【アームレスリングのコツ】かみて、つりて、サイドプレッシャー

【アームレスリングのコツ】かみて、つりて、サイドプレッシャー

アームレスリングとは
アームレスリングのコツ
アームレスリングのコツ1・かみて(噛み手、フック)
アームレスリングのコツ2・つりて(吊り手、トップロール)
アームレスリングのコツ3・サイドプレッシャー
ベースとなるのは、筋力!
計画的に筋トレを行おう!
あとは実践あるのみ!

アームレスリングとは

アームレスリングは、卓上の格闘技とも呼ばれる、腕っぷしの強さを競い合う競技です。

世界的には結構な人気競技で、愛好者もたくさんいます。

日本では、女性にも人気があり、最近では、竹中絢音さんが圧倒的な強さを見せており、世界チャンピオンになったりしています。

アームレスリングは下半身の影響が少なめなので、年齢を重ねても継続できるので、ゴルフなどと同様に生涯スポーツとしても良いですね!

アームレスリングのコツ

アームレスリングは、腕っぷしを競い合うので、基本は筋力です。

しかし、いくつかのコツが存在します。

それは、いかに相手に力を出させないようにするか!

また、いかに自分が力を発揮できる状態にするか!

という点を、テクニックで補います。

主に、3つのコツが存在します。

コツであり必勝法です。

一つ目は噛み手と呼ばれるもので力が強い人に好まれます。

二つ目は吊り手と呼ばれるもので力がやや劣る人に好まれます。

三つめはサイドプレッシャーと呼ばれるものです。

アームレスリングのコツ1・かみて(噛み手、フック)

かみては、比較的力が強い人に好まれます。

フックは手首を巻くようにしていきます。

小さい頃腕相撲が強いかった人は、自然とこのテクを使っていることが多いように思います。

フック(かみて、噛み手)は、手首を巻くようにすることで、相手の手を相対的に自分の手よりも下にすることで、戦局を有利にすすめるテクニックです。

単に手首をまくだけだとあまり意味がありません。単なる力勝負になってしまうからです。

フック(かみて、噛み手)で重要になってくることは、手首をまくことで、自分を優位なポジションにもっていき、同時に相手を不利なポジションにもっていくことです。

アームレスリング初心者必見!フック(かみて、噛み手)のコツ

アームレスリングのコツ2・つりて(吊り手、トップロール)

トップロールとも呼ばれ、漢字で書くと吊り手とも書きます。

つりては、相手の手を吊り上げて、そこから相手の指先を制する戦法です。

相手の手首を上に向けさせることで、力が入りにくい状態に相手を追い込むことにより、より少ない力でより力の強い相手を制することができます。

吊り手を覚えるとアームレスリングの素人あるいは初心者であれば、体格が10キロ20キロ上でも余裕で勝利出来てしまいます。

アームレスリング必勝法!つりて(吊り手、トップロール)!

アームレスリングのコツ3・サイドプレッシャー

サイドプレッシャーは、シンプルに横に押すことです。

つりてやかみてのように手首をメインとしたテクニックではなく、シンプルに相手の手を横に倒すことを指します。

特に肩回りに筋力の強さが出るテクニックです。

ベースとなるのは、筋力!

アームレスリングは、とてもシンプルなスポーツです。

シンプル故に紛れがないため、単純な筋力がとても重要になってきます。

テクニックを効果的に発揮するためにも、基本的な最低限の筋力トレーニングは行っていく必要があります。

さて、アームレスリングの筋力の強さでまず一番に浮かぶのが手首の強さですね。

手首を曲げる筋肉が発達していればそれだけでかなり有利に戦局を勧められます。

他にも上腕二頭筋の強さも重要ですね。肘を曲げた状態を維持するときに最大の力を発揮してくれる筋肉です。この筋肉があれば、肘を90度に固定した状態を維持できます。この状態を維持できれば、それだけで負けにくくなりますし、攻めるときにも力を発揮しやすくなります。

胸筋も重要ですね。胸筋があれば、手を内側に固定できるので、力が伝わりやすくなります。これだけで、攻めも守りも強くなりますから、戦局を有利に進めることができるようになります。

広背筋が発達していると、引く力が強くなるため、相手の手をひきつけやすくなります。相手の手を引き付けるということは、自分は力が発揮しやすい状態を維持しつつ、相手は体が開いて力が発揮しにくい状態にすることが出来るということです。

もちろん瞬発力も重要ですが、単純な筋力がまず重要になってきます。

ベースとなる筋肉はまんべんなくバランスよく鍛えていくようにしましょう。

計画的に筋トレを行おう!

