ボルダリングのマナー!初心者でも出来るボルダリングジムの空気を良くする気配り!

ボルダリングのマナー!初心者でも出来るボルダリングジムの空気を良くする気配り!

ボルダリングは意外と危険なスポーツです
ボルダリングのマナー
ボルダリングのマナー1 マットの上には座らない
ボルダリングのマナー2 登っている人の近くでオブザベーションをしない
ボルダリングのマナー3 自分の持ち物をマットの上に置かない
ボルダリングのマナー4 人が待っているときは連続して登らない
ボルダリングのマナー5 すでに登っている人と交差する課題には登らない
ボルダリングのマナー6 壁を占有しない
ボルダリングのマナー7 ホールドのボルト設置穴に指をつっこまない
マナーを守って楽しくボルダリングをしましょう!

ボルダリングは意外と危険なスポーツです

入会するときに誓約書を書きますよね。

ボルダリングは高いところに登るので、落下のリスクが付きまといます。

自分のミスにより落下してしまうことがあります。

他人の落下に巻き込まれる可能性もあります。

自分のミスであればしかたない部分もありますが、他人に巻き込まれたり、巻き込んでしまったとしたら、胸が締め付けられるように気持ちになってしまいます。

不幸な事故やケガを避けるためにも、安全を守るための最低限のマナーが必要になります。

マナーを守ることで、マナーを守る空気が出来ます。

マナーを守る空気はとても心地よい空気を作ります。

楽しくボルダリングを続けられるように良いマナーを身につけましょう♪

ボルダリングのマナー

ボルダリングでもマナーは極めて重要です。

マナーを守らないと自分も危険ですし、周り人たちを危険にさらしてしまうこともあります。

マナーを守らないと周りの方に嫌がられますし、そういった空気は場の空気を悪くします。

みんなで楽しくボルダリングを楽しむためにも最低限のマナーは守っていきましょう!

ボルダリングのマナー1 マットの上には座らない

ボルダリングの壁には、壁の近くにマットが敷いてあります。

これはフォール時のクッションの役目と不意の落下時のケガ防止の意味合いがあります。

そこに人間がいたら、フォールしてくる方もマットにいる方もいくらかケガをしてしまうことは目に見えています。

これはとても重要なマナーなので必ず守るようにしましょう。

ボルダリングのマナー2 登っている人の近くでオブザベーションをしない

ボルダリングではオブザベーションというものがとても大切です。

オブザベーションとは、観察することです。

あらかじめ自分がチャレンジするコースをオブザベーションしてイメージトレーニングを行います。

登ってから確認すると全体像が見えないのであらかじめ行うことが大切ですが、これの登っている人の近くで行ってはいけません!

