【アームレスリングのコツ】かみて、つりて、サイドプレッシャー

【アームレスリングのコツ】かみて、つりて、サイドプレッシャー

アームレスリングとは
アームレスリングのコツ
アームレスリングのコツ1・かみて(噛み手、フック)
アームレスリングのコツ2・つりて(吊り手、トップロール)
アームレスリングのコツ3・サイドプレッシャー
ベースとなるのは、筋力!
計画的に筋トレを行おう!
あとは実践あるのみ!

アームレスリングとは

アームレスリングは、卓上の格闘技とも呼ばれる、腕っぷしの強さを競い合う競技です。

世界的には結構な人気競技で、愛好者もたくさんいます。

日本では、女性にも人気があり、最近では、竹中絢音さんが圧倒的な強さを見せており、世界チャンピオンになったりしています。

アームレスリングは下半身の影響が少なめなので、年齢を重ねても継続できるので、ゴルフなどと同様に生涯スポーツとしても良いですね!

アームレスリングのコツ

アームレスリングは、腕っぷしを競い合うので、基本は筋力です。

しかし、いくつかのコツが存在します。

それは、いかに相手に力を出させないようにするか!

また、いかに自分が力を発揮できる状態にするか!

という点を、テクニックで補います。

主に、3つのコツが存在します。

コツであり必勝法です。

一つ目は噛み手と呼ばれるもので力が強い人に好まれます。

二つ目は吊り手と呼ばれるもので力がやや劣る人に好まれます。

三つめはサイドプレッシャーと呼ばれるものです。

アームレスリングのコツ1・かみて(噛み手、フック)

かみては、比較的力が強い人に好まれます。

フックは手首を巻くようにしていきます。

小さい頃腕相撲が強いかった人は、自然とこのテクを使っていることが多いように思います。

フック(かみて、噛み手)は、手首を巻くようにすることで、相手の手を相対的に自分の手よりも下にすることで、戦局を有利にすすめるテクニックです。

単に手首をまくだけだとあまり意味がありません。単なる力勝負になってしまうからです。

フック(かみて、噛み手)で重要になってくることは、手首をまくことで、自分を優位なポジションにもっていき、同時に相手を不利なポジションにもっていくことです。

アームレスリング初心者必見!フック(かみて、噛み手)のコツ

アームレスリングのコツ2・つりて(吊り手、トップロール)

トップロールとも呼ばれ、漢字で書くと吊り手とも書きます。

つりては、相手の手を吊り上げて、そこから相手の指先を制する戦法です。

相手の手首を上に向けさせることで、力が入りにくい状態に相手を追い込むことにより、より少ない力でより力の強い相手を制することができます。

吊り手を覚えるとアームレスリングの素人あるいは初心者であれば、体格が10キロ20キロ上でも余裕で勝利出来てしまいます。

アームレスリング必勝法!つりて(吊り手、トップロール)!

アームレスリングのコツ3・サイドプレッシャー

サイドプレッシャーは、シンプルに横に押すことです。

つりてやかみてのように手首をメインとしたテクニックではなく、シンプルに相手の手を横に倒すことを指します。

特に肩回りに筋力の強さが出るテクニックです。

ベースとなるのは、筋力!

アームレスリングは、とてもシンプルなスポーツです。

シンプル故に紛れがないため、単純な筋力がとても重要になってきます。

テクニックを効果的に発揮するためにも、基本的な最低限の筋力トレーニングは行っていく必要があります。

さて、アームレスリングの筋力の強さでまず一番に浮かぶのが手首の強さですね。

手首を曲げる筋肉が発達していればそれだけでかなり有利に戦局を勧められます。

他にも上腕二頭筋の強さも重要ですね。肘を曲げた状態を維持するときに最大の力を発揮してくれる筋肉です。この筋肉があれば、肘を90度に固定した状態を維持できます。この状態を維持できれば、それだけで負けにくくなりますし、攻めるときにも力を発揮しやすくなります。

胸筋も重要ですね。胸筋があれば、手を内側に固定できるので、力が伝わりやすくなります。これだけで、攻めも守りも強くなりますから、戦局を有利に進めることができるようになります。

広背筋が発達していると、引く力が強くなるため、相手の手をひきつけやすくなります。相手の手を引き付けるということは、自分は力が発揮しやすい状態を維持しつつ、相手は体が開いて力が発揮しにくい状態にすることが出来るということです。

もちろん瞬発力も重要ですが、単純な筋力がまず重要になってきます。

ベースとなる筋肉はまんべんなくバランスよく鍛えていくようにしましょう。

計画的に筋トレを行おう!

