕屈筋群!前腕伸筋群!腕橈骨筋!

アームレスリングとは
アームレスリングで使われる筋肉
アームレスリングで使われる筋肉 前腕
アームレスリングで使われる筋肉 前腕 前腕屈筋群とは
アームレスリングで使われる筋肉 前腕 前腕屈筋群の役割
アームレスリングで使われる筋肉 前腕 前腕伸筋群とは
アームレスリングで使われる筋肉 前腕 前腕伸筋群の役割
アームレスリングで使われる筋肉 前腕 腕橈骨筋とは
アームレスリングで使われる筋肉 前腕 腕橈骨筋とは
アームレスリングで使われる筋肉 前腕 腕橈骨筋の役割

上腕の注目の筋肉はこちらから!

【アームレスリング!筋肉】上腕!上腕筋、上腕二頭筋、上腕三頭筋!

アームレスリングとは

アームレスリングとは腕っぷしの強さを競い合うスポーツです!

日本でいうところの腕相撲に似ていますが、国際的に標準化されたルールがあるという点で、腕相撲とは一線を画しています!

世界中に愛好家が存在しており、世界一を決める世界大会も毎年行われています。

日本選手が世界チャンピオンになることもあり、日本も結構強いです!

日本では、女性にも人気があり、最近では、竹中絢音さんが圧倒的な強さを見せており、世界チャンピオンになったりしています!

アームレスリングは上半身の筋肉がモノを言います!

下半身の影響が少ないので、年をとっても強さを維持することが出来ます。

生涯スポーツとするのも良いのではないでしょうか!

アームレスリングで使われる筋肉

アームレスリングは少し特殊なスポーツですが、動員される筋肉は決まっています。

アームレスリングといって皆さんがイメージする通り、上半身の筋肉がメインです。

大きくまとめると、

肘から手のひらまでの前腕筋群

肘から方までの上腕

胸筋

背筋

腹筋

です。

それぞれの筋肉が連動して集約されて、相手の手をマットに沈めます。

これらの筋肉はどこがかけてもアームレスリングの競技力に影響があります!

それぞれきっちり鍛えるためにも、どういった筋肉があるのかしっかり覚えておきましょう!

アームレスリングで使われる筋肉 前腕

このページでは手の平から肘までの部分に相当する前腕についてご説明していきます。

前腕はおよそ20の筋肉から構成されています!

全てを細かく鍛える必要はありませんが、このような多くの筋肉で構成されているということを意識することはとても大切です。

  • 長掌筋
  • 円回内筋
  • 尺側手根屈筋
  • 浅指屈筋
  • 長母指屈筋
  • 方形回内筋
  • 腕橈骨筋
  • 長橈側手根伸筋
  • 短橈側手根伸筋
  • 回外筋
  • 尺側手根伸筋
  • 深指屈筋
  • 橈側手根屈筋
  • 総指伸筋
  • 小指伸筋
  • 示指伸筋
  • 長母指伸筋
  • 短母指伸筋
  • 長母指外転筋

アームレスリングでは大きく分けると、前腕屈筋群、前腕伸筋群、腕橈骨筋に分けられます。

アームレスリングで使われる筋肉 前腕 前腕屈筋群とは

前腕伸筋群とは、手首を屈曲させる複数の筋肉の集まりです。

以下の9つの筋肉をまとめて前腕屈筋群と言います。

長掌筋
円回内筋
尺側手根屈筋
浅指屈筋
橈側手根屈筋
方形回内筋
深指屈筋
長母指屈筋

それぞれが補助的に連動して、手首を巻く動作をします。

アームレスリングで使われる筋肉 前腕 前腕屈筋群の役割

アームレスリングで前腕屈筋群は、とても重要な役割を果たします。

手首を巻くことで、上腕の力を効率的に伝えることが出来ます。

特に噛み手(フック)のような戦法では、前腕腹筋群の力の強さが重要です。

手首を巻くことで相手の力を抑えることが出来ます。

アームレスリングで使われる筋肉 前腕 前腕伸筋群とは

前腕伸筋群とは、手首をそらせるときに作用する複数の筋肉の総称です。

以下の8つの筋肉をまとめて前腕伸筋群と言います。

長橈側手根伸筋
短橈側手根伸筋
尺側手根伸筋
長母指伸筋
長母指外転筋
総指伸筋
示指伸筋
小指伸筋

これらの筋肉が連動して作用することにより、手首をそらす動作をします。

アームレスリングで使われる筋肉 前腕 前腕伸筋群の役割

前腕伸筋群は、アームレスリングで直接的に使用することは少ないです。

しかし前腕屈筋群の拮抗筋にあたるため、前腕伸筋群のパワーが弱いと、前腕屈筋群のパワーも100%は発揮できません。

アームレスリングでは、前腕伸筋群は巻く動作の前腕屈筋群のパワーを発揮させるための役割を担っています。

アームレスリングで使われる筋肉 前腕 腕橈骨筋とは

腕橈骨筋は、前腕で最大の大きさを誇る筋肉です!

前腕の強さを推し量るための筋肉と言っても良いくらいです。

アームレスリングで使われる筋肉 前腕 腕橈骨筋の役割

腕橈骨筋は手首を立てるときに使用する筋肉です。

アームレスリングではトップロール(吊り手)などの戦法で良く使用されます。

この筋肉が強いと相手よりも手首のポジションを良い状態で勝負を進めることが出来ます!

