ボルダリング初心者は、バックステップ、ドロップニー!それからクロスムーブを抑えると脱初心者に一歩近づく!

ボルダリング初心者は、バックステップ、ドロップニー!それからクロスムーブを抑えると脱初心者に一歩近づく!

ボルダリングにおけるムーブの役割
脱初心者のためのムーブは3つ!バックステップ、ドロップニー!

それからクロスムーブ!

ボルダリングにおけるムーブの役割

ボルダリング界ではパンプと呼ばれる腕に力が入らなくなってしまう現象があります。

他のスポーツではほとんどないでしょう。

ボルダリングは、壁を登る非常に運動強度が高いスポーツです。

特に腕への負荷が他の競技とは段違いに大きいです。

そのため、パンプのような現象が発生するのです。

パンプが起きるとほぼ壁を登ることが出来なくなります。

ボルダリングやクライミングの到達点は、目的とした壁を登りきることです。

パンプが起きてはこの目的をクリアすることは出来なくなります。

登頂という目的を達成するためにムーブが存在します。

ムーブは上半身の力を使わずに効率よく壁を登ることを追求する過程で生まれた体の使い方です。

どの競技にも基本や基礎の型があるように、ボルダリングではムーブがその基本の型です。

脱初心者のためのムーブは3つ!バックステップ、ドロップニー!それからクロスムーブ!

基礎中の基礎である正対とダイアゴナルを習得していると思います。

この2つのムーブは超初心者から上級者に至るまで必ず使う必須ムーブなので、まだ習得していない方は正対とダイアゴナルを先に習得してください。

ボルダリングの入門的ムーブ、ダイアゴナルとは!練習方法からトレーニングまで解説!

ボルダリングのムーブの基本の「き」!正対とは!手と足の使い方を覚えよう!

さて、上述の2つのムーブを習得したら、初心者が次に修めたいのがバックステップとドロップニーとクロスムーブです。

正対とダイアゴナルに加えて、これらの3つのムーブを覚えることで脱初心者へあと一歩のところまでたどり着けます。

まず、バックステップから見ていきましょう。

バックステップ、壁に対して体を横向きにする姿勢をとるムーブです。

通常、壁を登るときはインサイドの足遣いを行います。

インサイドは足の内側が壁のほうにくっついている体勢です。

バックステップは、このインサイドの体勢から片足をアウトサイドにすることで体を横にします。

アウトサイドとはインサイドの逆で、足の外側が壁を向くようにする足使いです。

バックステップのコツは、足首の向きと股関節の使い方です。

まずは足首をアウトサイドにすることで、足から腰までが横を向きやすくなります。

ただしこれだけだとどちらかの足に力が入ってしまい、状態が安定しないでふらふらしてしまいます。

これを解消するために、アウトサイドを使う側の足の股関節を閉めるようにします。

内転筋をしめるように意識すると良いでしょう。

すると体勢が安定しやすいです。

そしてもう一つ、状態を安定しやすい状況があります。

それはフットホールドの位置が同じ高さにもある場合です。

この場合は、同じ高さのフットホールドに足を配置するようにしましょう。

こうすることで体重の分散が均等になるので、バックステップが安定して出来るようになります。

さて、次にドロップニーです。

ドロップニーはキョンとも呼ばれます。

ドロップニーは、バックステップをより深く行うことを言います。

なので、広義にはドロップニーとバックステップは同じです。

特にボルダリングジム内の会話であれば、ドロップニー、バックステップ、キョンは同じ意味として扱われています。

あえてドロップニーの特徴を上げるとすれば、膝を落としている分内転筋のしまりがよくなるので、より状態が安定する点です。

状態の安定という意味では、バックステップよりドロップニーのほうが安定します。

そして、バックステップよりドロップニーのほうが力が必要ありません。

膝を落とす分、バックステップに比べて遠くのホールドを取りに行くのは難しくなります。

最後に、クロスムーブをマスターしましょう!

クロスムーブは、無駄を省いて体力を温存するのに最適なムーブです。

他にも持ち替えがスムーズなのでかっこよくいるように見えるなどの利点もありますよ!

クロスムーブは、腕を交差させるようにしてホールドを取りに行くムーブです。

右手より右にあるホールドを取りに行くときに、普通はまず、右手のホールドを左手でも掴み、左手でがっちりつかんだら、右手をフリーにして右にあるターゲットのホールドを取りに行きます。

左手でがっちりとホールドをつかんだら、その後は右手を離して次のホールドを取りに行きます。

ここでは2つのちょっとしたコツがあります。

1つは、クロスさせる手を上から通すか下から通すかです。

体で実際に試すと一目瞭然ですが、上に行く時は上に、下に行く時は下から通すとスムーズに行けます。

通常の動作でも、上に行く時はより上のホールドを取りに行きますし、下に移動したい時は下のホールドを取りに行きますよね!

