【ボルダリングの壁(ウォール)】垂壁とは?!特徴と初心者のコツ!上達の基本!

【ボルダリングの壁(ウォール)】垂壁とは?!特徴と初心者のコツ!上達の基本!

ボルダリングとは
ウォール(壁)とは
垂壁とは
垂壁の特徴
垂壁では多彩なホールドを体験できるので上達に適している
垂壁のフットワーク
体の使い方を覚える!

ボルダリングとは

ボルダリングは、4~5メートル程度の人工の壁を、道具を使用しないで登る競技のことです。

最近は人気も出てきて、ここ数年でボルダリングジムは数倍になっています。

スポーツクライミング用の高ーい壁が設置されていることも多く、ロープを使っているものをボルダリングと勘違いされている方も結構いますが、ロープを使うのはリードクライミングです。

ボルダリングの歴史と種類!全ての起源はロッククライミング!

ウォール(壁)とは

ボルダリングのために人工で作られた壁をウォールと言います。

ウォールはその傾斜や形状によって名称が異なります。

初心者のためのボルダリングの壁の種類一覧

中でも90度の垂直な壁を垂壁と言います。

最も基本的な壁です。

垂壁とは

垂壁は、家の壁などと同じ、90度の壁のことです。

初心者の方が始めて登る壁であり、最も基本的な壁です。

フットワーク、握り方、登り方、バランスのとり方などなど、ボルダリングの基礎を一番学びやすい壁でもあります。

垂壁の特徴

垂壁は、90度の最もシンプルな、「the 壁」です。

それ故、偏っていません。

ある意味特徴がないことが特徴と言えます。

オーバーハングなど、腕力に偏った壁や、スラブなどのように下半身に偏った壁がありますが、垂壁は、一番バランスの良いウォールです。

また、同時に一番バランスよく練習ができるウォールでもあります。

オーバーハングのように上半身のパワーに特化したりしていると、もともと上半身の筋力というハードルの高さがあるため、ホールドなどは必然的に掴みやすいホールドが設置されていることが多くなります。スローパーなどはそもそも掴むものではないので、あまり設置されていません。

しかし、垂壁のようにシンプルで特徴がないウォールは、グレードの調整などに、難しいホールドがバンバン出てきます。

ボルダリングの技術をバランスよく習得するには垂壁が最適といっても過言ではありません。

垂壁では多彩なホールドを体験できるので上達に適している

ホールドも最も基本的なジャグ(ガバ)から始まり、
【ボルダリングのホールド】ジャグ(ガバ、がば)のコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!

カチでつかむインカットやクリンプ、
【ボルダリングのホールド】インカットのコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!
【ボルダリングのホールド】クリンプのコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!

難関スローパーや
【ボルダリングのホールド】スローパーのコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!
【ボルダリング初心者のコツ】垂壁のスローパーとピンチを攻略!ヒールフックや下半身の柔軟性や体幹のバランス感覚を磨いて上達しよう!筋トレやトレーニングも必須!

もちろんポケットも登場します!
【ボルダリングのホールド】ポケットのコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!

多種多様なホールドを体験できるのも垂壁の特徴ですね!

初心者のうちにいろいろなホールドに触れると苦手意識がなくなって良いと思います。

また、垂壁は、上半身下半身をバランスよく使うことが出来ます。

もちろん得意不得意で、上半身の力に頼って登ることもできちゃいますし、下半身の力に頼って登ることも出来ます。

垂壁のフットワーク

垂壁では、重心をかけるような足使いが重要です。

オーバーハングなどと比べて、しっかりと足で踏み込むことができるので、足の力をより有効に使うためにも足に重心をかけていくことと、次の足へ重心をスムーズに移動させることが重要になります。

体の使い方を覚える!

まずは、上半身下半身まんべんなく、ボルダリングの体の使い方を覚えていきましょう。

垂壁は、シンプルな壁ということもあり、いろいろな工夫がなされていて、そのエッセンスが凝縮されています。

まずは実践!どんどん登っていきましょう!

ボルダリングにはどんな壁があるのか?
初心者のためのボルダリングの壁の種類一覧

その他特徴満載の壁たち
【ボルダリングの壁(ウォール)】スラブとは?!基礎!踏み方、体重移動、乗り込み!
【ボルダリングの壁(ウォール)】オーバーハングとは?!特徴と初心者のコツ!まずは上半身と体幹の筋肉をつける!

【ボルダリングのホールド】ポケットのコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!

【ボルダリングのホールド】ポケットのコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!