【アームレスリング!筋肉】上腕!上腕筋、上腕二頭筋、上腕三頭筋!

【アームレスリング!筋肉】上腕!上腕筋、上腕二頭筋、上腕三頭筋!

アームレスリングとは
アームレスリングで使われる筋肉
アームレスリングで使われる筋肉 上腕
アームレスリングで使われる筋肉 上腕 上腕筋とは
アームレスリングで使われる筋肉 上腕 上腕筋の役割
アームレスリングで使われる筋肉 上腕 上腕二頭筋とは
アームレスリングで使われる筋肉 上腕 上腕二頭筋の役割
アームレスリングで使われる筋肉 上腕 上腕三頭筋とは
アームレスリングで使われる筋肉 上腕 上腕三頭筋の役割

前腕の注目の筋肉はこちらから!

【アームレスリング!筋肉】前腕!腕橈骨筋!

アームレスリングとは

アームレスリングとは腕っぷしの強さを競い合うスポーツです!

日本でいうところの腕相撲に似ていますが、国際的に標準化されたルールがあるという点で、腕相撲とは一線を画しています!

世界中に愛好家が存在しており、世界一を決める世界大会も毎年行われています。

日本選手が世界チャンピオンになることもあり、日本も結構強いです!

日本では、女性にも人気があり、最近では、竹中絢音さんが圧倒的な強さを見せており、世界チャンピオンになったりしています!

アームレスリングは上半身の筋肉がモノを言います!

下半身の影響が少ないので、年をとっても強さを維持することが出来ます。

生涯スポーツとするのも良いのではないでしょうか!

アームレスリングで使われる筋肉

アームレスリングは少し特殊なスポーツですが、動員される筋肉は決まっています。

アームレスリングといって皆さんがイメージする通り、上半身の筋肉がメインです。

大きくまとめると、

肘から手のひらまでの前腕筋群

肘から方までの上腕

胸筋

背筋

腹筋

です。

それぞれの筋肉が連動して集約されて、相手の手をマットに沈めます。

これらの筋肉はどこがかけてもアームレスリングの競技力に影響があります!

それぞれきっちり鍛えるためにも、どういった筋肉があるのかしっかり覚えておきましょう!

アームレスリングで使われる筋肉 上腕

このページでは肘から肩までの部分に相当する上腕の筋肉についてご説明していきます。

上腕の筋肉は、肘に近い方から順に上腕筋、上腕二頭筋、上腕三頭筋から構成されています。

それぞれ、肘の屈曲で大きな力を発揮する筋肉です!

アームレスリングで使われる筋肉 上腕 上腕筋とは

上腕筋は聞きなれない方が多いと思いますが、非常に強力なパワーを発揮する筋肉です。

上腕筋は、英名がbrachialis(ブレイキアリス)といいます。

上腕筋は、上腕二頭筋よりも深層にある筋肉で、上腕二頭筋とともに肘を屈曲するときに作用する筋肉です。

上腕筋は上腕骨の遠位1/3から起こり尺骨粗面に付着しています。

上腕二頭筋に比べて小さい筋肉で、作用も肘の屈曲のみです。

上腕筋は羽状筋であり、瞬発力はありませんが、持久力とパワーに優れている筋肉です!

アームレスリングで使われる筋肉 上腕 上腕筋の役割

上腕筋は、肘を曲げるときにパワーを発揮します。

主に手のひらを横にしたり、下にしたときに大きく力を発揮します。

アームレスリングは主に手のひらを横にした状態で肘関節を使います。

上腕筋は強力なパワーでこの状態を維持および相手の腕を巻き込むときに活躍します!

知名度が低い筋肉ですが、とても重要な役割を担っている筋肉です!

戦法としてはトップロール(吊り手)で攻めるときに力を発揮してくれます

アームレスリングで使われる筋肉 上腕 上腕二頭筋とは

上腕二頭筋は、2つの筋肉から構成されています。

2つの筋肉とは、上腕二頭筋短頭と上腕二頭筋長頭です。

主に肘を曲げるときとその状態をキープするときに作用します。

上腕筋とは異なり、手のひらを上にしたときに力を発揮する筋肉です。

アームレスリングで使われる筋肉 上腕 上腕二頭筋の役割

上腕二頭筋は、かみて(フック)など手のひらを上にしている状態の戦法の時に力を発揮してくれます

噛み手の時は、上腕二頭筋が隆起しています。

実際にアームレスリングを行っているときに確認してみてください。

上腕二頭筋の隆起からその作用が感じ取れると思います。

アームレスリングで使われる筋肉 上腕 上腕三頭筋とは

上腕三頭筋は、肘を伸ばすときに作用する筋肉です。

腕の外側の筋肉です。

非常に大きな筋肉で発揮するパワーもとても大きいです。

アームレスリングで使われる筋肉 上腕 上腕三頭筋の役割

上腕三頭筋は、アームレスリングで直接何かを発揮するということはありません。

アームレスリングにおける上腕三頭筋に役割は、上腕二頭筋の拮抗筋としての役割です。

上腕二頭筋の力を十二分に発揮するためにも、上腕三頭筋が発達していることが重要です!

前腕の注目の筋肉はこちらから!

【アームレスリング!筋肉】前腕!腕橈骨筋!