筋トレは、定期的に計画的に行っていきましょう。

例えば手首であれば、いくつかの効果的なトレーニングメニューが存在します。

【アームレスリングのトレーニングメニュー】手首の強化と筋トレ!トレーニングメニューの詳細は?

他にも強くしたい戦法によって、効果的なトレーニングが異なります。

例えばかみてであれば以下のようなトレーニングが良いです。

【アームレスリングのトレーニングメニュー】かみて(噛み手、フック)のための手首強化!

【アームレスリングのトレーニングメニュー】かみて(噛み手、フック)のための腕力強化!

【アームレスリングのトレーニングメニュー】かみて(噛み手、フック)のための胸筋強化!

【アームレスリングのトレーニングメニュー】かみて(噛み手、フック)のための背筋強化!

あとは実践あるのみ!

さあ、頭でコツを覚えたらあとは実践あるのみです。

実践を繰り返し行っていくことで、コツを体にしみこませることが出来ます。

一瞬で勝負が決まってしまうアームレスリングだからこそ、コツを体にしみこませる必要があるのです。

一瞬でコツを引き出せるように、実践を繰り返していきましょう。

アームレスリングwiki
アームレスリング

【アームレスリングのトレーニングメニュー】かみて(噛み手、フック)のための背筋強化!

【アームレスリングのトレーニングメニュー】かみて(噛み手、フック)のための胸筋強化!

アームレスリングとは
かみて(噛み手、フック)とは
筋力がモノをいう
背筋を鍛えて腕をがっつりひきつける
かみて(噛み手、フック)のための筋トレ 逆手懸垂
かみて(噛み手、フック)のための筋トレ 腕立て伏せ
スーパーセット法
早速実践しましょう

以前の記事はこちら。まずは、手首のトレーニングが最優先です。

【アームレスリングのトレーニングメニュー】かみて(噛み手、フック)のための手首強化!

次に、腕力の強化です。

【アームレスリングのトレーニングメニュー】かみて(噛み手、フック)のための腕力強化!

次に、胸筋の強化です。

【アームレスリングのトレーニングメニュー】かみて(噛み手、フック)のための胸筋強化!

アームレスリングとは




アームレスリングは、卓上の格闘技とも呼ばれる、腕っぷしの強さを競い合う競技です。

世界的には結構な人気競技で、愛好者もたくさんいます。

日本では、女性にも人気があり、最近では、竹中絢音さんが圧倒的な強さを見せており、世界チャンピオンになったりしています。

アームレスリングは下半身の影響が少なめなので、年齢を重ねても継続できるので、ゴルフなどと同様に生涯スポーツとしても良いですね!