ポケットとは
ポケットが初心者に厳しい理由
ポケットの特徴と攻略のコツ
ポケット(スリーフィンガー)の特徴と攻略のコツ
ポケット(ツーフィンガー)の特徴と攻略のコツ
ポケット(ワンフィンガー)の特徴と攻略のコツ
自宅でのトレーニングと実践でポケットを攻略しましょう






ポケットとは

ホールドの一種でポケットのように、穴の空いたような形で指を引っ掛けて差し込める形状のものです。このような形状のものを、ポケットホールドと言います。

差し込める指の数によってワンフィンガー、ツーフィンガー、スリーフィンガーポケットと言ったりします。

高グレードになってくるとワンフィンガーが当たり前の様に出てきます。

大体5級6級あたりから使われ始めるホールドですが、ちょっとしたコツで一気に持ちやすくなったりします。

ポケットは、穴の空いた用な形状をしていますが、他にもポケットが浅かったり、深かったりといった特徴があります。

それぞれに有利な持ち方を知っていないと上手く処理出来なかったりします。

単に指の力が試されるという側面もあります。

また、落下時も注意が必要なホールドです。

他のホールドに比べて、指を引っ掛けているので、そのままスーッと落ちてはくれません。

指が抜けるという動作が加わるので、そのタイミングのずれによって、指に結構な負荷がかかってしまい、ケガが多いホールドでもあります。

ポケットが初心者に厳しい理由

はっきり言ってポケットは初心者泣かせのホールドです。

指を引っ掛けるようにしてポケットホールドに指を差し込みますが、このような状態で指だけに体重を預ける状態など、想像しただけで、無理っと思う方が圧倒的に多いと思います。

まさにその通りで、カチ持ちなどと違ってその負荷は相当なものです。

指が慣れていない点と、負荷が大きい点でポケットは初心者に厳しいのです。

ですが、ちょっとしたコツと継続的なトレーニングを行うことで、対処していくことが可能になります。

ポケットの特徴と攻略のコツ

ポケットホールドの特徴は、ほかのホールドとは違い、掴むという動作を行わないという点です。

掴むではなく引っ掛けるような形状になっているため、基本的には差し込むことがコツになります。

ポケット(スリーフィンガー)の特徴と攻略のコツ

まず、スリーフィンガーのポケットですが、ボルダリングを始めて、最初に出会うポケットがスリーフィンガーになるでしょう。

これはポケットというよりガバに近かったりします。

コツは極めて単純です。最も力を籠めやすい指である、人差し指と中指と薬指の3つの指ででしっかりと握るように持ちましょう。

ボルダリングを始めて少し経っていれば、今まで使っていなかった筋肉が目を覚ましているので、力を籠めやすい3本の指でしっかりと握っていれば問題なくスリーフィンガーは攻略出来ます。

ポケット(ツーフィンガー)の特徴と攻略のコツ

次にツーフィンガーのポケットですが、これは、スリーフィンガ-ポケットに比べてやや強度が高くなります。

難易度が無難なため、ツーフィンガーが最も多く見かけるポケットです。

パターンとしては、人差し指と中指、中指と薬指、あるいは、薬指と小指で引っ掛けることになります。

ここでのコツも極めてシンプルなものになります。

それは、力が入りやすい指で持ちましょう!ということです。

ツーフィンガーは、まだジャグ(ガバ)のように握る感覚で持つことができます。

四本の指の中で最も力が強い指は、中指です。

中指を中心に2本の指を使うようにしましょう。

とうことは、使用する指は、人差し指か薬指になります。

特に理由がなければ、小指などの弱い指を使うのは控えましょう。パキります。パキるというのはボルダリング用語で、指関節の損傷で長期の療養が必要になるので、注意しておく必要があります。

力では、人差し指のほうが強いですが、薬指は中指と連動しているので、中指と薬指の方が力が入りやすかったりします。

ここは、生まれついたものなど、個人差があります。

自分の体と対話して、より力が入りやすい組み合わせを選択しましょう!

ポケット(ワンフィンガー)の特徴と攻略のコツ

最後に、最も難易度が高いのがシングルフィンガーのポケットです。

このポケットは、コツというより、しっかりと指のトレーニングをする前には、チャレンジしないようにしましょう。

パキりやすいですし、一度パキると安静期間が3ヵ月程度必要になるので、ボルダリングが出来なくなってしまいます。

筋力勝負なところがあるので、普段からトレーニングをして鍛えておきましょう。

またボルダリングを行う前に十分に指と前腕のストレッチを行うようにしましょう。

指の筋肉を鍛えるには、フィンガートレーナーが最適です。

ボルダリングに限らず、ピアノなど指先の力を使用する専門家がトレーニングで使用するものです。

毎日100回程度行うと良いでしょう。

他にもハンドグリッパーを空き時間ににぎにぎするのもお勧めです。

負荷の程度によりますが、30回程度行える負荷のもので、3セットほど行うと良いでしょう。

毎日使い込むと逆に筋肉が休まるときがないので、2日に一回くらいを目安にしましょう。

自宅でのトレーニングと実践でポケットを攻略しましょう

ポケットホールド攻略のために、まずは自宅で必要な握力のトレーニングを行いましょう!