筋トレは、定期的に計画的に行っていきましょう。

例えば手首であれば、いくつかの効果的なトレーニングメニューが存在します。

【アームレスリングのトレーニングメニュー】手首の強化と筋トレ!トレーニングメニューの詳細は?

他にも強くしたい戦法によって、効果的なトレーニングが異なります。

例えばかみてであれば以下のようなトレーニングが良いです。

【アームレスリングのトレーニングメニュー】かみて(噛み手、フック)のための手首強化!

【アームレスリングのトレーニングメニュー】かみて(噛み手、フック)のための腕力強化!

【アームレスリングのトレーニングメニュー】かみて(噛み手、フック)のための胸筋強化!

【アームレスリングのトレーニングメニュー】かみて(噛み手、フック)のための背筋強化!

あとは実践あるのみ!

さあ、頭でコツを覚えたらあとは実践あるのみです。

実践を繰り返し行っていくことで、コツを体にしみこませることが出来ます。

一瞬で勝負が決まってしまうアームレスリングだからこそ、コツを体にしみこませる必要があるのです。

一瞬でコツを引き出せるように、実践を繰り返していきましょう。

アームレスリングwiki
アームレスリング

アームレスリング必勝法!つりて(吊り手、トップロール)!

つりて(吊り手、トップロール)

1 アームレスリングにおける力の重要性
2 つりて(吊り手、トップロール)とは
3 つりて(吊り手、トップロール)のコツ

1 アームレスリングにおける力の重要性

アームレスリングは、とてもシンプルなスポーツです。

シンプル故に紛れがないため、単純な筋力がとても重要になってきます。

まず一番に浮かぶのが手首の強さですね。手首を曲げる筋肉が発達していればそれだけでかなり有利に戦局を勧められます。

他にも上腕二頭筋の強さも重要ですね。肘を曲げた状態を維持するときに最大の力を発揮してくれる筋肉です。この筋肉があれば、肘を90度に固定した状態を維持できます。この状態を維持できれば、それだけで負けにくくなりますし、攻めるときにも力を発揮しやすくなります。

胸筋も重要ですね。胸筋があれば、手を内側に固定できるので、力が伝わりやすくなります。これだけで、攻めも守りも強くなりますから、戦局を有利に進めることができるようになります。

広背筋が発達していると、引く力が強くなるため、相手の手をひきつけやすくなります。相手の手を引き付けるということは、自分は力が発揮しやすい状態を維持しつつ、相手は体が開いて力が発揮しにくい状態にすることが出来るということです。

もちろん瞬発力も重要ですが、単純な筋力がまず重要になってきます。

2 つりて(吊り手、トップロール)とは

つりては、トップロールや吊り手とも呼ばれ、相手の手を吊り上げて、そこから相手の指先を制する戦法です。

相手を上から押さえつけて、相手の手首を上に向けさせることで、力が入りにくい状態に相手を追い込むことができます。より少ない力でより大きな力を制することができます。

3 つりて(吊り手、トップロール)のコツ

イメージとしては、開始と同時に倒すのではなく引きます。相手の指を自分の身体の方向に引っ張り相手が力を入れられない状態にもっていくことがポイントです。

基本的な考え方は、相手に力が出にくい状態に追い込むようにすることです。

そのために相手の手首を返します。手首が返ると前腕の力がほとんど入らなくなります。手首が返った状態でも背筋や上腕の力で無理やり持っていくことは可能ですが、最後の決め手にはかきます。手首を制されるとほとんど力が入らなくなるので、あとは赤子の手をひねるように自分に良い体勢を維持しながら勝負を決めればよいです。

相手の指先をせめて、そのまま手首をかえしてしまう。

相手の指先をせめて、そのまま手首をかえしてしまう。

相手の指先をせめて、そのまま手首をかえしてしまう。

です。

イメージできましたか?

スポーツは、動画などでイメージトレーニングを行うことも大事ですが、自分が何をしようとしているのか意識することも同じくらい大事です。

例えば、ゴルフや野球は最後までボールを見るを強烈に意識して行うと、大抵玉にきれいに当てられます。

形をイメージするより、自分が何をするのかを意識しているときのほうが結果が伴うことが多いです。

相手の指先をせめて、そのまま手首をかえしてしまう。

相手の指先をせめて、そのまま手首をかえしてしまう。

相手の指先をせめて、そのまま手首をかえしてしまう。

です。

アームレスリングのためのトレーニングと筋トレ!まずは手首の強化!上達のためには、まずパワーから!

アームレスリング必勝法!フック(かみて、噛み手)とトップロール(つりて、吊り手)

アームレスリング!つりて(吊り手、トップロール)のための筋トレ!リストハンマーがお勧め!