かみて(噛み手、フック)とは

かみては、2大必勝法のひとつで、相手の手首に対して、噛みつくような体勢を取ることからこう呼ばれています。

手首を巻きながら相対的に自分の手の指を相手の手の指よりも上に持っていくことで、力を効果的に発揮します。

劣勢になった時に相手の手をキャッチするときにも効果的です。

アームレスリング初心者必見!フック(かみて、噛み手)のコツ

筋力がモノをいう

かみては、比較的筋力にモノを言わせる戦法です。

アームレスリングの必勝法の中でも、最も腕力を必要とします。

やや、筋力に不安がある方は、つりて(吊り手、トップロール)で攻めるのが良いでしょう。

アームレスリングでは、上半身一体すべての筋力を動員します。

まず、力が作用するのが前腕筋群です。

次に力の四点となる、上腕の筋肉たちがいます。

最後に、爆発的なパワーを発揮する体幹の筋肉たちがとどめを刺してくれます。

前腕筋群を鍛えることで、全身の筋力をもれなく発揮できるようになります。

上腕の筋肉を鍛えることで、体幹の筋肉のパワーを、効果的に発揮できるようになります。特に肘の角度を90度に保ち続けることが大切です。

体幹の筋肉を鍛えることで、エンジンとなるパワーが出来当てります。




背筋を鍛えて腕をがっつりひきつける

広背筋は、腕を体にひきつけるために使われる筋肉です。

引く力の代表ともいわれるレスリングや柔道をしている人は、総じて広背筋が発達していますね。

少し前に一世を風靡したレスリング出身の山本キッド選手などは凄い広背筋をしていましたね。

広背筋が強いと腕を自分の体に引き寄せることが出来ます。

最終的に最も力を発揮してくれるのが広背筋です。体幹のパワーの源です。

手首で有利に立ち、上腕と胸筋で固定し、最後の一押しを決めるのが背筋です。

広背筋をみっちり鍛えることで勝つ力を養うことができます。

かみて(噛み手、フック)のための筋トレ 逆手懸垂

広背筋を最も効率よく鍛えるのが、逆手懸垂です。

・まず、懸垂が出来るようなバーを手の平を自分に見せた状態で握ります。このとき、手の幅は肩幅程度にすることがポイントです。

・そのままゆっくりと体を引き上げます。この時、腕ではなく、背中全体を使って引き上げることを意識することがポイントです。

・体を上げきったら、そのままゆっくりと下ろしていきます。

限界まで追い込みましょう。

逆手懸垂は、広背筋にダイレクトに効くだけでなく、かみてで重要な上腕二頭筋も同時に鍛えてくれる点がとても良いです。

積極的にトレーニングメニューに組み込みましょう!

かみて(噛み手、フック)のための筋トレ 腕立て伏せ

腕立て伏せは、胸筋を効果的に鍛えてくれます。

・まず、両手を胸の前に置き、肩幅よりやや広くします。

・肘をゆっくりまげ、体を下ろしていきます。

・体を床すれすれまで下ろしたら、ゆっくりとスタートポジションに戻していきます。

これを繰り返します。

30回×3セット程度行いましょう。できれば50回程度まで回数を伸ばせると良いです。

スーパーセット法

ここでワンポイント付け加えたいのが、拮抗筋にあたるそらせる動作に使われる筋肉を同時に鍛えることです。

スーパーセット法と呼ばれる手法で、例えば、上腕二頭筋を鍛えたら同時に上腕三頭筋を鍛えるという手法です。

スーパーセット法のメリットは、筋トレ時間の短縮と、筋肉バランスを整えることにより力を発揮しやすくすること、ケガの防止です。

一回上腕二頭筋を鍛えると1分2分休憩が必要になりますよね。

その休憩時間を上腕三頭筋の筋トレにあてることで、休憩時間を有効活用します。

実質1/2の筋トレ時間で済むので、大変効率的にトレーニングが可能になります。

次に筋力バランスについてです。

拮抗筋との筋力バランスが悪いとパフォーマンスを十分に発揮できなくなります。

よくパンチ力は、背筋力だなどと言いますが、押し出している力のはずが、逆に引く力の方が大事だったりします。

拮抗する筋肉が弱すぎると、本来効果を発揮したい筋肉自体がどんなに力があっても、その力を十二分には発揮出来なくなってしまいます。

拮抗筋はきっちりと鍛えていきましょう。

また、筋肉の拮抗筋のバランスが悪いと、骨折をしやすくなってしまいます。

他にも腱を痛めやすかったりと、あまり良いことはないので、筋肉のバランスはしっかりととっていきましょう。

早速実践しましょうかみて(噛み手、フック)のための筋トレ

スポーツジムに通っている方は、ジムで行っても良いですが、可能であれば自宅でトレーニングできる環境を作ることをお勧めします。

アームレスリングは、通常の筋トレ器具以外にも専門的な器具を使ったりと、結構特殊な分野なので、本格的にトレーニングしている方は、自宅に良いトレーニング環境を準備している方が多いです。

がっつり始めたいあなたも、自宅環境を整えてみてはどうでしょうか?