そういうことです。

2つ目は、切り返しの時は振り子のように力まずスーっと体重を移動させることです。

力を使ってがつがつと登っていくのではクロスムーブの意味がありません。

いかに力を使わずに登っていくかが重要ですので、脱力して振り子のように動いてみましょう。

さて、3つのムーブを見てきましたね。

バックステップ、ドロップニー、そしてクロスムーブ。

初心者は、この3つのムーブを習得しましょう。

これと正対、ダイアゴナルを合わせることで、もうボルダリングの基本の動きが体に染みついています。

10級~7級クラスはもう問題なく登り尽くせるでしょう!

ボルダリング6級の壁!その難しさと攻略のコツを徹底解説!

ボルダリング6級の壁!その難しさと攻略のコツを徹底解説!

ボルダリング初心者の最初の壁、それが6級です!
6級の難しさ 全て手足限定
6級の難しさ 中級者の登竜門であるスローパーが登場する
6級の攻略のコツ 重心移動を意識した足運び
6級の攻略のコツ 腕は延ばして体を大きく使う
6級の攻略のコツ ダイアゴナル
6級の攻略のコツ 縦の重心移動
6級の攻略のコツ パーミング
6級のコツをつかむと力を使わずに登れるようになります
コツは実践をこなして身に着けていきましょう!

ボルダリング初心者の最初の壁、それが6級です!

ボルダリング初心者の最初の壁、それが6級です

ボルダリング初心者の最初の躓きポイントが6級です。

結構な確率で6級で成長が停滞する人か多いです。

男性、女性問わず6級には特有の難しさがあります。

脱初心者の一つの基準である6級の難しさと、攻略法を見ていきましょう!

