【ボルダリングのホールド】クリンプのコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!

【ボルダリングのホールド】クリンプのコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!

クリンプとは
クリンプが初心者に厳しめな理由
クリンプの攻略のコツ
クリンプの攻略のコツ1・カチ持ち
クリンプの攻略のコツ2・カチ持ちは指を痛めやすいので補強をしよう
早速実践でカチ持ちを試してみましょう!





クリンプとは

クリンプとは、別名カチとも呼ばれています。

クリンプは、握ったりつまんだりしにくい形状をしています。

厚みがなく、浅めの形状をしていて、まさに岩場のとっかかりという感じです。

クリンプが初心者に厳しめな理由

これは容易に想像がつくと思いますが、掴める場所がなく、あってもほんの少しのとっかかり程度しかないものは、初心者はとてもじゃありませんがうまく使いこなすことができません。

その他、クリンプは、その形状からひっかける必要があるため、指を痛めやすいです。

初心者は痛める前に、「あ、無理」ってなってしまうので、上達しません。

しかし、指のケガはパキるのが一般的ですが、いったんパキると3か月は安静にしなくてはならないので、この無理っていう感覚は意外と大切だったりします。

皆さん、無理せず楽しくボルダリングを行いましょう!

クリンプの攻略のコツ

クリンプ攻略のコツは、引っ掛けることです。

クリンプは、厚みがなく、そして、平たく長いものが多いです。

ジャグ(ガバ)のように掴むことはできません。

ピンチのようにつまむことはできません。

引っ掛けるしかないのです。

クリンプの攻略のコツ1・カチ持ち

クリンプ攻略には「カチ持ち」が最適です。

カチ持ちは、まさに引っ掛けるための持ち方です。

人差し指、中指、薬指、小指を第一関節を伸ばして第二関節を曲げるようにすることで、とっかかりのフックのような形をつくります。

その4本の指の上に、親指をかぶせるようにして蓋をします。

こうすることで、あまり力を使わずに引っ掛けることが出来るようになります。

また、力が籠めやすくなるため、体を持ち上げたい時に、背筋の力をスムーズに伝えることが出来るようになり、すいっと体を持ち上げることが出来るようになります。

クリンプの攻略のコツ2・カチ持ちは指を痛めやすいので補強をしよう

カチ持ちは、とても有効な手段ですが、注意点もあります。

それは、指の故障です。

「パキる」という言葉が、ボルダリング界隈ではよく聞かれますよね?

これは、指の腱断裂で、結構な重症です。

ケガの程度にもよりますが、最低でも3か月は安静にする必要があります。

日常生活でも影響が出てしまうので、本当に注意してくださいね。

なので、クリンプがあるコースを行う前には、必ず、入念な指のストレッチを行っておきましょう。

少しても違和感があるときは、コースを変えるなどの対応を行うと良いです。

その他、普段から指のトレーニングを行うことで、ケガの防止になります。

指をピンポイントで鍛えるには、フィンガートレーナーが最適です。

ボルダリングに限らず、ピアノなど指先の力を使用する専門家がトレーニングで使用するものです。

筋トレのように本格的に行うものではありませんが、空き時間にコツコツとトレーニングしておきましょう。

指のケアは怠らないようにしましょうね。

早速実践でカチ持ちを試してみましょう!

とはいえ、練習しないとなにも身に付きません。

とりあえずは、ボルダリングジムに行ってストレッチをしたら、カチ持ちの感覚をつかむために、クリンプがあるコースを登ってみましょう。

カチ持ちのコツは、


①人差し指、中指、薬指、小指を第一関節を伸ばして第二関節を曲げるようにすることで、とっかかりのフックのような形をつくります。
②4本の指の上に、親指をかぶせるようにして蓋をします。

ですよ!

習うより慣れろ!

さくっと練習して感覚をつかんじゃいましょう!

【ボルダリング】ホールドの種類の一覧!特徴とコツを解説!

その他、押さえておきたいホールドたち。

【ボルダリングのホールド】ポケットのコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!
【ボルダリングのホールド】インカットのコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!
【ボルダリングのホールド】スローパーのコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!
【ボルダリングのホールド】ジャグ(ガバ、がば)のコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!

【ボルダリングのホールド】インカットのコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!

【ボルダリング】インカットのコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!

インカットとは
インカットが初心者に厳しめな理由
インカットの攻略のコツ
インカットの攻略のコツ1・ピンチ
インカットの攻略のコツ2・カチ持ち
早速実践でカチ持ちを試してみましょう!ピンチは使用頻度が高いので同時にトレーニングを行いましょう!

 





インカットとは

インカットは、内側にカットされたような形状のホールドです。

ジャグ(ガバ)のように握ることが出来ない形状をしています。

インカットが初心者に厳しめな理由

ジャグ(ガバ)のように握ることが出来ないため、つまむように持つのが一般的なのですが、何かをつまむという体勢で体重を支えるのは普通はできません。

単純に筋力が足りていないというのが要因の一つですが、もう一つの要因はその体勢に体が慣れていないというものです。

インカットの攻略のコツ

インカットのコツは、ボルダリング特有の持ち方をマスターすることです。

つまむ感じのピンチと、引っ掛ける感じのカチ持ちをマスターすれば、インカットは問題なく攻略できます。

インカットを攻略して、中級者を目指しましょう!

インカットの攻略のコツ1・ピンチ

普段のホールドで求められる力は、ホールド力と呼ばれる握力の一種で、ボルダリング業界では保持力と呼ばれる、上体を保持するための力です。

しかし、ピンチで求められるのは、ピンチ力と呼ばれるものを「つまむ」力です。

これは、4本の指と手首の屈伸を支える前腕筋群と、親指を内側に引き込む母指内転筋を鍛える必要があります。

ピンチ力を鍛えるには一般的にフィンガートレーナーが使われます。

ボルダリングに限らず、ピアノなど指先の力を使用する専門家がトレーニングで使用するものです。

インカットの攻略のコツ2・カチ持ち

インカット攻略のもう一つのホールドの持ち方が、カチ持ちです。英語ではクリンプ、フランス語ではアーケと呼ばれています。

カチ持ちのコツは、人差し指から小指まで4本の指の第2関節を曲げつつ、第一関節を内側に反らせるようにすることです。

その手の内の状態で、指先を引っ掛けます。最後に親指で蓋をします。こうすることで、4本の指に負荷がかからなくなり、筋肉がこわばることもなくなります。

早速実践でカチ持ちを試してみましょう!ピンチは使用頻度が高いので同時にトレーニングを行いましょう!

ます、次回ボルダリングジムにいったときから、カチ持ちを試してみましょう。

慣れの問題が強いので、積極的に試していくことで習得することが出来ます。

ピンチは使用頻度が高いので、同時にコツコツ鍛えていきましょう。

フィンガートレーナーを使用すると効率よく鍛えることができます。

カチ持ちとピンチを習得して、中級者を目指しましょう!

【ボルダリング】ホールドの種類の一覧!特徴とコツを解説!

その他、押さえておきたいホールドたち。
【ボルダリングのホールド】クリンプのコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!
【ボルダリングのホールド】ポケットのコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!
【ボルダリングのホールド】スローパーのコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!
【ボルダリングのホールド】ジャグ(ガバ、がば)のコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!