リードクライミングの始め方!初心者のハードルが高いですが、さくっと始めましょう!

リードクライミングの始め方

スポーツクライミングが東京オリンピックの正式種目に選ばれてからというもの、クライミング全般の人気が上昇していますよね。

一番メジャーどころはボルダリングですね。リードクライミングなどなど。

ボルダリングは、手ぶらですぐに始められます。

リードクライミングは、ボルダリングと異なり、道具を必要とするため、手ぶらでGOというわけにはいきません。

必要な道具など軽くおさらいしてから、準備のとりかかりましょう。

1 リードクライミングとは
2 服装
3 シューズ
4 チョークバッグ
5 ハーネス
6 ビレイ
7 まずは、室内でスタートしましょう

1 リードクライミングとは

リードクライミングとは、フリークライミングの一種です。

フリークライミングとはその名の通り、道具を使わない「フリー」な状態、つまり、5体の力とテクニックだけを駆使して岩を攻略しようとするスポーツです。フリークライミングには、2つの種類があります。

1つは、4~5メートル程度の岩を登る、ボルダリングです。
1つは、ロープをつけて高い壁を登る、ルートクライミングです。

ルートクライミングは更に以下の2つに分類されます。

1つは、あらかじめ最上部に設置されたビレイを頼りに行う、トップロープクライミングです。

さて、ようやく出てきましたね。
もう一つが、クライマーとビレイヤーの二人一組で行う、リードクライミングです。

その都度ロープをかけながら登る種目を、リードクライミングと言います。クライマーとビレイヤーの二人一組で行います。

それぞれ、以下の役割を持ちます。
クライマー:壁にかけてあるカラビナと呼ばれる開閉可能な固定具にロープを引っ掛けながら登る役割です。
ビレイヤー:クライマーの登り方に合わせて、ロープを調整する役割です。

2 服装

ボルダリング同様、服装は自由です。動きやすい服装でいきましょう。
趣味として始めたい、初心者のためのボルダリングの始め方

3 シューズ

クライミングシューズシューズとチョークはレンタルできますので、動きやすい服装があれば十分です。そのまま近くのクライミングジムに行ってみましょう。

4 チョークバッグ

まず、チョークというのは、手のすべり止めに使用します。クライミングをしていると汗をかいてきます。その汗によって手がすべりやすくなってしまうのですが、このすべりを軽減するために使用するのがこのチョークというものです。

そのチョークを携帯するためのものがチョークバッグになります。

クライミング中にチョークバックに手を入れてチョークを付ける動作を、クライミング用語でチョークアップと呼びます。

チョークバックには、携帯用と、備え付け用の2つがありますが、リードクライミングは登りながら行うため、腰につける携帯用を使用します。

5 ハーネスとロープ

ハーネスとは、命綱であるロープと自分の体とを繋ぐものです。

クライミングのCMとかで目にしたことがある方は多いと思います。「ファイト~」「いっぱぁぁぁつ」のやつ。そうリポビタンDですよ。

命綱として使用するものなので、自分の体に合ったものを使うことが重要です。

ロープは、実際に命綱となります。このロープを、壁についている支点となる部位にひっかけながら、身の安全を確保しつつ登っていきます。

6 ビレイ

ビレイとは、ビレイヤーが使用するものです。ビレイをつかって、クライマーのロープを下で操作します。

ビレイというのは、クライマーの命を守るためのものです。リードクライミングのできるジムでは、ビレイ講習会を開いているところもあります。ビレイを習得することで、リードクライミングがぐっと上達して、パートナーとの絆も深まります。

7 まずは、室内でスタートしましょう

リードクライミングは、2人一組でないと登れないことから、敷居が高いと感じてしまう人も多いと思います。

ですが、ボルダリング同様、特に準備するものはありませんし、体験に通えば、インストラクターの方が一緒に行ってくれます。リードクライミングを扱っているジムでは、体験などですべてレンタルで準備してくれます。

ハーネスやロープのサイズも適切なものを選んでくれるので、安心していっちゃいましょう。



クライミングの大会のアルファベットの意味は?初心者のためのクライミング用語!

こんにちは、アールです。クライミングを始めて少しすると、大会とかが気になりだしますよね。

大会情報などを探すと、「クライミング大会 L」とか謎のアルファベットが後ろについてきます。とりあえず、略語かなと推測はできます。例えば、ボルダリングから入られた方は、Bは何となくボルダリングだろうなと推測がつくと思いますが、ほかは何のことだろうと思いますよね。

今日はアルファベットが何の略なのかをご紹介します。

クライミング大会情報でよく見る(LBSC)

1 L
2 B
3 S
4 C

1 L

これは、リードクライミング(Lead climbing)です。頭文字のLがこれを現します。
リードクライミングの始め方!初心者のハードルが高いですが、さくっと始めましょう!

2 B

これは、ボルダリング(Bouldering)です。頭文字のBがこれを現します。
趣味として始めたい、初心者のためのボルダリングの始め方!必要なもの!マナー!料金!

3 S

これは、スピード(Speed)です。頭文字のSがこれを現します。

4 C

これは、複合(Composite)です。頭文字のCがこれを現します。

ちょっとスッキリしましたか?略語って意外と解説してくれてなくで困るときありますよね。

クライミングやボルダリング上達!トゥフックを安定させるコツや筋トレ講座!

トゥフックを安定させるための筋トレ

ボルダリングの中級者ムーブにトゥフックというものがあります。

以前ご紹介したヒールフックと比べると少々難易度が高くなります。
クライミングやボルダリング上達!ヒールフックを安定させるコツと筋トレ講座!