ディップスや逆手懸垂などマルチに使用できる器具を準備するのが良いでしょう!

早速、背筋を鍛えてアームレスラーとしてワンランクアップしましょう!

アームレスリングwiki
アームレスリング

【アームレスリングのトレーニングメニュー】かみて(噛み手、フック)のための胸筋強化!

【アームレスリングのトレーニングメニュー】かみて(噛み手、フック)のための胸筋強化!

アームレスリングとは
かみて(噛み手、フック)とは
筋力がモノをいう
胸筋を鍛えて手を巻き込む
かみて(噛み手、フック)のための筋トレ ディップス
かみて(噛み手、フック)のための筋トレ 逆手懸垂
スーパーセット法
早速実践しましょう

以前の記事はこちら。まずは、手首のトレーニングが最優先です。

【アームレスリングのトレーニングメニュー】かみて(噛み手、フック)のための手首強化!

次に、腕力の強化です。

【アームレスリングのトレーニングメニュー】かみて(噛み手、フック)のための腕力強化!

後続記事はこちらです。

【アームレスリングのトレーニングメニュー】かみて(噛み手、フック)のための背筋強化!

アームレスリングとは

アームレスリングは、卓上の格闘技とも呼ばれる、腕っぷしの強さを競い合う競技です。

世界的には結構な人気競技で、愛好者もたくさんいます。

日本では、女性にも人気があり、最近では、竹中絢音さんが圧倒的な強さを見せており、世界チャンピオンになったりしています。

アームレスリングは下半身の影響が少なめなので、年齢を重ねても継続できるので、ゴルフなどと同様に生涯スポーツとしても良いですね!

かみて(噛み手、フック)とは

かみては、2大必勝法のひとつで、相手の手首に対して、噛みつくような体勢を取ることからこう呼ばれています。

手首を巻きながら相対的に自分の手の指を相手の手の指よりも上に持っていくことで、力を効果的に発揮します。

劣勢になった時に相手の手をキャッチするときにも効果的です。

アームレスリング初心者必見!フック(かみて、噛み手)のコツ

筋力がモノをいう

かみては、比較的筋力にモノを言わせる戦法です。

アームレスリングの必勝法の中でも、最も腕力を必要とします。

やや、筋力に不安がある方は、つりて(吊り手、トップロール)で攻めるのが良いでしょう。

アームレスリングでは、上半身一体すべての筋力を動員します。

まず、力が作用するのが前腕筋群です。

次に力の四点となる、上腕の筋肉たちがいます。

最後に、爆発的なパワーを発揮する体幹の筋肉たちがとどめを刺してくれます。

前腕筋群を鍛えることで、全身の筋力をもれなく発揮できるようになります。

上腕の筋肉を鍛えることで、体幹の筋肉のパワーを、効果的に発揮できるようになります。特に肘の角度を90度に保ち続けることが大切です。

体幹の筋肉を鍛えることで、エンジンとなるパワーが出来当てります。




胸筋を鍛えて手を巻き込む

胸筋が強いと、腕を内側に巻いた状態に固定できるので、不利な状態になりません。

逆に胸筋が弱いと体が開いてしまい、体幹の力を十分に発揮し辛くなります。

今まで、力が作用する前腕から始まり、上腕ときましたね。

まだ見ていない方は、こちらから!

【アームレスリングのトレーニングメニュー】かみて(噛み手、フック)のための手首強化!

【アームレスリングのトレーニングメニュー】かみて(噛み手、フック)のための腕力強化!

胸筋の中でも特に巻き込む動作をトレーニングすることで、前腕や上腕で優位に立った状態からさらに、体幹の力を引き出して勝利につなげていくことが出来るようになります!

手首から始まり、腕力で固定し、胸筋で巻き込むと来ていますが、一貫して重要なのは、力が発揮しやすい状況に持ち込むためのトレーニングが重要ということです。

胸筋と言っても、腕立てやベンチプレスのように押し出す力の使い方ではなく、アームレスリングでは、引き込む力の使い方を鍛えることが重要です。

アームレスリングは、自分の体側に向けて相手の手を倒していきます。

外側に開く力ではなく巻き込む力が重要です。

巻き込んでそして維持する力が重要です!

