ウォーキングはいつ行うのが良いのか?タイミングは?朝?昼?夜?期間は?頻度は?効果は?メリットは?ダイエット効果は?

ウォーキングのタイミングと効果

1 ウォーキングはいつ行うのが良いのか
2 タイミングは大きく分けて、朝、昼、夜
3 朝行うとダイエットに効果的
4 昼は時間の有効活用になる
5 夜はリフレッシュ効果がある
6 期間と頻度
7 ダイエット効果はある

1 ウォーキングはいつ行うのが良いのか

ウォーキングを行うタイミングは、皆さん気になるところだと思います。

ウォーキングを始めたいけど、いつ行うのが効果的なのかな?

いつ行うのがダイエットにいいのかな?

いつ行うのが続くコツなのかな?

などなど「いつ」というのはとても気になりますね。

「いつ」というのは、求める効果によって回答が異なってきます。

2 タイミングは大きく分けて、朝、昼、夜

ウォーキングを行うタイミングは、大きく分けて、早朝と昼間と夜間に分かれます。

寝起きで仕事や学校に行く前に行うか。

昼間の時間を有効活用して、ウォーキングを行うか。

仕事や学校帰り後の夜間にちょこっと行うか。

といった具合です。

さて、それぞれのウォーキングのタイミングの効果を見ていきましょう。

3 朝行うとダイエットに効果的

まずは、朝行うとどんな効果があるか。

朝のウォーキングはダイエットに最適です。朝運動をすると一日で消費するカロリーが増加します。運動によって傷ついた筋肉に継続的に負荷がかかり続けるからです。夜間のようにそのまま急速に入ってしまう場合は、回復がすぐに始まってしまうのでこのような効果は得られません。

朝の最大のメリットはダイエット効果にあります。

その他、朝にウォーキングをする習慣をつけると、自然と早起きになるため、体内時計が正常になるという健康効果もあります。少し体内時計がくるっているかなという方は、朝ウォーキングをお勧めします。

早朝の活動はすがすがしさも伴うので、気分転換やモチベーションアップの観点からも朝はお勧めの時間帯です。

4 昼は時間の有効活用になる

次に、昼です。

仕事のお昼休みなどは、絶好のウォーキングタイムです。食事などの付き合いで1時間もだらだらと上司や先輩や同僚の話に付き合うくらいなら、ウォーキングをしてしまいましょう。

そういったみんなでぞろぞろ行きたがる職場と一人一人に分かれている職場と大きく2パターンに分かれていることが多いと思います。

一人で食事に行く場合は、すぐご飯は終わってしまうと思います。お弁当持参だったり、朝昼食を買っていっている場合は、10分もかからず食事が終わってしまうと思います。

さあ、残りの50分を有効活用しましょう。

職場の外に出て、ウォーキングを行いましょう。昼間で食事タイミングなので、外で少し早歩きしている人がいても特に目立ちません。

どんどんウォーキングをしてしまいましょう。

昼のウォーキングには、朝ほどではありませんが、ダイエット効果があります。

他にも、デスクワークの方は、血流をよくしたり、腰痛改善の効果もあります。デスクワークのような座っている体勢は、体の体重を腰がすべて支える形になります。これは、とても腰に悪い体勢で、腰痛の原因になります。たち姿勢は両足が体重を支えてくれますが、座っている姿勢は、この足の力が働かないため、腰にダイレクトに体重がかかって腰痛になってしまうのです。

これが昼食中まで1時間座っていると、ほぼ一日中すわっていることになってしまうため、腰痛を加速させてしまいます。なので、昼はウォーキングをすることをお勧めします。

5 夜はリフレッシュ効果がある

夜のウォーキングにはリフレッシュ効果があるといわれています。激しい運動は、逆に疲れてしまってよくないと言われていますが、ウォーキングは負荷が軽い運動なので、リフレッシュ効果が抜群です。

その他、夜の利点は、始めやすいことです。朝は起きれなかったりしますし、昼は、やっぱりめんどくさくなってしまったりしますが、夜は比較的心理的なハードルが低いです。

6 期間と頻度

期間は目的により様々ですが、1年くらい淡々と続けてみることをお勧めします。何かの効果を見込むのには、1ヵ月2ヵ月では少ないです。

半年から1年程度は続けてみましょう。

ウォーキングの頻度は、週2回程度からですが、可能であれば、平日5日間は行っていきたいですね。朝やお昼などは習慣にしてしまうと簡単に達成できますよ。

7 ダイエット効果はある

ウォーキングにはダイエット効果があります。ですが、がつがつと強度の高い運動をするわけではないので、そこは注意が必要です。

ウォーキングしているからといって、運動しているから沢山ご飯を食べていいよねっといった考えでいると、逆に太ってしまったりします。

ウォーキングは筋肉痛や疲労が残りにくいので、普段の生活の延長でいられます。

普通の生活にプラスアルファで数百キロカロリーを消費出来ているという感覚が一番です。

健康のためのウォーキングの勧め!時間帯は自由!空き時間を有効活用しよう!