アームレスリングwiki
アームレスリング

アームレスリング初心者必見!フック(かみて、噛み手)のコツ

フック(かみて、噛み手)のコツ

アームレスリングの必勝戦法の1つにフックがあります。

1 フック(かみて、噛み手)とは
2 フック(かみて、噛み手)のコツ

1 フック(かみて、噛み手)

フックは手首を巻くようにしていきます。

小さい頃腕相撲が強いかった人は、自然とこのテクを使っていることが多いように思います。

フック(かみて、噛み手)は、手首を巻くようにすることで、相手の手を相対的に自分の手よりも下にすることで、戦局を有利にすすめるテクニックです。

噛み手とも呼ばれますが、噛みつくように見えることからそう呼ばれているのでしょうか。

2 フック(かみて、噛み手)のコツ

単に手首をまくだけだとあまり意味がありません。単なる力勝負になってしまうからです。

フック(かみて、噛み手)で重要になってくることは、手首をまくことで、自分を優位なポジションにもっていき、同時に相手を不利なポジションにもっていくことです。

意識すべきコツは、手首をまいた後に、自分の指先が相手の手よりも「高い」位置にあるようすることです。

このポジションをキープすることで、常に力を発揮するという観点で、優位に進めることが出来ます。

次に握り方ですが、相手の手の甲を覆うように握るようにしましょう。相手の手の深くに滑り込ませるようにイメージすると上手くいきます。

最後に、フィニッシュへ向けた倒しかたですが、親指を真横に滑らせるように動かしましょう。軌道を意識しながら行うと良いでしょう。

アームレスリングwiki
アームレスリング

アームレスリング必勝法!フック(かみて、噛み手)とトップロール(つりて、吊り手)

フック(かみて、噛み手)とトップロール(つりて、吊り手)

アームレスリングの必勝戦法には、フックとトップロールがあります。

アームレスリングでは、筋力が一番ものをいいます。それは、変わらないのですが、テクニックで格下に負けないようにしたり、多少格上でも下剋上してしまったりできます。

素人相手であれば、腕力に差があってもフック(かみて、噛み手)とトップロール(つりて、吊り手)を使いこなせていれば、まず負けることはありません。それくらい効果があります。

中でも2大テクニックとして確立されているのが、フック(かみて、噛み手)とトップロール(つりて、吊り手)です。

1 フック(かみて、噛み手)
2 トップロール(つりて、吊り手)

1 フック(かみて、噛み手)

フックは手首を巻くようにしていきます。かみて、噛み手と呼ばれています。

小さい頃腕相撲が強いかった人は、自然とこのテクを使っていることが多いように思います。

フックは、手首を巻くようにすることで、相手の手を相対的に自分の手よりも下にすることで、戦局を有利にすすめるテクニックです。

ただ巻くようにするだけだと、お互い巻くような形になってしまい、仕掛けているのか仕掛けられているのかわからなくなってしまいます。大して有利にもなっていない場合が多いです。

一番意識する必要があるのが、自分の腕が相対的に相手の腕よりも上に来ているかどうかです。

一見責められているように見えて、実は攻めている方がフック(かみて、噛み手)を極められていて、攻めあぐねて疲れた顔をしているなんてこともあります。対してフック(かみて、噛み手)を極めている方は、一見責められているようで涼しい顔をしている何てことが起こります。

アームレスリングはテコの原理がダイレクトに効いてきます。指1本分でも自分が上を取ることが出来れば、相手を力で押さえつけることが可能になるのです。

アームレスリング初心者必見!フック(かみて)のコツ

2 トップロール(つりて、吊り手)

トップロールは吊り手とも呼ばれ、相手の手を吊り上げて、そこから相手の指先を制します。

イメージとしては、開始と同時に倒すのではなく引きます。相手の指を自分の身体の方向に引っ張り相手が力を入れられない状態にもっていくことがポイントです。

相手の手首を返すようにイメージすると良いです。手首が返っているを力が入らないし、腕力で無理やり持っていこうとしても、最後に手首が返らないと勝負を決められません。相手の手首が返るような軌道で攻めるようにしてみましょう。

アームレスリングのためのトレーニングと筋トレ!まずは手首の強化!上達のためには、まずパワーから!

アームレスリング必勝法!つりて(吊り手、トップロール)!

アームレスリング!つりて(吊り手、トップロール)のための筋トレ!リストハンマーがお勧め!

アームレスリング用の筋トレ!まずは、ハンマーカールから!

アームレスリングwiki
アームレスリング