特に、腕立てのように肩まで手を挙げた状態ではなく、アームレスリングではそのスタートポジションのように腕は下に向いています。

この状態では、胸筋の中でも下の部分の筋力が働きます。

この大胸筋下部を鍛えるのに最適なのが、ディップスです!




かみて(噛み手、フック)のための筋トレ ディップス

では、ディップスの手順を見ていきましょう。ディップスには以下のような器具または代替できる環境が必要です。

・まず、バーをしっかり握って脇を少しだけ開きます。

・次に、ヒザを曲げて身体を前傾させます。

・前傾姿勢をキープしたままヒジを曲げて身体を下げます。

・胸がバーと同じ高さになるくらいまで下げきったら元の位置まで戻していきます。

かなり負荷が高い種目ですが、同時に上腕三頭筋もかなり鍛えられるので、とても効率が良い種目です。

かみて(噛み手、フック)のための筋トレ 逆手懸垂

さて、ディップスで鍛えられる「胸筋」の拮抗筋は、「広背筋」です!

この広背筋をもっとも効率よく鍛えられるのが「逆手懸垂」です。

・まず、懸垂が出来るようなバーを手の平を自分に見せた状態で握ります。このとき、手の幅は肩幅程度にすることがポイントです。

・そのままゆっくりと体を引き上げます。この時、腕ではなく、背中全体を使って引き上げることを意識することがポイントです。

・体を上げきったら、そのままゆっくりと下ろしていきます。

限界まで追い込みましょう。

逆手懸垂は、広背筋にダイレクトに効くだけでなく、かみてで重要な上腕二頭筋も同時に鍛えてくれる点がとても良いです。

積極的にトレーニングメニューに組み込みましょう!

スーパーセット法

ここでワンポイント付け加えたいのが、拮抗筋にあたるそらせる動作に使われる筋肉を同時に鍛えることです。

スーパーセット法と呼ばれる手法で、例えば、上腕二頭筋を鍛えたら同時に上腕三頭筋を鍛えるという手法です。

スーパーセット法のメリットは、筋トレ時間の短縮と、筋肉バランスを整えることにより力を発揮しやすくすること、ケガの防止です。

一回上腕二頭筋を鍛えると1分2分休憩が必要になりますよね。

その休憩時間を上腕三頭筋の筋トレにあてることで、休憩時間を有効活用します。

実質1/2の筋トレ時間で済むので、大変効率的にトレーニングが可能になります。

次に筋力バランスについてです。

拮抗筋との筋力バランスが悪いとパフォーマンスを十分に発揮できなくなります。

よくパンチ力は、背筋力だなどと言いますが、押し出している力のはずが、逆に引く力の方が大事だったりします。

拮抗する筋肉が弱すぎると、本来効果を発揮したい筋肉自体がどんなに力があっても、その力を十二分には発揮出来なくなってしまいます。

拮抗筋はきっちりと鍛えていきましょう。

また、筋肉の拮抗筋のバランスが悪いと、骨折をしやすくなってしまいます。

他にも腱を痛めやすかったりと、あまり良いことはないので、筋肉のバランスはしっかりととっていきましょう。

早速実践しましょう

スポーツジムに通っている方は、ジムで行っても良いですが、可能であれば自宅でトレーニングできる環境を作ることをお勧めします。

アームレスリングは、通常の筋トレ器具以外にも専門的な器具を使ったりと、結構特殊な分野なので、本格的にトレーニングしている方は、自宅に良いトレーニング環境を準備している方が多いです。

がっつり始めたいあなたも、自宅環境を整えてみてはどうでしょうか?

まずは、ディップスを出来る環境を整えましょう!

ディップス専門の器具か、ディップスや逆手懸垂などマルチに使用できる器具を準備するのが良いでしょう!

早速、胸筋を鍛えてアームレスラーとしてワンランクアップしましょう!

アームレスリングwiki
アームレスリング

【アームレスリングのトレーニングメニュー】かみて(噛み手、フック)のための腕力強化!