6級の難しさ 全て手足限定

6級の難しさ 全て手足限定
6級がそれまでの課題と異なる点は、全てが手足限定の課題になるという点です。

これが6級課題のクリアを阻害する一番の要因です。

今までは、全てが手足限定ではなかったため、ある程度ゆとりがありました。

このゆとりというのは、課題の挑戦者が自分の好みの体の使い方で取り組むことが出来るあそびでもあります。

このあそびがあることで、挑戦者は自分の苦手な動きではなく、得意な動きで挑戦することができました。

7級までは、腕力に自信のある人が力にモノを言わせて課題をクリアすることはさほど難しいことではありませんでした。

しかし6級から手足が限定されることで、自分な苦手な動きにも向き合わなくてはならなくなります。

今までの体の使い方が通用しなくなることで、今までのやり方ではクリアできなくなり、クリアの道筋がつかめなくなる。

これが6級の難しさです。

6級の難しさ 中級者の登竜門であるスローパーが登場する

6級の難しさ 中級者の登竜門であるスローパーが登場する
さて、6級にはもう一つクリアを阻む大きな壁があります。

それがスローパーです。

スローパーは中級者の登竜門と言われています。

スローパーが掴むことが出来ないホールドです。

今までジャグやピンチなど掴むことが出来るホールドばかり相手にしてきましたが、6級で突然掴むことが出来ないホールドが出現します。

スローパーにはボルダリング特有の体の使い方が必要です。

この技術をパーミングと言います。

パーミングはただでさえコツをつかむのが大変な上、今までの課題ではスローパーを攻略できるような体の使い方は出てきません。

このスローパーが6級の難しさの第2の要因です。

6級の攻略のコツ 重心移動を意識した足運び

6級攻略のコツ 重心を意識した足運び
さて、そんな難しい6級ですが、幾つかのコツをつかむことで課題をクリアすることが出来るようになります。

まず、一番最初に意識していきたいのが、重心移動を意識した足運びです。

手足限定課題になったことで一番慣れていなくて窮屈なのが足です。

この足の使い方をマスターすることで、6級課題をスムーズにクリアすることが出来るようになります。

スムーズに重心を移動させていくコツは、足を徐々に動かしていくことです。

重心移動が乱れるのは、揺れが激しくなることが原因です。

徐々に足を動かすことで、細かくホールドを刻んでいけば、重心移動をスムーズに行うことが出来ます。

6級の攻略のコツ 腕は延ばして体を大きく使う

6級の攻略のコツ 腕を伸ばして体を大きく使う
2つ目のコツは、腕を伸ばして体を大きく使うことです。

手足限定の課題になったことで、体の使い方がぎこちなくなります。

特に初心者の場合は壁に引っ付くような体勢になってしまうことが多いように感じます。

傍目にみているとカニのように縮こまった体勢になっています。

これでは、次のホールドに手を伸ばすのも、足を延ばすのも大変です。

上のコツで説明したスムーズな重心移動が出来ません。

これを解消するためには、体を大きく使うことです。

手足を伸ばしてゆとりを持った体勢をとります。

特に手を伸ばすように意識すると力が抜けてリラックスした状態になれます。

それにより、体全体にゆとりができて、自然と体を大きく使えるようになります。

カニの体勢に心当たりがある方は、腕を伸ばすことから意識してみましょう。

6級の攻略のコツ ダイアゴナル

6級の攻略のコツ ダイアゴナル
3つ目のコツは、ダイアゴナルです。

ダイアゴナルは、ボルダリングの代表的なムーブの1つです。

2つ目のコツで腕を伸ばして体を大きく使えるようになると、力が抜けてリラックスした状態になります。

リラックスができるようになったら体力を温存して動きやすい状態になります。

次は、実際に動いて上に登っていかなければなりません。

ここで覚えておきたいのが、ダイアゴナルです。

ダイアゴナルは、右手と左足や左手と右足のように手足の対角線を使った技術です。

対角線を意識して動くことでつかみに行く動作が安定します。

また、体の対角線を使用することで右手右足や左手左足に比べて遠くまで手が届くようになります。

このようにダイアゴナルを使うことで、状態の安定と距離の両方を実現することができます。

ダイアゴナルはボルダリングの基本ムーブでありながら、もっとも重要なムーブでもあります。

6級で手足限定の課題が出てきたときにもっとも有効なムーブがダイアゴナルです。

6級以降はずっと使うことになるので、必ず6級で習得するようにしましょう。

6級の攻略のコツ 縦の重心移動

6級の攻略のコツ 縦の重心移動
4つ目のコツは、縦の重心移動です。

今までは、横の動きがほとんどでした。

横に動きながら徐々に上に登るような課題でしたが、6級からは手足限定の課題になるので課題によっては縦の移動が必要になります。

縦の重心移動は、全身をばねのように使って上にあるホールドを掴んでいく移動法です。

2つ目のコツで、腕を伸ばして体を大きく使う体勢が身についていれば、あとは下半身にタメを作って、思いきり体を上に押し上げるだけです。

この時、足の押し出し方は、地面でジャンプするときと同じような感覚です。

ジャンプするように足を押し出して、その勢いのままに腕を伸ばして次のホールドをつかみます。

すでにリラックスした体勢を身に着けていますので、思いきり踏み込むことが出来れば、この縦の重心移動はスムーズに習得できるはずです。

6級の攻略のコツ パーミング

6級の攻略のコツ パーミング
パーミングは、スローパーを攻略するためのテクニックです。

6級から登場する難関ホールドスローパーを攻略するために、パーミングを覚えましょう。

パーミングは、手のひらの摩擦を意識することが大切です。

スローパーはつかみどころがないので、手のひら全体で摩擦を使いながら抑えるようにします。

コツは、スローパーを手のひらで抑えるようにして力を込めることです。

手のひらのことを英語で「パーム(palm)」と言います。

それでこの手のひらを使ったテクニックはパーミングと呼ばれています。

パーミングは、手のひらを全体で包むようにしながら体を預ける技術です。

力任せに抑えるというよりも、手のひらは抑えるようにして体全体としては、ぶら下がる感じをイメージすると良いです。

そのようにしてホールドを保持しながら、肩や背筋を使って体を押し上げます。

スローパー攻略のために、パーミングを習得しましょう。

6級のコツをつかむと力を使わずに登れるようになります

6級はコツをつかむと力を使わずに登れるようになります
今まで見てきたように、6級では力はあまり使いません。

今までご説明した、重心移動を意識した足運び、腕は延ばして体を大きく使う、ダイアゴナル、縦の重心移動の4つのコツをマスターすれば、力を使わずに課題をクリアできるようになります。

6級をクリア出来れば、脱初心者!

あなたも中級者の仲間入りです!

コツは実践をこなして身に着けていきましょう!

コツは実践をこなして身に着けていきましょう!
6級の攻略のコツは、今までの体の使い方とは異なる体の使い方を覚えなければなりません。

コツは、体で覚えていくのが一番効率が良いです。

ボルダリングジムで実践を通して身に着けていきましょう!

スローパーのコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!

ボルダリングの入門的ムーブ、ダイアゴナルとは!練習方法からトレーニングまで解説!

ボルダリングの入門的ムーブ、ダイアゴナルとは!練習方法からトレーニングまで解説!