フォール時および不意の落下時に接触事故を起こす可能性が高くなるからです。

ベテランのクライマーなどは初心者が誤って入り込んできた場合は、そっと登ることをやめて降りてくれる方も多いです。

これは相手が安全を配慮してくれているだけで、完全なマナー違反になります。

すでに登っている人の練習を妨害してしまうので必ず守るようにしましょう。

ボルダリングのマナー3 自分の持ち物をマットの上に置かない

チョークバックやたまに眼鏡などを放置している方がいますが、危険ですのでやめましょう。

登っている最中に自分が落ちた時に危険なのは言うまでもありませんが、往々にしてこのような小物は置いたことを忘れてしまうものです。

次に登る人が気付かず登ってしまうととても危険です。

特にチョークバックなどは金具がついている場合が多く、足や腰から落ちた時などとても危険です。

必ず守るようにしましょう。

ボルダリングのマナー4 人が待っているときは連続して登らない

連続して登ることは基本的に避けましょう。

人が全くいないときは良いですが、少しでもいる場合は間隔を置くなどして、チャレンジしたい周りの方に配慮しましょう。

ボルダリングは危険を伴うスポーツのため、交差するような課題を登ることはマナー違反です。

なので、壁ごとにチャレンジできる人が大抵1人です。

みんなマナーを守って、順番に登っているので連投は止めましょう。

ボルダリングのマナー5 すでに登っている人と交差する課題には登らない

ボルダリングでは課題が交差すると接触事故やトラブルの元なので、すでに登っている方がいる場合には交差する課題は行わないのがマナーです。

接触事故はとても危険です。

それ以外にも相手のコースを邪魔することがトラブルのもとになります。

何か月もトライしてやっといい感じになってきたところで、初心者がふらふらと入ってきて妨害されたらどんな気持ちになるでしょうか?

特にもう少しでクリアできそうだったときなどは、思わず怒りたくなってしまうのではないでしょうか?

ボルダリングのマナー6 壁を占有しない

団体さんやベテラン仲間などにありがちですが、迷惑行為なのでやめましょう。

集団で壁を占有されるとそこを登りたい方たちにとってはとてもやりずらいです。

特に1人で来ている人などはその輪に入るのは躊躇してしまうところがあるのではないでしょうか。。

初心者の団体さんだけでなく、ベテランさんにもありがちです。

ベテランの方こそ紳士的な対応が求められます。

マナー良く楽しみましょう!

ボルダリングのマナー7 ホールドのボルト設置穴に指をつっこまない

これは、マナーというより自分の危険回避のためです。

落ちるときにタイムラグがあり、指に大きな負担がかかってしまいパキったりなど大きなケガにつながりかねません。

自分の体を守るためにも注意しましょう。

マナーを守って楽しくボルダリングをしましょう!

さて、上述のマナーを守れば概ねOKです。

あとはローカルルールなどもありますので、周りの空気を読みながら臨機応変に対応しましょう。

基本的には相互の安全を守ることと良い空気をつくるためのマナーだということを念頭にして、ボルダリングを楽しみましょう♪

その他の初心者向け人気記事
ボルダリング初心者へ贈る入門のための4つの基礎知識

ボルダリング!腕力!脚力!マッチョだけど体重が軽い人が最強!

ボルダリング!まずは、ガバとピンチとスローパーを攻略しよう!

その他の初心者のための情報はこちら
ボルダリング入門!腕がすぐ疲れてしまう人必見!パンプ回避のコツと姿勢!

ボルダリング、趣味と胸を張って言えるのは何級から!?脱初心者!

ボルダリングのグレードと難易度!自分のレベルを確認しよう!

ボルダリングのマナー!初心者でも出来るボルダリングジムの空気を良くする気配り!

アームレスリングの始め方!

こんにちは、アールです。

今日はアームレスリングの始め方をご紹介したいと思います。

アームレスリングの始め方

アームレスリングの歴史は古いですが、身近でアームされている方ってめったに聞きませんし、何処で行われているかも謎に包まれています。

ニッチな分野ですね。

基本的に道場を探してそこで行うか、道場を作ってしまうかの二通りになります。

1 道場を作る
2 道場を探す

1 道場を作る

資金に余裕があって、興味がある友人とかも多ければ作ってしまっても良いかもしれませんね。

2 道場を探す

普通の方はまず道場を探しましょう。

特に準備するものはないので、道場へ通う元気があれば始められます。

需要の問題もあってか都心部でアクセスしやすいところにはあまりないので、継続するには気合いがいります。

どこにでもあるスポーツジムのようにはいかないってことです。趣味を始める上で継続しやすさはとても大切ですよね。

スポーツジムの入会はしても行かなくなっちゃう人ってかなり多いと思います。始めやすく継続しやすい環境にあるスポーツジムでさえそうなので、アームレスリングはかなり大変です。

料金ですが、入会金があるところは2000円から5000エンジニアくらいが多いです。

月謝は3000円程度と考えておけば良いでしょう。

アームレスリングは、長く続けられる趣味なので何だかんだお薦めです。

アームレスリングwiki
アームレスリング

一人で出来る趣味!ボルダリングを始めよう!

