【アームレスリング!筋肉】前腕!前腕屈筋群!前腕伸筋群!腕橈骨筋!

【アームレスリング!筋肉】前腕!前腕屈筋群!前腕伸筋群!腕橈骨筋!

アームレスリングとは
アームレスリングで使われる筋肉
アームレスリングで使われる筋肉 前腕
アームレスリングで使われる筋肉 前腕 前腕屈筋群とは
アームレスリングで使われる筋肉 前腕 前腕屈筋群の役割
アームレスリングで使われる筋肉 前腕 前腕伸筋群とは
アームレスリングで使われる筋肉 前腕 前腕伸筋群の役割
アームレスリングで使われる筋肉 前腕 腕橈骨筋とは
アームレスリングで使われる筋肉 前腕 腕橈骨筋とは
アームレスリングで使われる筋肉 前腕 腕橈骨筋の役割

上腕の注目の筋肉はこちらから!

【アームレスリング!筋肉】上腕!上腕筋、上腕二頭筋、上腕三頭筋!

アームレスリングとは

アームレスリングとは腕っぷしの強さを競い合うスポーツです!

日本でいうところの腕相撲に似ていますが、国際的に標準化されたルールがあるという点で、腕相撲とは一線を画しています!

世界中に愛好家が存在しており、世界一を決める世界大会も毎年行われています。

日本選手が世界チャンピオンになることもあり、日本も結構強いです!

日本では、女性にも人気があり、最近では、竹中絢音さんが圧倒的な強さを見せており、世界チャンピオンになったりしています!

アームレスリングは上半身の筋肉がモノを言います!

下半身の影響が少ないので、年をとっても強さを維持することが出来ます。

生涯スポーツとするのも良いのではないでしょうか!

アームレスリングで使われる筋肉

アームレスリングは少し特殊なスポーツですが、動員される筋肉は決まっています。

アームレスリングといって皆さんがイメージする通り、上半身の筋肉がメインです。

大きくまとめると、

肘から手のひらまでの前腕筋群

肘から方までの上腕

胸筋

背筋

腹筋

です。

それぞれの筋肉が連動して集約されて、相手の手をマットに沈めます。

これらの筋肉はどこがかけてもアームレスリングの競技力に影響があります!

それぞれきっちり鍛えるためにも、どういった筋肉があるのかしっかり覚えておきましょう!

アームレスリングで使われる筋肉 前腕

このページでは手の平から肘までの部分に相当する前腕についてご説明していきます。

前腕はおよそ20の筋肉から構成されています!

全てを細かく鍛える必要はありませんが、このような多くの筋肉で構成されているということを意識することはとても大切です。

  • 長掌筋
  • 円回内筋
  • 尺側手根屈筋
  • 浅指屈筋
  • 長母指屈筋
  • 方形回内筋
  • 腕橈骨筋
  • 長橈側手根伸筋
  • 短橈側手根伸筋
  • 回外筋
  • 尺側手根伸筋
  • 深指屈筋
  • 橈側手根屈筋
  • 総指伸筋
  • 小指伸筋
  • 示指伸筋
  • 長母指伸筋
  • 短母指伸筋
  • 長母指外転筋

アームレスリングでは大きく分けると、前腕屈筋群、前腕伸筋群、腕橈骨筋に分けられます。

アームレスリングで使われる筋肉 前腕 前腕屈筋群とは

前腕伸筋群とは、手首を屈曲させる複数の筋肉の集まりです。

以下の9つの筋肉をまとめて前腕屈筋群と言います。

長掌筋
円回内筋
尺側手根屈筋
浅指屈筋
橈側手根屈筋
方形回内筋
深指屈筋
長母指屈筋

それぞれが補助的に連動して、手首を巻く動作をします。

アームレスリングで使われる筋肉 前腕 前腕屈筋群の役割

アームレスリングで前腕屈筋群は、とても重要な役割を果たします。

手首を巻くことで、上腕の力を効率的に伝えることが出来ます。

特に噛み手(フック)のような戦法では、前腕腹筋群の力の強さが重要です。

手首を巻くことで相手の力を抑えることが出来ます。

アームレスリングで使われる筋肉 前腕 前腕伸筋群とは

前腕伸筋群とは、手首をそらせるときに作用する複数の筋肉の総称です。

以下の8つの筋肉をまとめて前腕伸筋群と言います。

長橈側手根伸筋
短橈側手根伸筋
尺側手根伸筋
長母指伸筋
長母指外転筋
総指伸筋
示指伸筋
小指伸筋

これらの筋肉が連動して作用することにより、手首をそらす動作をします。

アームレスリングで使われる筋肉 前腕 前腕伸筋群の役割

前腕伸筋群は、アームレスリングで直接的に使用することは少ないです。

しかし前腕屈筋群の拮抗筋にあたるため、前腕伸筋群のパワーが弱いと、前腕屈筋群のパワーも100%は発揮できません。

アームレスリングでは、前腕伸筋群は巻く動作の前腕屈筋群のパワーを発揮させるための役割を担っています。

アームレスリングで使われる筋肉 前腕 腕橈骨筋とは

腕橈骨筋は、前腕で最大の大きさを誇る筋肉です!

前腕の強さを推し量るための筋肉と言っても良いくらいです。

アームレスリングで使われる筋肉 前腕 腕橈骨筋の役割

腕橈骨筋は手首を立てるときに使用する筋肉です。

アームレスリングではトップロール(吊り手)などの戦法で良く使用されます。

この筋肉が強いと相手よりも手首のポジションを良い状態で勝負を進めることが出来ます!