ウォーキングが続かない方必見、長く続けるコツ!

ウォーキングが続かない方必見、長く続けるコツ!

ウォーキングで挫折する人って意外と多いんです

1 ウォーキングが続かな理由
2 目的は何?
3 目標を設定しよう
4 もう一回ウォーキングを始めてみませんか?

1 ウォーキングが続かな理由

それは、目的がないからです。

時間がないという方が多いですが、そうではなく、ウォーキングに目的がないことによって、ついつい「今日はいいや」が出てしまうのが原因になっていることが多いと思います。

2 目的は何?

始める目的を持つと長く続けられます。

なので、すでに目的をもって始めようとしている方は良いですが、そうでない方も、簡単な目的を作ってみましょう。

そうですね。

例えば、

運動不足を解消したい。

痩せてもてたい。

趣味を持ちたい。

フルマラソンに挑戦したい。

ラン友が欲しい。

ストレス解消したい。

心肺能力を高めたい。

なんてどうでしょうか?

3 目標を設定しよう

始めた後に躓くポイントがあります。それは、いつまでやるかということです。

何となく始めると意外と続かないです。目的を持っていてもゴールが見えなかったりして、何となく遠ざかってしまったりすることもあります。

そのためには、1ヵ月とか2ヵ月の短期間で良いので、ゴールを設定すると良いです。


月で合計10キロウォーキングする!

週に2.5キロ、500メートル×5日だっていいんです!

なんて、ランナーの人から鼻で笑われそうな目標で良いので、立てて、達成してみましょう!

そのうち、習慣になっていきますよ!

4 もう一回ウォーキングを始めてみませんか?

さて、思い立ったが吉日ですよ!

今日からウォーキングにいっちゃいませんか?

ウォーキングはいつ行うのが良いのか?タイミングは?朝?昼?夜?期間は?頻度は?効果は?メリットは?ダイエット効果は?

週1回から始める週末ランニング入門!気軽に始めちゃいましょう!

気軽に週1ランニング!

こんにちは、アールです。

ちょこーーーっと運動したい方、気軽に週1でランニングを始めてみませんか?

1 目的は何?
2 気楽に始めちゃいましょう

1 目的は何?

さて、目的があるとこつこつ続けやすいので、あるに越したことはありませんが、週1回程度で始めようとしている方は、ふわっとした目的が多いかなと思います。

始める目的を持つと長く続けられます。

なので、すでに目的をもって始めようとしている方は良いですが、そうでない方も、簡単な目的を作ってみましょう。

そうですね。

例えば、

運動不足を解消したい。

痩せてもてたい。

趣味を持ちたい。

フルマラソンに挑戦したい。

ラン友が欲しい。

ストレス解消したい。

心肺能力を高めたい。

なんてどうでしょうか?

2 気楽に始めちゃいましょう

ランニングは、ランニングシューズだけ用意すればいつでも始められます。

近所の靴屋さんでもよいので、標準的なランニングシューズを用意してさくっと始めちゃいましょう。

曜日は、休日が良いです。土日がお休みの場合は、次の日にリラックス出来る土曜日を選ぶと良いでしょう。

運動不足解消のために効果的な運動の頻度とは?週2回??

健康優先なら週2回、週3回で十分!

仕事をしている方は、結構慢性的な運動不足に悩まされていると思います。

何とか時間を取って運動を始めてみても、平日の貴重な睡眠時間を削っているため、長続きしない。

やる気はあるのに空回り。

毎日5キロのランニングを目標にしてみたり。。。

そんな方は、結構多いと思います。

こんにちは、アールです。

そんな方は、目標設定に問題があるケースが多いです。

1 目標設定のミス
2 健康のためなら週2回

1 目標設定のミス

上記の例でいうと、「毎日」というのが問題です。

何かを始めるというとき、やる気がある人に限って「毎日やる」としてしまいがちです。

「毎日」というのは、凄く大変です。

ちょっと風邪を引いた。。。今日は残業しなくちゃ。。。終電だ。。。

そんなことで、「毎日」の目標が崩れてしまいます。

そうすると途端に、目標が「失敗したもの」になってしまいます。

仮にそこで失敗してしまったとき、それでいいのでしょうか?

目標の前には、必ず、「目的」があります。

この記事で想定している読者の目的は、「運動不足を解消したい」だと思います。

もし「毎日」を目標にしたことで、運動をやめてしまったら、「運動不足を解消したい」という目的は、そこで途絶えてしまいます。

しかし、目的は、「運動不足を解消したい」であって、「毎日」やることではないのです。

今回の目的に大して、「毎日」は適切ではありません。

次に、その根拠を少々お話したいと思います。

2 健康のためなら週2回

健康のための運動というのは、実は、世界的にある程度の答えが出ています。世界の主要な機関で見解が一致しているのです。世界保健機関、米国疾病予防センターが、有酸素運動に対して以下の見解を示しています。

①週に150分程度、ウォーキングなどの中程度の運動
②週に75分程度、ランニングなどの高強度の運動

ここでは、運動不足解消を目的にしているので、①が良いでしょう。

毎日5キロを目標にしていた方であれば、ランニングであれば35~40分ペースが標準だと思いますので、週2回で十分達成できます。

ウォーキング程度の運動強度で行いたい方でも、一回50分程度で週3回で達成できます。会社帰りに一駅二駅前に降りて帰りがてらに行ってしまうことも出来ます。




健康のためのウォーキングの勧め!時間帯は自由!空き時間を有効活用しよう!