一人で始められる趣味はボルダリング!

1 趣味って一人で始め辛い
2 一人でも始められる趣味は貴重
3 ボルダリングは始めやすい

1 趣味って一人で始め辛い

何かを始めたいと思ってもなかなか始められないことってありませんか?

小さい頃は、近所の友達や学校の友達と一緒に何げなく始めることが出来ました。習い事なども親のサポートで出来る場合もあるでしょう。

それが、社会人になるにつれて、一緒に始める人もなかなかいなくなって、ついつい何かを始めることから足が遠のいてしまう。なんてこと、結構あるあるだと思います。

また、ある程度の年齢になってくると、新たな人間関係に入っていくのに躊躇してしまう人もやはり多いと思います。

2 一人でも始められる趣味は貴重

そんな背景もあってか、社会人以降の趣味は圧倒的に「一人で出来る」や「一人で始められる」という趣味が人気です。一人で始められる趣味はとても重要です。

なんといっても始めやすいという点が貴重で、上記の一人で始め辛いというハードルを下げてくれます。

なので、趣味を増やす手助けをしてくれます。

趣味は人生を豊かにしてくれます。一人でリフレッシュすることもできますし、新たな出会いにつながることもあります。皆さんも新しい趣味を始めて、人生に少しスパイスを加えてみると良いかもしれませんね。

3 ボルダリングは始めやすい

ランニング、ウォーキング、カメラ、旅行、アーチェリーなどなど、一人趣味はたくさんあります。

中でもボルダリングはとてもお勧めです。

ボルダリングは、一人でも始められるし、準備するものも必要ないし、自然と知り合いもできやすいし、出会いにもつながりやすいし、運動強度が高いから消費カロリーも多いし・・・

と上げ始めたらきりがないくらいメリットがあります。そのメリットのバリエーションは、ほかの趣味の追随を許しません。

皆さんもボルダリングを始めてみませんか?

その他初心者向け人気記事!
ボルダリング初心者へ贈る入門のための4つの基礎知識

趣味として始めたい、初心者のためのボルダリングの始め方!必要なもの!マナー!料金!

平日に新たな趣味を始めませんか?気軽に始めるボルダリング入門!会社帰りOK!

外が暑い夏こそ始めたい!屋内趣味を始めよう!夏にはボルダリング!ダイエット効果も抜群!

ボルダリング初心者へ送るおすすめの入門書5選!動画、DVD付などイメージトレーニングにも使える!!

ボルダリング!腕力!脚力!マッチョだけど体重が軽い人が最強!

初心者必見!ランニングの始め方!

ランニング始めたいですか?さくっと始めちゃいましょう!

こんにちは、腕橈骨筋のトレーニングにはまっているアールです。

今日は、ランニングの始め方と注意点をご紹介します。

1 必要なもの
2 目的を持つと良い
3 いったんの目標(ゴール)を立ててみる

1 必要なもの

必要なものは、シューズだけです。

自分の足のサイズにあったシューズだけ見つけたら、サクッと始めちゃいましょう。近所を走るでもよいですし、ちょっとしたランニングコースが近くにあれば、そこまでランニングがてら行ってもよいでしょう。

その前に、ランニングシューズに関してですが、失敗しないように1点注意点があります。

それは、クッションです。

ランニングシューズはプロ仕様の足の裏のクッションがほとんどないシューズがあります。

私は最初のころ、意気揚々とこれを買って後悔したことがあります。

実は、初心者は体が出来ていないので、クッションのないシューズだと、筋肉や関節を総合した筋力がたりていないため、故障の原因になります。

私は、膝を痛めました。幸い軽症でしたが、次からはクッションのあるシューズに変えたのは言うまでもありません。

ですので、多少体力に自身がある方でも、陸上部などのように本格的に走りこんできたわけではない方は、クッションのあるシューズを選らぶようにしましょう。

2 目的を持つと良い

始める目的を持つと長く続けられます。

なので、すでに目的をもって始めようとしている方は良いですが、そうでない方も、簡単な目的を作ってみましょう。

そうですね。

例えば、

運動不足を解消したい。

痩せてもてたい。

趣味を持ちたい。

フルマラソンに挑戦したい。

ラン友が欲しい。

ストレス解消したい。

心肺能力を高めたい。

なんてどうでしょうか?

