【ボルダリングのホールド】インカットのコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!

【ボルダリング】インカットのコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!

インカットとは
インカットが初心者に厳しめな理由
インカットの攻略のコツ
インカットの攻略のコツ1・ピンチ
インカットの攻略のコツ2・カチ持ち
早速実践でカチ持ちを試してみましょう!ピンチは使用頻度が高いので同時にトレーニングを行いましょう!

 





インカットとは

インカットは、内側にカットされたような形状のホールドです。

ジャグ(ガバ)のように握ることが出来ない形状をしています。

インカットが初心者に厳しめな理由

ジャグ(ガバ)のように握ることが出来ないため、つまむように持つのが一般的なのですが、何かをつまむという体勢で体重を支えるのは普通はできません。

単純に筋力が足りていないというのが要因の一つですが、もう一つの要因はその体勢に体が慣れていないというものです。

インカットの攻略のコツ

インカットのコツは、ボルダリング特有の持ち方をマスターすることです。

つまむ感じのピンチと、引っ掛ける感じのカチ持ちをマスターすれば、インカットは問題なく攻略できます。

インカットを攻略して、中級者を目指しましょう!

インカットの攻略のコツ1・ピンチ

普段のホールドで求められる力は、ホールド力と呼ばれる握力の一種で、ボルダリング業界では保持力と呼ばれる、上体を保持するための力です。

しかし、ピンチで求められるのは、ピンチ力と呼ばれるものを「つまむ」力です。

これは、4本の指と手首の屈伸を支える前腕筋群と、親指を内側に引き込む母指内転筋を鍛える必要があります。

ピンチ力を鍛えるには一般的にフィンガートレーナーが使われます。

ボルダリングに限らず、ピアノなど指先の力を使用する専門家がトレーニングで使用するものです。

インカットの攻略のコツ2・カチ持ち

インカット攻略のもう一つのホールドの持ち方が、カチ持ちです。英語ではクリンプ、フランス語ではアーケと呼ばれています。

カチ持ちのコツは、人差し指から小指まで4本の指の第2関節を曲げつつ、第一関節を内側に反らせるようにすることです。

その手の内の状態で、指先を引っ掛けます。最後に親指で蓋をします。こうすることで、4本の指に負荷がかからなくなり、筋肉がこわばることもなくなります。

早速実践でカチ持ちを試してみましょう!ピンチは使用頻度が高いので同時にトレーニングを行いましょう!

ます、次回ボルダリングジムにいったときから、カチ持ちを試してみましょう。

慣れの問題が強いので、積極的に試していくことで習得することが出来ます。

ピンチは使用頻度が高いので、同時にコツコツ鍛えていきましょう。

フィンガートレーナーを使用すると効率よく鍛えることができます。

カチ持ちとピンチを習得して、中級者を目指しましょう!

【ボルダリング】ホールドの種類の一覧!特徴とコツを解説!

その他、押さえておきたいホールドたち。
【ボルダリングのホールド】クリンプのコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!
【ボルダリングのホールド】ポケットのコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!
【ボルダリングのホールド】スローパーのコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!
【ボルダリングのホールド】ジャグ(ガバ、がば)のコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!

インカット!ボルダリングのホールド解説!

インカットのコツ解説

1 インカットの形状
2 インカットのコツ

1 インカットの形状

インカットは最も基本的なホールドであるジャグ(がば)を小さくしたような形状のホールドです。

ジャグ同様初心者向けのホールドですが、初級から中級まで良くあるホールドでもあります。

2 インカットのコツ

インカットは大きさにより掴み方が分かれます。

やや大きめのインカットは、ジャグと同様にがばでいけてしまいます。指ががっつり入るので安定感してホールドできます。

小さめのインカットは、カチもちでいきましょう。カチもちは、人差し指から小指までをこじんまりと集めて、第1関節は延ばして第2関節は曲げるようにして力をいれます。最後に親指で包み込むようにロックするとさほど力をかけずに安定させられます。

ボルダリングにはどんな種類のホールドがあるのか!?一覧!

初心者のためのボルダリングのホールドの種類一覧!

