30日スクワットチャレンジでは物足りない人は、腕立て伏せを加える!

30日スクワットチャレンジが、30日で終わらずに、日々の習慣になってきちゃった人って意外と多いと思います。

ヒップは上がるし、足も引き締まるので、病みつきになっちゃいますよね。

だけど、物足りないところもありますよね。。。

そう!腕のプルプルです!

30日スクワットチャレンジには、プラス腕立てを!

1 30スクワットチャレンジの唯一の弱点
2 補助には、腕立てが手軽でよい

1 30スクワットチャレンジの唯一の弱点

スクワットチャレンジは、人体の中でも大きい下半身の筋肉を満遍なく、余すことなく使うのでダイエットには最適です。
必ず痩せる!失敗しない30日スクワットチャレンジ!

ダイエット自体は、体の総脂肪量を減らすことが大事なので、スクワットのように体の大部分を占める筋肉をつかう種目はとても効果的です。脂肪は落ちるのですが、使っていない部位の引き締めにはほとんど効果がありません。

スクワットチャレンジでお尻や足が引き締まるのは、その部位を鍛えているからに他なりません。スクワットのように下半身に特化した種目では、必然的に上半身の筋肉の引き締め効果は期待できないのです。

2 補助には、腕立てが手軽でよい

上半身の中でも夏場に人目に振れやすいのが、腕です。

特に上腕を気にされる女性は多いと思います。上腕のぷにぷにはおおむね、上腕三頭筋の筋力不足によるものなので、上腕三頭筋をメインで使う腕立て伏せを行いましょう。

腕立て伏せのメリットは、たくさんあります。

まず、腕立て伏せを行ったことがない人はいないのでは無いでしょうか。そうですよね。ではなぜこれがメリットかというと、やり方を覚える必要がないということです。

思いたったら、今すぐ出来ますよね。

今、スマホをほったらかしにして、いったん腕立てを行うことができますよね?

これ、とても重要です。ちょこっと補助的にできるというのがとても良いのです。あくまでプラスアルファとしてやるのですから。

メインは、30日スクワットチャレンジです。

他にも、器具が必要ないというのも大きいです。準備の必要がないというのはポイントが高いです。スポーツジムに通わなくてよい、服を着替えて走りに出なくてよい。こういったちょっとした労力をかけずに行えるのはとても継続しやすいのです。

さらに負荷を簡単に調節出来るのも良いです。腕立てはきちんとやると意外と負荷が高いんです。女性などは意外と出来ない人が多いですよ。ですが、膝をついてやるとかなり負荷が軽減されます。その他、腕幅を広くしたり、逆に狭めたりと負荷のかけ方を調節できるので、その時の筋力に合わせたトレーニングが可能になります。

さあ、30日スクワットチャレンジの補助に腕立てをしてみましょう

理想のボディーが手に入りますよ!!

ダイエットにはスクワットチャレンジ!
まだ間に合う!1ヶ月で夏までに痩せるたった一つの方法!(後編)

まだ間に合う!1ヶ月で夏までに痩せるたった一つの方法!(前編)
スクワットチャレンジで上手く成果がでない人必見
スクワットチャレンジ!失敗原因と効果的に行う方法!
30日スクワットチャレンジで膝が痛い!原因と対策!間違ったやり方を改善!
30日スクワットチャレンジに失敗する原因は!?見直すべきポイントとは!
30日スクワットチャレンジがきつい人は、1回で10回までにする!初期と後半で躓く人にアドバイス!
30日スクワットチャレンジがきつい人は、マッサージで乗り切る!
ダイエットを成功の軌道に乗せるための3つのコツ!失敗続きの人必見!
30日がきつい人は、朝に多めに頑張っておく!
30日スクワットチャレンジがきつい人は、ストレッチを加えて乗り切る!
正しいスクワットのフォーム!効果が出ない人は、フォームを見直そう!

まだ間に合う!1ヶ月で夏までに痩せるたった一つの方法!(前編)

1ヵ月でも成果はでますよ!