3 いったんの目標(ゴール)を立ててみる

始めた後に躓くポイントがあります。それは、いつまでやるかということです。

何となく始めると意外と続かないです。目的を持っていてもゴールが見えなかったりして、何となく遠ざかってしまったりすることもあります。

そのためには、1ヵ月とか2ヵ月の短期間で良いので、ゴールを設定すると良いです。


月で合計10キロ走る!

なんて、ランナーの人から鼻で笑われそうな目標で良いので、立てて、達成してみましょう!

そのうち、習慣になっていきますよ!

さて、思い立ったが吉日ですよ!

今日から走りにいっちゃいませんか?




趣味として始めたい、初心者のためのボルダリングの始め方!必要なもの!マナー!料金!

ボルダリングとは??ボルダリングを始めよう!!

こんにちは、アールです。

最近流行のボルダリング!

ちょっと試しにやってみたいけど、どうすれば良いのだろうか?

始め方が分からない。。。

必要なものは?

料金は?いくらくらい必要なの?

マナーは?嫌われないようにするには気を付けたほうが良いことは?

・・・

などなど、初心者がついつい気になってしまうポイントってありますよね?

私も初めてボルダリングジムを訪れるときはとてもドキドキしました。

ちょっと先を行く私が、次の人にアドバイスを残したいと思います。

1 ボルダリング(bouldering)とは
2 ボルダリングジムの利用料
3 ボルダリングジムの設備 
4 初回利用時に必要なもの 
5 ちょっとしたマナーのお話 
6 ワンポイントアドバイス
7 それでは、近場のボルダリングジムに行ってみましょう

1 ボルダリング(bouldering)とは

まず、ボルダリングがどういったものかを簡単に語源などを交えながら、ご説明します。

boulderingの語源は、「boulder(大きな岩石)」+「ing(登る行為)」です。

それが由来となり、室内、屋外を問わずおよぼ4~5mの高さのものを登る行為が、ボルダリングと呼ばれます。

4~5メートルってとっても高いんですよ。マンションの2階のベランダくらいの高さはあります。イメージできますか?ちょっと登るのも降りるのも怖いですよね?そんな高さがボルダリングの高さです。

さて、実は本来、屋内屋外を問わず、4~5メートルの高さの岩や岩のようなものを登るスポーツをボルダリングというのですが、コアな方以外は、基本的に室内でボルダリングを行います。

そう、人工的に岩のように見せた壁をセットしてある、ボルダリングジムで行います。

ですから、一般的に、屋内の人工壁を登る行為をボルダリングと言います。最近よく見るカラフルな壁とかですね。

東京オリンピックでも正式に採用されましたし、最近はいろんなところでボルダリングの壁を目にするので、イメージはつきやすいと思います。

今まさに放送中の「花のち晴れ」の神楽木はるとの部屋の壁にもありますよね?見てますか?私は意外とはまっちゃってます。

はると、もっと登ればいいのに(笑)

本格的なクライミングに比べて、覚える事も少ないので手軽に楽しむ事ができることが良い特徴ですね。

2 ボルダリングジムの利用料

まず、いくらくらい必要?