脱初心者の壁、、、6級クリアの必須武器、それがダイアゴナルです。

ここでは、ダイアゴナルとはどういうモノなのか。どういう体の使い方をするのか。そしてダイアゴナルの練習方法をご説明していきたいと思います。

ダイアゴナルとは
ダイアゴナルのメリット より遠くのホールドを取りに行ける
ダイアゴナルのメリット バランスを保てる
ダイアゴナルのメリット 力を分散できる
練習の前にまずダイアゴナルのコツを覚える
 ダイアゴナルのコツ 手を伸ばす
 ダイアゴナルのコツ 脱力する
 ダイアゴナルのコツ 体のひねりで動かす
ダイアゴナルの練習方法

ダイアゴナルとは

ダイアゴナルとは、ボルダリングのムーブの一種で、もっとも入門的でもっとも使用頻度が高いムーブです。

ダイアゴナルの語源は、英語のDiagonalで対角線を意味します。

名は体を表すといいますが、語源の通り体の対角線を有効活用したムーブです。

右手を基準にして考えた時、対角線に当たるのは左足です。

左手を基準にして考えた時、対角線に当たるのは右足です。

この対角線のセットを同時に動かすことからダイアゴナルと呼ばれているのです。

右手と左足を同時に!

左手と右足を同時に!

ですね。

ダイアゴナルのメリット より遠くのホールドを取りに行ける

長方形の対角線を見るとわかるように、対角線が一番距離が長くなります。

ダイアゴナルを使うことで、より遠くのホールドをつかむ動作ことが出来るようになります。

これにより、自分の動作範囲が広がり、ボルダリングがぐっと上達します。

戦略の幅が広がりますからね!

ダイアゴナルのメリット バランスを保てる

片足立ちをすると皆さん腕でバランスを取りますよね。

この時、同じ手足を伸ばすとバランスを崩してよろっと倒れてしまいます。

しかし、軸足の反対の手を伸ばすとバランスが保てます。

これがダイアゴナルの原理です。

掴まっているホールドから次のホールドに移るとき、体のバランスがとれているかいなかで、スムーズに移れるかがきまります。

ダイアゴナルはムーブという動きを取りながらバランスをとるので、ホールド間移動をスムーズに行えます。

ダイアゴナルのメリット 力を分散できる

ダイアゴナルは体のひねりを利用することで、クライミングの負荷を手だけ、足だけから、体全体に分散します。

これにより特に手にかかる負荷が減ります。

手にかかる負荷が減ることでパンプしにくくなります。

これにより練習時間をより長くとることが出来るようになりますし、課題の失敗率が減ります。

要は、課題の成功率が増すということです。

より力を使わずに温存するかがボルダリング上達のカギです。

力を分散できるということはこの上ないメリットなのです。

練習の前にまずダイアゴナルのコツを覚える

ダイアゴナルのコツ 手を伸ばす

ダイアゴナルの一番のコツは手を伸ばすことです。

手を伸ばすことで腕の力みを開放することが出来ます。

腕を曲げてしまうと腕で負荷を引き受けてしまうので、途端に腕で登る体勢になってしまいます。

腕は延ばしてだらーんとするようにしましょう!

ダイアゴナルのコツ 体のひねりで動かす

ダイアゴナルは体の体幹を使って動かしましょう。

対角線を作るときは体をひねりましょう。

ひねる動作でダイアゴナルを作ります。

ダイアゴナルのコツ 脱力する

最後のコツは脱力です。

ダイアゴナルは慣れると連続して行うことが出来る有用なムーブです。

このコツは、力みをなくすことです。

手や足など局所に負荷を集中してはいけません。

どこかに負荷をかけるのではなく、体全体で負荷を受け止めます。

これには脱力することが大切です。

どこかに力みが発生すると、そこに負荷がかかってしまうからです。

ダイアゴナルの練習方法

ボルダリングジムで実践で練習するのも悪くはありませんが、すぐにパンプアップしてしまい効率が良くありません。

ボルダリングジムでは課題のクリアに集中した方が上達するからです。

ダイアゴナルは自宅で練習が出来ます。

ですので、練習は自宅で行い、習熟度をボルダリングジムでちょこちょこ確認するのが良いです。

では、ダイアゴナルの自宅での練習法を見ていきましょう。

・まず直立します。

・右足を浮かせて、右手を真上に伸ばしてバランスを取ります。
 この時、手の平は開くようにします。

・5秒ほどキープします。

・ゆっくりとバランスを取りながら手と足を下ろして直立した体勢に戻ります。

手足を逆にして同じ要領で行います。

これを1セットとして、10セットくらい行います。

最初はバランスをとってふらふらした感じですが、トレーニングを積んでいくうちにふらふらしないでスムーズに動作を行うことが出来るようになります。