【アームレスリングのトレーニングメニュー】かみて(噛み手、フック)のための腕力強化!

アームレスリングとは
かみて(噛み手、フック)とは
筋力がモノをいう
かみて(噛み手、フック)のための筋トレ ダンベルスピネイトカール
かみて(噛み手、フック)のための筋トレ ダイヤモンドプッシュアップ
スーパーセット法
早速実践しましょうかみて(噛み手、フック)のための筋トレ 

以前の記事はこちら。まずは、手首のトレーニングが最優先です。

【アームレスリングのトレーニングメニュー】かみて(噛み手、フック)のための手首強化!

後続記事はこちらです。

【アームレスリングのトレーニングメニュー】かみて(噛み手、フック)のための胸筋強化!

【アームレスリングのトレーニングメニュー】かみて(噛み手、フック)のための背筋強化!

アームレスリングとは

アームレスリングは、卓上の格闘技とも呼ばれる、腕っぷしの強さを競い合う競技です。

世界的には結構な人気競技で、愛好者もたくさんいます。

日本では、女性にも人気があり、最近では、竹中さんが圧倒的な強さを見せており、世界チャンピオンになったりしています。

アームレスリングは下半身の影響が少なめなので、年齢を重ねても継続できるので、ゴルフなどと同様に生涯スポーツとしても良いでしょう。




かみて(噛み手、フック)とは

かみては、2大必勝法のひとつで、相手の手首に対して、噛みつくような体勢を取ることからこう呼ばれています。

手首を巻きながら相対的に自分の手の指を相手の手の指よりも上に持っていくことで、力を効果的に発揮します。

劣勢になった時に相手の手をキャッチするときにも効果的です。

アームレスリング初心者必見!フック(かみて、噛み手)のコツ

筋力がモノをいう

かみては、比較的筋力にモノを言わせる戦法です。

アームレスリングの必勝法の中でも、最も腕力を必要とします。

やや、筋力に不安がある方は、つりて(吊り手、トップロール)で攻めるのが良いでしょう。

アームレスリングでは、上半身一体すべての筋力を動員します。

まず、力が作用するのが前腕筋群です。

次に力の四点となる、上腕の筋肉たちがいます。

最後に、爆発的なパワーを発揮する体幹の筋肉たちがとどめを刺してくれます。

前腕筋群を鍛えることで、全身の筋力をもれなく発揮できるようになります。

上腕の筋肉を鍛えることで、体幹の筋肉のパワーを、効果的に発揮できるようになります。特に肘の角度を90度に保ち続けることが大切です。

体幹の筋肉を鍛えることで、エンジンとなるパワーが出来当てります。

かみて(噛み手、フック)のための筋トレ ダンベルスピネイトカール

かみてでは、上腕の中でも上腕二頭筋短頭の筋力が最も大切です。

巻き込むような動作では、上腕二頭筋短頭ががっつり働いてくれます。

上腕二頭筋短頭を効率よく鍛えるトレーニングメニューが、上腕二頭筋短頭

実際にかみてを極めるときのような、捻り上げるような動きをそのまま地で行うトレーニングです。

では、ダンベルスピネイトカールのやり方を見ていきましょう

・まず、両手にダンベルを持って立ちます。この時親指が前、小指が後ろになるようにします。

・次に片手ずつ腕を身体側へひねるようにダンベルを持ち上げます。この時小指が親指よりも上に行くくらいまで手をひねり、上腕二頭筋短頭に効かせます。

・最後に元の位置に下げます。

これを繰り返します。