まずは、先ほどご紹介したフィンガートレーナーで、筋力の土台をつくりましょう。

次に、スリーフィンガーは、コツさえつかめば、特にトレーニングは不要なので、こちらは実戦を通して体にしみこませていきましょう。


最も力を籠めやすい指である、人差し指と中指と薬指の3つの指ででしっかりと握るように持ちましょう。

コツは、これだけです。シンプルなのですぐに実践できますね!


最も力を籠めやすい指である、人差し指と中指と薬指の3つの指ででしっかりと握るように持ちましょう。

まずは、スリーフィンガーからさくっと攻略しちゃいましょう!

【ボルダリング】ホールドの種類の一覧!特徴とコツを解説!

その他、押さえておきたいホールドたち。
【ボルダリングのホールド】クリンプのコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!
【ボルダリングのホールド】インカットのコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!
【ボルダリングのホールド】スローパーのコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!
【ボルダリングのホールド】ジャグ(ガバ、がば)のコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!

ボルダリングのホールド!ポケット攻略のコツ!パキったときは、アイシングを!

ボルダリングのホールド!ポケット攻略のコツ!パキったときは、アイシングを!

1 ポケットとは
2 ポケット(スリーフィンガー)
3 ポケット(ツーフィンガー) 
4 ポケット(ワンフィンガー)
5 パキるとは(アイシング必須)

1 ポケットとは

ホールドの一種でポケットのように、穴の空いたような形で指を引っ掛けて差し込める形状のものです。このような形状のものを、ポケットホールドと言います。

差し込める指の数によってンフィンガー、ツーフィンガー、スリーフィンガーポケットと言ったりします。

高グレードになってくるとワンフィンガーが当たり前の様に出てきます。

大体5級6級あたりから使われ始めるホールドですが、ちょっとしたコツで一気に持ちやすくなったりします。

ポケットは、穴の空いた用な形状をしていますが、他にもポケットが浅かったり、深かったりといった特徴があります。

それぞれに有利な持ち方を知っていないと上手く処理出来なかったりします。

単に指の力が試されるという側面もあります。

また、落下時も注意が必要なホールドです。他のホールドに比べて、指を引っ掛けているので、そのままスーッと落ちてはくれません。指が抜けるという動作が加わるので、そのタイミングのずれによって、指に結構な負荷がかかってしまい、ケガが多いホールドでもあります。

2 ポケット(スリーフィンガー)

まず、スリーフィンガーのポケットですが、ボルダリングを始めて、最初に出会うポケットがスリーフィンガーになるでしょう。

これはポケットというよりガバに近かったりします。人差し指と中指と薬指でしっかりと握るように持ちましょう。

ポケット(ツーフィンガー)

次にツーフィンガーのポケットですが、これは、やや強度が高くなります。パターンとしては、中指と薬指、あるいは、人差し指と中指で引っ掛けることになります。

力では、人差し指のほうが強いですが、薬指は中指と連動しているので、中指と薬指の方が力が入りやすかったりします。

特に理由がなければ、小指などの弱い指を使うのは控えましょう。パキります。

難易度が無難なため、最も多く見かけるポケットです。

ポケット(ワンフィンガー)

最後に、最も難易度が高いのがシングルフィンガーのポケットです。

このポケットは、コツというより、しっかりと指のトレーニングをする前には、チャレンジしないようにしましょう。

パキりやすいですし、一度パキると安静期間が3ヵ月程度必要になるので、ボルダリングが出来なくなってしまいます。

5 パキるとは(アイシング必須)

ケガをしたタイミングで、「パキっ」という音が聞こえることからパキると言われています。そのまんまですね。ガバといいカチといい感覚そのまんまのネーミングが多いのがボルダリング界隈の特徴だったりします。

パキると腱鞘が断裂あるいは部分断裂します。この時、パキっと音がなります。

断裂してしまっているため、ケガをしたときはそのまますっぽ抜けて落下してしまうことが多いようです。あぁぁって感じですね。

パキるのは、ポケットだけでなくカチなどの時も起こりやすいです。

基本的に、靭帯損傷と同じなので炎症が起こり、腫れと痛みとが続きます。

断裂と言っても指が動かなくなるわけではありません。屈筋腱が断裂しているわけではないので指は動きますが、痛くて動かないというのはありえます。

通常のケガと同様に、パキったと思ったときは、すぐに練習をやめて可能な限り早くアイシングをするようにしましょう。

パキるのは、ケガの程度にもよりますが、部分断裂でもクライミングできるまでには2ヵ月程度必要と言われています。

完治までには少なくとも3ヶ月はかかるようです。

通常のじん帯損傷よりやや期間が長くなりますので、できる限りパキらないように注意しましょう。

練習前のストレッチなどでも十分予防になります。

ポケット以外も!まずは、ガバとピンチとスローパーを攻略しよう!