初心者のためのボルダリングのホールドの種類一覧!

ボルダリングは、壁に疑似的にホールドと呼ばれる勃起物が取り付けられています。

このホールドによって本物の岩場のようなとっかかりを再現して、クライミングが楽しめるようになっています。

それぞれのホールドには特徴があり、シンプルに握れるジャグ(ガバ)以外は、コツやトレーニングが必要になってきます。

以下の10種類のホールドを抑えれば、中級者を名乗って良いレベルになります。

まずは、ホールドにはどのような種類があるのかを見ていきましょう。

1 ジャグ(Jug)
2 インカット(Incut)
3 クリンプ(Crimp)
4 スローパー(Sloper)
5 ポケット(Pocket)
6 ピンチ(Pinche)
7 ピギーバック(Piggy back)
8 アーチ(arch)
9 クレーター(crater)
10 ウェーブ(Wave)

1 ジャグ(Jug)

ガバっと掴むことが出来るその形状から、別名「ガバ」とも呼ばれるホールドです。

初心者向けのホールドなので、本格的なところでは意外とお目にかからないホールドです。

10級~7級程度の低級課題で良く目にすることになります。

【ボルダリング】ジャグ(ガバ、がば)のコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!

2 インカット(Incut)

ジャグの小型版のような形状をしているホールドです。

ジャグはがっつり掴めますが、インカットは4本指を引っ掛けるくらいのものです。

ジャグほどではありませんが、しっかりと引っ掛けることが出来る形状なので、安定感は抜群です。

初級、中級、上級のすべてでお目にかかるホールドです。

【ボルダリングのホールド】インカットのコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!

3 クリンプ(Crimp)

クリンプは、指先程度しか引っ掛けることが出来ない小さいホールドです。指の力が必要になってきます。4本の指を引っ掛けて、それを親指で覆うようにして掴むことが多いホールドです。

【ボルダリングのホールド】クリンプのコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!

4 スローパー(Sloper)

スローパーは、下に傾斜しているホールドです。

スローパーは、ほかのホールドと異なり、指を引っ掛けることが出来ないため、初心者泣かせのホールドでもあります。

スローパーには、パーミングと呼ばれる手法を利用します。パーミングは、手のひら全体の摩擦を利用して、押さえ込むようにすることで、状態を安定させる技術です。高度な技術ですが、習得すれば非常に戦術の幅が広がります。

コツとトレーニングは以下にまとめてあるので、参考にしてみてください。

【ボルダリング】スローパーのコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!

5 ポケット(Pocket)

ポケットとは、指を引っ掛ける穴があいたホールドです。

ポケットに指を引っ掛けることで安定を図ります。なので、ポケットは握力および指の力が試されます。

指が数本入るポケット,ホールドから、指が1本しか入らない小さいポケット,ホールドまで様々なバリーエーションがあります。

指が入る本数により、ワンフィンガー、ツーフィンガー、スリーファインガーなどと言います。

【ボルダリングのホールド】ポケットのコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!

6 ピンチ(Pinche)

ピンチはスイートポテトのような形状で、親指とその他4本指で挟むように持つホールドです。

指の力のみでホールドする必要があるため、初心者には難易度とくに筋力面での難易度が高いホールドです。

ピンチは大きさにより難易度もまちまちですが、指単体の力が試されるため、指の力が弱い方は、個別のトレーニングが必要になります。
ピンチとは!?ボルダリングのホールド解説!そのコツとは!?

7 ピギーバック(Piggy back)

ざっくりいうと大きなホールドです。もっぱら足場として使用されます。

8 アーチ(arch)

名前の通りアーチの形状をしたホールドです。非常に安定したホールドですが、そんなにたくさん取り付けられているわけではありません。主に傾斜が厳しい上級ルートに休憩の目的で取り付けられています。

9 クレーター(crater)

月のクレーターをイメージさせるホールドです。形状が複雑なので、ひとそれぞれの使い方ができるのが特徴です。比較的安定感がある方です。

10 ウェーブ(Wave)

海の波をイメージさせるホールドです。波の形状がひっかけポイントを多く作り出しているので、使いやすいホールドです。