20回くらいできる重量で、20回×3セットほど行いましょう。

かみて(噛み手、フック)のための筋トレ ダイアモンドプッシュアップ

次に、拮抗筋である上腕三頭筋を鍛えます。

ダイヤモンドプッシュアップは、腕立て伏せの一種です。

上腕三頭筋にダイレクトに効かせることが出来ます。

では、ダイヤモンドプッシュアップのやり方を見ていきます。

・まず、両手を胸の前に置き、両手の人差し指と親指でダイア型をつくります。その他は通常の腕立て伏せの体勢をとります。

・肘をゆっくりまげ、体を下ろしていきます。

・体を床すれすれまで下ろしたら、ゆっくりとスタートポジションに戻していきます。

これを繰り返します。

10回×3セット程度行いましょう。

スーパーセット法

ここでワンポイント付け加えたいのが、拮抗筋にあたるそらせる動作に使われる筋肉を同時に鍛えることです。

スーパーセット法と呼ばれる手法で、例えば、上腕二頭筋を鍛えたら同時に上腕三頭筋を鍛えるという手法です。

スーパーセット法のメリットは、筋トレ時間の短縮と、筋肉バランスを整えることにより力を発揮しやすくすること、ケガの防止です。

一回上腕二頭筋を鍛えると1分2分休憩が必要になりますよね。

その休憩時間を上腕三頭筋の筋トレにあてることで、休憩時間を有効活用します。

実質1/2の筋トレ時間で済むので、大変効率的にトレーニングが可能になります。

次に筋力バランスについてです。

拮抗筋との筋力バランスが悪いとパフォーマンスを十分に発揮できなくなります。

よくパンチ力は、背筋力だなどと言いますが、押し出している力のはずが、逆に引く力の方が大事だったりします。

拮抗する筋肉が弱すぎると、本来効果を発揮したい筋肉自体がどんなに力があっても、その力を十二分には発揮出来なくなってしまいます。

拮抗筋はきっちりと鍛えていきましょう。

また、筋肉の拮抗筋のバランスが悪いと、骨折をしやすくなってしまいます。

他にも腱を痛めやすかったりと、あまり良いことはないので、筋肉のバランスはしっかりととっていきましょう。

早速実践しましょうかみて(噛み手、フック)のための筋トレ

スポーツジムに通っている方は、ジムで行っても良いですが、可能であれば自宅でトレーニングできる環境を作ることをお勧めします。

上腕二頭筋はそこまで大きい筋肉ではないので、なかなか発達しないという特徴があります。

追い込むためには、かなりのトレーニング量が必要です。

なので、気づいたときにいつでもできる環境をつくっていくことが最適です。

基本的にダンベルがあれば、良いです。

20キロ程度までは、割とすぐにもてるようになってくるので、今は5キロ10キロしかできなくても、先を見越して、重めのセットを準備しましょう。

さて、あとはトレーニングあるのみです!

上腕を強化することで、アームレスリング愛好者の中でも頭一つ出た存在になれますよ!張り切ってトレーニングしましょう!

【アームレスリングのトレーニングメニュー】かみて(噛み手、フック)のための手首強化!

【アームレスリングのトレーニングメニュー】かみて(噛み手、フック)のための手首強化!

アームレスリングとは
かみて(噛み手、フック)とは
筋力がモノをいう
まずは、力が作用する手首を鍛える
かみて(噛み手、フック)のための筋トレ リストカール
かみて(噛み手、フック)のための筋トレ リバースリストカール
スーパーセット法
早速実践しましょう