ポケット以外も!ボルダリングがうまくならない、上達しない人はセルフチェックを行おう!ヒールフックやピンチが打開の鍵になるかも!

噂の美人クライマー大場美和さんがついに大正製薬リポビタンDでTVCMデビュー!!

初心者のためのボルダリングのホールドの種類一覧!

初心者のためのボルダリングのホールドの種類一覧!

ボルダリングは、壁に疑似的にホールドと呼ばれる勃起物が取り付けられています。

このホールドによって本物の岩場のようなとっかかりを再現して、クライミングが楽しめるようになっています。

それぞれのホールドには特徴があり、シンプルに握れるジャグ(ガバ)以外は、コツやトレーニングが必要になってきます。

以下の10種類のホールドを抑えれば、中級者を名乗って良いレベルになります。

まずは、ホールドにはどのような種類があるのかを見ていきましょう。

1 ジャグ(Jug)
2 インカット(Incut)
3 クリンプ(Crimp)
4 スローパー(Sloper)
5 ポケット(Pocket)
6 ピンチ(Pinche)
7 ピギーバック(Piggy back)
8 アーチ(arch)
9 クレーター(crater)
10 ウェーブ(Wave)

1 ジャグ(Jug)

ガバっと掴むことが出来るその形状から、別名「ガバ」とも呼ばれるホールドです。

初心者向けのホールドなので、本格的なところでは意外とお目にかからないホールドです。

10級~7級程度の低級課題で良く目にすることになります。

【ボルダリング】ジャグ(ガバ、がば)のコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!

2 インカット(Incut)

ジャグの小型版のような形状をしているホールドです。

ジャグはがっつり掴めますが、インカットは4本指を引っ掛けるくらいのものです。

ジャグほどではありませんが、しっかりと引っ掛けることが出来る形状なので、安定感は抜群です。

初級、中級、上級のすべてでお目にかかるホールドです。

【ボルダリングのホールド】インカットのコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!

3 クリンプ(Crimp)

クリンプは、指先程度しか引っ掛けることが出来ない小さいホールドです。指の力が必要になってきます。4本の指を引っ掛けて、それを親指で覆うようにして掴むことが多いホールドです。

【ボルダリングのホールド】クリンプのコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!

4 スローパー(Sloper)

スローパーは、下に傾斜しているホールドです。

スローパーは、ほかのホールドと異なり、指を引っ掛けることが出来ないため、初心者泣かせのホールドでもあります。

スローパーには、パーミングと呼ばれる手法を利用します。パーミングは、手のひら全体の摩擦を利用して、押さえ込むようにすることで、状態を安定させる技術です。高度な技術ですが、習得すれば非常に戦術の幅が広がります。

コツとトレーニングは以下にまとめてあるので、参考にしてみてください。

【ボルダリング】スローパーのコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!

5 ポケット(Pocket)

ポケットとは、指を引っ掛ける穴があいたホールドです。

ポケットに指を引っ掛けることで安定を図ります。なので、ポケットは握力および指の力が試されます。

指が数本入るポケット,ホールドから、指が1本しか入らない小さいポケット,ホールドまで様々なバリーエーションがあります。

指が入る本数により、ワンフィンガー、ツーフィンガー、スリーファインガーなどと言います。

【ボルダリングのホールド】ポケットのコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!

6 ピンチ(Pinche)

ピンチはスイートポテトのような形状で、親指とその他4本指で挟むように持つホールドです。

指の力のみでホールドする必要があるため、初心者には難易度とくに筋力面での難易度が高いホールドです。

ピンチは大きさにより難易度もまちまちですが、指単体の力が試されるため、指の力が弱い方は、個別のトレーニングが必要になります。
ピンチとは!?ボルダリングのホールド解説!そのコツとは!?

7 ピギーバック(Piggy back)

ざっくりいうと大きなホールドです。もっぱら足場として使用されます。

8 アーチ(arch)

名前の通りアーチの形状をしたホールドです。非常に安定したホールドですが、そんなにたくさん取り付けられているわけではありません。主に傾斜が厳しい上級ルートに休憩の目的で取り付けられています。

9 クレーター(crater)

月のクレーターをイメージさせるホールドです。形状が複雑なので、ひとそれぞれの使い方ができるのが特徴です。比較的安定感がある方です。

10 ウェーブ(Wave)

海の波をイメージさせるホールドです。波の形状がひっかけポイントを多く作り出しているので、使いやすいホールドです。