稼働させる筋肉の大きさが小さくなるためです。

トゥフックで使用する筋肉は、ふくらはぎの筋肉です。

しっかり鍛えていきましょう。

カーフレイズ

カーフレイズは、ふくらはぎを重点的に鍛えるトレーニング種目です。

ふくらはぎは毎日の歩行では必要最低限しか鍛えられないので、意識して鍛えてあげる必要があります。

カーフレイズの正しいトレーニング法です。

①まず、姿勢をただして肩幅程度に足を広げて立ちます。
②そのまま、ゆっくりかかとを上げます。
③上げきったところで一秒静止します。
④そのままゆっくりとかかとを床に着けます。

この一連の動きを位置セットとして30回✖3行いましょう。

ただし、ヒールフックを安定させるためには、自重だけの両足カーフレイズでは、やや負荷が弱いです。カーフレイズが簡単にできる方は、次の片足カーフレイズに挑戦しましょう。

片足カーフレイズ

カーフレイズでは負荷がやや足りないので、自重を活かして負荷をかけて行きます。

片足カーフレイズの正しいトレーニング法です。

①まず、姿勢をただして片方の足に体重をかけます
②バランスを取りながらもう片方の足を軽く曲げて、片足立ちの状態になります
③そのまま、カーフレイズの要領でゆっくりかかとを上げます。
④上げきったところで一秒静止します。
⑤そのままゆっくりとかかとを床に着けます。

この一連の動きを位置セットとして30回✖3行いましょう。

片足カーフレイズを行う筋力があれば、ヒールフックを安定させるには十分です。トゥフックに必要な筋肉をつけて、ムーブの基礎を作りましょう。

ボルダリング!腕力!脚力!マッチョだけど体重が軽い人が最強!

 

クライミングやボルダリング上達!ヒールフックを安定させるコツと筋トレ講座!

ヒールフックを得意技にするには、ハムストリングを鍛えましょう!

こんにちは、アールです。

ボルダリングを始めて少しすると、なんだかうまく登れなくなってきます。最初は、すいすいグレードが上がっていたけど、気づいたら1ヵ月もクリアできていないなんてことも。

それは、何となく登れるラインをオーバーしてきたからに他なりません。

特に5~7級あたりで停滞している方は、フック系のムーブが出来ていないことが原因になっている方が多いように見えます。

フック系ムーブは、かかとを使用するヒールフックとつま先を利用するトゥーフックがあります。今日はかかとを使用するヒールフックのコツに関してご紹介したいと思います。

ヒールフックは、かかとをホールドに引っ掻けて上体を安定させるムーブです。

ヒールフックが出来ていない方は、外から見ていてまず筋力不足だなと感じることが多いです。柔軟性の問題でその体勢まで持っていけない方もいますが、ここでは割愛します。

かかとを引っ掻けるということは、膝をまげてかかとを腿の裏側に引き付ける動作を行うということです。

腿の裏側の筋肉郡を総称してハムストリングといいますが、このハムストリングを鍛えることで、安定しなかったヒールフックを安定刺せるとこが出来ます。

ヒールフックは、一定の筋力があれば安定させることが出来ます。テクニックやコツではなく筋力勝負な事柄なので、さくっと筋トレしてマスターしちゃいましょう!

ハムストリングを鍛えるにはいろいろな種目がありますが、シンプルにスクワット系の種目をやるのが王道です。他にもマイナーなトレーニング法は多岐にわたってありますが、いろいろ手を出すと効果が出るまでに時間がかかったり、場合によってはトレーニングのやり損になる可能性もあります。

スクワットとワイドスタンススクワットをやっていれば十分です。頑張ってみましょう!

1 正しいスクワット
2 正しいワイドスタンススクワット

1 正しいスクワット

正しいスクワットのやり方

まず、足を肩幅程度広げます。
次に、つま先を膝の曲がる方向を合わせます。
背中を一直線に保ちながら、ゆっくりと腰を落としていきます。
③の時、重心はかかとに置きます。
腿と床が平行になるまで下げ、一瞬静止した後、元に戻します。

この動作を30回繰り返します。
20秒のインターバルを挟んで、3セット行います。

物足りない方は、両手に2リットルのペットボトルを持って行います。約4キロ負荷を上乗せできます。

それでも物足りない方は、人をおんぶした状態で行いましょう。ここまでできれば、ボルダリングに必要な筋力レベルとしては十分過ぎるほどです。

2 正しいワイドスタンススクワット

正しいワイドスタンススクワットのやり方

ワイドスタンススクワットは、通常のスクワットよりも、ハムストリングに効かせるスクワットです。

まず、足を四股を踏むように広めに広げます。
次に、つま先を膝の曲がる方向を合わせます。
背中を一直線に保ちながら、ゆっくりと腰を落としていきます。
③の時、重心はかかとに置きます。
腿と床が平行になるまで下げ、一瞬静止した後、元に戻します。

この動作を30回繰り返します。
20秒のインターバルを挟んで、3セット行います。

物足りない方は、両手に2リットルのペットボトルを持って行います。約4キロ負荷を上乗せできます。

それでも物足りない方は、人をおんぶした状態で行いましょう。ここまでできれば、ボルダリングに必要な筋力レベルとしては十分過ぎるほどです。


ハムストリングのトレーニング方法は沢山あります。

どのトレーニングが良いか迷う人も多いと思いますが、上記の2つをやっていれば十分です。

安定感のあるヒールフックを身につけましょう!

ユースのためのボルダリング入門!自宅での筋トレが決め手!

ボルダリング上達!トゥフックを安定させる筋トレ講座!

ボルダリング!腕力!脚力!マッチョだけど体重が軽い人が最強!