に、回答いたします。

ボルダリングジムの料金体系は、概ね2種類に分かれます。

1つはフリーパスタイプで、1か月パスポートおよび半年や年間パスポートなどという名称で設定されていることが多いですが、要は固定料金を払うタイプです。

もう1つは、スポーツジムでいうところのビジタータイプで、1回ごとに利用料を払うタイプです。

どちらも登録料が必要なケースが多いですが、登録料(入会金)は、1000円~2000円のボルダリングジムが多いです。

フリーパスタイプは、ボルダリングジムの規模や設備によって幅がありますが、概ね9000円~13000円前後のところが多いです。

ビジタータイプの1回の利用料金は、2000円前後のところが多いです。

まずは、ビジタータイプでさくっと体験して、雰囲気をつかんじゃいましょう!

3 ボルダリングジムの設備

次に、必要なものは?

に、回答いたします。

ボルダリングジムには、スポーツジム等と同様に、更衣室、トイレ、休憩スペースなどの設備が用意されています。

シャワーなど汗を流せる設備は、用意していないボルダリングジムが大半です。

その他、レンタルシューズや、クライミング用品の販売なども行っているので、クライミング用に必要な道具、ウェアなども購入することができます。

まずはレンタルシューズで初めて、本格的に続けたくなってきたら、マイシューズを買うのが良いと思います。

4 初回利用時に必要なもの

引き続き、必要なものに対する回答です。

さて、特に準備するものはありません。

はい。

クライミングシューズシューズとチョークはレンタルできますので、動きやすい服装があれば十分です。

そのまま近くのボルダリングジムに行ってみましょう。

クライミングシューズはちょっときついけど、ま~履いていられるかな?くらいのサイズのシューズが良いと思います。

レンタルシューズの場合は、サイズを自由に選ぶことができるので、いくつか履き比べて丁度良いサイズを見つけてみましょう。クライミングシューズはそこそこお値段が張るので、続けたくなったタイミングに買うのが良いと思います。最初のうちはサイズ感も分からないと思うので、何回か試してみるのが良いですよ。

インストラクターさんに聞いてみても良いですね。親切な方が多いので、いろいろ教えてくれると思いますよ。

5 ちょっとしたマナーのお話

さて、最後に、マナーなど、気を付けたほうが良いことは?

に、回答いたします。

・順番を守って登る
混む曜日や時間帯は、自分が登りたい壁の前に、数人が並んでいる事もざらにあります。何度も続けて登らずに、一度登ったら次の人にゆずりましょう。

6 ワンポイントアドバイス

・靴下
ボルダリングジムでレンタルシューズを借りる場合は靴下を着用しますが、沢山の人が履いているので、靴下は忘れないようにしましょう。

・爪を切っておく
手の爪が伸びたままだと、ホールドにひっかかって爪が割れたり剥がれたりしてしまう恐れがあります。出発前に爪の手入れをしておくことをお勧めします。足の爪も同様に切っておきましょう。初心者のコースには足を駆使するものはありませんが、それでも結構踏ん張ったりするので気付いたら足の爪にヒビが入っていた。。。なんてこともあります。

・上っていないときは少し離れたところにいる
休憩中や登る順番を待つときは、壁の近くには立たず、少し離れたところで待つようにしましょう。登っている人が着地する時にぶつかってしまう可能性があります。ボルダリングジムの壁の構造にもよりますが、可能であれば、マットから出るようにしましょう。

7 それでは、近場のボルダリングジムに行ってみましょう

googleやyahoo検索で、お近くのボルダリングジムを検索しましょう。

準備するものが不要なのはスポーツとしては珍しいですし、始めやすいです。

さくっと検索して、さくっと行ってみましょう!あとは行動力だけですよ!

その他、初心者向け人気記事!
ボルダリング初心者へ贈る入門のための4つの基礎知識

ホルダリング初心者へ送る入門書5選!動画、DVD付などイメージトレーニングにも使える!!

初心者のためのボルダリングの壁の種類一覧

ボルダリングにはどんな種類のホールドがあるのか!?一覧!

どういう意味?ボルダリングの特殊な業界用語!初心者必見!こっそり覚えよう!

ボルダリングのマナー!初心者でも出来るボルダリングジムの空気を良くする気配り!