1 1ヶ月は意外と長い!
2 プログラムは30日スクワットチャレンジ!
3 食事は、タンパク質中心!
4 だけど、野菜も忘れない!
5 あとは、やるだけ!

1 1ヶ月は意外と長い!

1ヶ月は、皆さんが思っているより長いです。これは、色々な変化を起こすことが可能という意味です。

このページをご覧になっている方は、夏に向けてなにもしてこなかったけど、夏は服も薄着になるし、プールや海もあるから、やっぱりスリムで引き締まった体にしたいっ!と思っている方が多いと思います。

普段から意識してこられた方は、この場にはおられないでしょう。

さて、普段からコツコツダイエットしなさいよ。なんて、本末転倒なことをダラダラと申し上げる気はさらさらありません。

1ヶ月で十分痩せることは出来ますよ。それもプラスアルファで、ヒップアップまでついてきます!

2 プログラムは30日スクワットチャレンジ!

さて、その魔法の1ヶ月に何を行うかというと、

スクワットチャレンジというプログラムを行います。

スクワットとは、膝をまげて90度くらいまで膝をまげて腰をおとし、またたち姿勢に戻る動作を行うことです。筋力トレーニングの王道で、特に効果の高いビッグ3の一つに数えられています。

さてこのプログラムでは複雑なことは一切しません。そうです!30日間ひたすらスクワットをするというプログラムです。

え?それだけ?

と思う方もいると思いますが、はい。それだけです!

え?もっと何か走ったり腹筋したりしなきゃいけないんじゃないの?ほんとに効果あるの?

と思う方もいるとおもいますが、いいえ。それだけで物凄い効果があります!

腹筋500回とスクワット15回の消費カロリーは同程度と言われてます。消費カロリーは、稼働させる筋肉の量に比例するため、足のように人体のなかでも取り分け大きな筋肉を使うことは、それだけでダイエット効果が高まります。

お腹が痩せたくて腹筋をする方って多いですが、基本的に部分痩せというものはないので、消費カロリーを増やして行く事が重要になります。全体の脂肪を満遍なくとっていきます。

そして、ここがスクワットチャレンジの利点なのですが、スクワットのように運動強度がそれなりに高い種目は、志望燃焼と同時に筋肉がついていきます。なので、基礎代謝も同時に上がっていきます。

スクワットは足だけではなくお尻の筋肉も使いますが、皆さんが思っている以上に日時生活でお尻の筋肉は使用されません。だからヒップアップしないのです。そうした普段使わない筋肉を目覚めさせてあげることで、さらに代謝があがります。

こういう話をすると、筋肉はつけたくないという方が出てきますが、安心してください。筋肉はつきますが脂肪が落ちるのでビジュアル的には間違いなく痩せます。

また、太くなるほど筋肉を追い込むのは、自重スクワットではまず無理です。

安心してスクワットチャレンジを始めましょう。

スクワットチャレンジは、最初は50回程度から初めて、毎日10回程度数を増やして行きます。なので、最終的には350回くらいやることになります。

ですが安心してください。1度にやる必要はありません。10回✖5とかでいいのです。

やってみると分かりますが、毎日継続していくと筋肉が使い込まれていき、燃焼しやすい体になってきます。また、小分けで出来ることから、一日中運動をしている状態に近くなるため、これも脂肪燃焼を促進します。

3日か4日に、一度程度休みをいれると良いです。これは、筋肉の回復を行うことでよりたくさんの回数をこなすことが出来るようなるからです。

さて、やることは分かりましたね?

おさらいしましょう。

①スクワットをする
②50回から始めて、毎日10回ずつ増やしていく
③3日に一回休みを入れる

これだけです。OKですね。


続きは次回に!

まだ間に合う!1ヶ月で夏までに痩せるたった一つの方法!(後編)

【スクワットチャレンジ】効果と痩せるための正しいスクワット!その後の継続!