空き時間のウォーキングでサクッとカロリー消費

健康を意識している皆さん、こんにちは、アールです。

平日仕事が忙しい方が多いと思います。

毎日終電近くなんて時代錯誤の会社もまだまだありますよね。

毎日疲れていると、運動する気になんてなりませんよね。

運動する気はあっても、「あ~、無理。今日は休もう」ってなることもしばしばありますよね。

いや、よくあるか。

今の時代はデスクワークが多いですよね。一日中座って仕事して、夜は帰ったらバタってなって、シャワー浴びて寝るなんて生活を繰り返したりしています。運動不足が運動離れを呼び、運動不足を加速させる。悪循環が止まらないですよね。

運動不足が加速すると、健康にも影響が出てきます。

社会人になって久々に会うと、大抵の人は太ってますよね。残念なことに。。。

加齢によるものも多少はありますが、一番の原因は、運動量のわりに食事量が増えているからです。学生時代などは、お金が少ないので、食事に意外とお金をかけません。なので、食事量自体は意外と少ないことが多いです。

社会人になると、お金に余裕も出てきたりして、少ししっかりしたところで食事をすることが多くなります。さらに、日本のランチは、糖質過多なメニューが多いです。一度カロリー計算や糖質計算をしながら生活したことがある方は、高タンパク低糖質の食事を探すのが意外と大変だということがわかると思います。

また、さらに悪いことに、学生時代は友達と遊んだり、いろいろなことに興味がある時期なので、意外と活発に動いています。必然的に体を使っています。

しかし、社会人になりデスクワークが長くなると、座ってばかりでかえって寝る生活になるので、運動量がググっと下がります。

この輪をかけた悪循環のマジックにかかる人はとても多いです。

この悪循環から少しでも抜け出して、健康な体を手に入れるための第一歩として、今日は、ウォーキングをお勧めします。

1 ウォーキングの良さ
2 意外と重労働
3 空き時間にできる

1 ウォーキングの良さ

ウォーキングは、だれでも一度は聞いたことがある運動ですよね。平日の夜などは、ランニングコースなどでウォーキングされている方も多いです。ご高齢の夫婦などが一緒に仲良くウォーキングしている姿もよく見ますね。

ウォーキングは、いつでもどこでも気軽にできるというメリットがあります。多少汗をかいても良ければ、会社帰りにスーツでもOKなんです。

この始めやすいというのはとても重要で、疲れてやる気がでないというスタート地点に立てない状態から脱出させてくれるのです。

このちょっと体を動かすことが習慣になると、あとは自然と体を動かすようになってきます。

お勧めは、以下の3つです。
①朝、一駅前に降りて、歩いて出社する
②お昼は、30分のウォーキング
③帰りも一駅前に降りて。家までウォーキングする

特に②のお昼はよいですよ。デスクワークで悪くなった血行を良くしてくれます。間違っても、お昼はデスクで。。。なんてことは止めましょうね。

2 意外と重労働

次にウォーキングの意外なメリットをご紹介します。

それは、意外と重労働だということです。歩く、走るなど、足を使って動く行為というのは総じて体にかかる負荷が高いです。スポーツジムでトレーニングされている方はぴんと来ると思いますが、自分の体重を持ち上げるって、意外と出来ないんです。重いんです。歩くということは、体重分の重さを移動させる行為なので、負荷が高いんです。更に言うと、歩いているときは、片足で体重をささえますしね。

ランニングなどは、着地するタイミングに体重の3倍もの負荷がかかるといわれており、慣れないうちは膝を壊すので、ジョギングから始めたことがいいといわれるほど負荷が高いのです。

このようにウォーキングは負荷が高いので、その分消費カロリーもあり、ダイエット効果もあります。社会人になって、脂肪ががっつりたまってしまった人は、健康のためにもウォーキングを行いたいですね。

3 空き時間にできる

ウォーキングは、本格的なものは一切いりません。準備するものは何もなくても良いのです。スーツでも良いです。ランニングシューズもいりません。ウェアもいりません。ちょっとした空き時間にちょこっとやりましょう。5分でも10分でも良いです。昼休みに食事の帰りに軽くウォーキングしましょう。春などは、木々の緑が濃くて、気持ちいいですよ。

ウォーキングはいつ行うのが良いのか?タイミングは?朝?昼?夜?期間は?頻度は?効果は?メリットは?ダイエット効果は?