アームレスリングとは

アームレスリングは、卓上の格闘技とも呼ばれる、腕っぷしの強さを競い合う競技です。

世界的には結構な人気競技で、愛好者もたくさんいます。

下半身の影響が少なめなので、年齢を重ねても継続できるので、生涯スポーツとしても良いでしょう。

かみて(噛み手、フック)とは

かみては、2大必勝法のひとつで、相手の手首に対して、噛みつくような体勢を取ることからこう呼ばれています。

手首を巻きながら相対的に自分の手の指を相手の手の指よりも上に持っていくことで、力を効果的に発揮します。

劣勢になった時に相手の手をキャッチするときにも効果的です。

アームレスリング初心者必見!フック(かみて、噛み手)のコツ

筋力がモノをいう

かみては、比較的筋力にモノを言わせる戦法です。

アームレスリングの必勝法の中でも、最も腕力を必要とします。

やや、筋力に不安がある方は、つりて(吊り手、トップロール)で攻めるのが良いでしょう。

筋力は、上半身一体すべての筋力を動員します。

まず、力が作用する前腕筋群。

次に力の四点となる、上腕の筋肉たち。

最後に、爆発的なパワーを発揮する体幹の筋肉たち。

前腕筋群を鍛えることで、全身の筋力をもれなく発揮できるようになります。

上腕の筋肉を鍛えることで、体幹の筋肉のパワーを、効果的に発揮できるようになります。

体幹の筋肉を鍛えることで、エンジンとなるパワーが出来当てります。

まずは、力が作用する手首を鍛える

自分の持つポテンシャルを発揮しやすくするために、まずは、前腕筋群を鍛えましょう。

トップロールで手首を返されたりしないように、きっちり巻いた状態にするために、巻く力を鍛える必要があります。

かみて(噛み手、フック)のための筋トレ リストカール

前腕筋群を最も効率的に、そしてダイレクトに鍛えることができる筋トレ種目がリストカールです。

まず、手順を確認しましょう。

手のひらを天井に向けて前腕を固定してダンベルを握ります。

ゆっくりと手首を反らすことでダンベルを下げます。これがスタートポジションです。

できるだけ反らしたら、手首を返してダンベルを巻き上げます。

ゆっくりとダンベルを下げていきます。

これを1回として、20回×3セットくらい行いましょう。

リストカールで前腕の巻き込む動作に使われる筋肉が鍛えられると、噛み手の攻めが強くなります。

内側に内側に引き込むため筋力がきっちり鍛えられます。

かみて(噛み手、フック)のための筋トレ リバースリストカール

さて、かみてのために前腕の巻く筋力をきたえるとき同時に鍛えておきたいのが、前腕の中でもそらせる筋肉です。

まず、手順を確認しましょう。

手のひらを床に向けて前腕を固定してダンベルを握ります。

ゆっくりと手首を巻くことでダンベルを下げます。これがスタートポジションです。

できるだけたらしたら、手首を返してダンベルをそらせ上げます。

ゆっくりとダンベルを下げていきます。

これを1回として、20回×3セットくらい行いましょう。

スーパーセット法

ここでワンポイント付け加えたいのが、拮抗筋にあたるそらせる動作に使われる筋肉を同時に鍛えることです。

スーパーセット法と呼ばれる手法で、例えば、上腕二頭筋を鍛えたら同時に上腕三頭筋を鍛えるという手法です。

スーパーセット法のメリットは、筋トレ時間の短縮と、筋肉バランスを整えることにより力を発揮しやすくすること、ケガの防止です。

一回上腕二頭筋を鍛えると1分2分休憩が必要になりますよね。

その休憩時間を上腕三頭筋の筋トレにあてることで、休憩時間を有効活用します。

実質1/2の筋トレ時間で済むので、大変効率的にトレーニングが可能になります。

次に筋力バランスについてです。

拮抗筋との筋力バランスが悪いとパフォーマンスを十分に発揮できなくなります。

よくパンチ力は、背筋力だなどと言いますが、押し出している力のはずが、逆に引く力の方が大事だったりします。

拮抗する筋肉が弱すぎると、本来効果を発揮したい筋肉自体がどんなに力があっても、その力を十二分には発揮出来なくなってしまいます。

拮抗筋はきっちりと鍛えていきましょう。

また、筋肉の拮抗筋のバランスが悪いと、骨折をしやすくなってしまいます。

他にも腱を痛めやすかったりと、あまり良いことはないので、筋肉のバランスはしっかりととっていきましょう。

早速実践しましょう

スポーツジムに通っている方は、ジムで行っても良いですが、可能であれば自宅でトレーニングできる環境を作ることをお勧めします。

前腕というのはよく使われている筋肉のため、なかなか発達しないという特徴があります。

追い込むためには、かなりのトレーニング量が必要です。

なので、気づいたときにいつでもできる環境をつくっていくことが最適です。

基本的にダンベルがあれば、良いです。

30キロ程度までは、割とすぐにもてるようになってくるので、今は5キロ10キロしかできなくても、先を見越して、重めのセットを準備しましょう。

さて、あとはトレーニングあるのみです!

まずは前腕を強化することで、素人には負けなくなりますよ!はりきってトレーニングしましょう!

アームレスリングのためのトレーニングと筋トレ!まずは手首の強化!トレーニングメニューの詳細は?