【ボルダリングの壁(ウォール)】垂壁とは?!特徴と初心者のコツ!上達の基本!

【ボルダリングの壁(ウォール)】垂壁とは?!特徴と初心者のコツ!上達の基本!

ボルダリングとは
ウォール(壁)とは
垂壁とは
垂壁の特徴
垂壁では多彩なホールドを体験できるので上達に適している
垂壁のフットワーク
体の使い方を覚える!

ボルダリングとは

ボルダリングは、4~5メートル程度の人工の壁を、道具を使用しないで登る競技のことです。

最近は人気も出てきて、ここ数年でボルダリングジムは数倍になっています。

スポーツクライミング用の高ーい壁が設置されていることも多く、ロープを使っているものをボルダリングと勘違いされている方も結構いますが、ロープを使うのはリードクライミングです。

ボルダリングの歴史と種類!全ての起源はロッククライミング!

ウォール(壁)とは

ボルダリングのために人工で作られた壁をウォールと言います。

ウォールはその傾斜や形状によって名称が異なります。

初心者のためのボルダリングの壁の種類一覧

中でも90度の垂直な壁を垂壁と言います。

最も基本的な壁です。

垂壁とは

垂壁は、家の壁などと同じ、90度の壁のことです。

初心者の方が始めて登る壁であり、最も基本的な壁です。

フットワーク、握り方、登り方、バランスのとり方などなど、ボルダリングの基礎を一番学びやすい壁でもあります。

垂壁の特徴

垂壁は、90度の最もシンプルな、「the 壁」です。

それ故、偏っていません。

ある意味特徴がないことが特徴と言えます。

オーバーハングなど、腕力に偏った壁や、スラブなどのように下半身に偏った壁がありますが、垂壁は、一番バランスの良いウォールです。

また、同時に一番バランスよく練習ができるウォールでもあります。

オーバーハングのように上半身のパワーに特化したりしていると、もともと上半身の筋力というハードルの高さがあるため、ホールドなどは必然的に掴みやすいホールドが設置されていることが多くなります。スローパーなどはそもそも掴むものではないので、あまり設置されていません。

しかし、垂壁のようにシンプルで特徴がないウォールは、グレードの調整などに、難しいホールドがバンバン出てきます。

ボルダリングの技術をバランスよく習得するには垂壁が最適といっても過言ではありません。

垂壁では多彩なホールドを体験できるので上達に適している

ホールドも最も基本的なジャグ(ガバ)から始まり、
【ボルダリングのホールド】ジャグ(ガバ、がば)のコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!

カチでつかむインカットやクリンプ、
【ボルダリングのホールド】インカットのコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!
【ボルダリングのホールド】クリンプのコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!

難関スローパーや
【ボルダリングのホールド】スローパーのコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!
【ボルダリング初心者のコツ】垂壁のスローパーとピンチを攻略!ヒールフックや下半身の柔軟性や体幹のバランス感覚を磨いて上達しよう!筋トレやトレーニングも必須!

もちろんポケットも登場します!
【ボルダリングのホールド】ポケットのコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!

多種多様なホールドを体験できるのも垂壁の特徴ですね!

初心者のうちにいろいろなホールドに触れると苦手意識がなくなって良いと思います。

また、垂壁は、上半身下半身をバランスよく使うことが出来ます。

もちろん得意不得意で、上半身の力に頼って登ることもできちゃいますし、下半身の力に頼って登ることも出来ます。

垂壁のフットワーク

垂壁では、重心をかけるような足使いが重要です。

オーバーハングなどと比べて、しっかりと足で踏み込むことができるので、足の力をより有効に使うためにも足に重心をかけていくことと、次の足へ重心をスムーズに移動させることが重要になります。

体の使い方を覚える!

まずは、上半身下半身まんべんなく、ボルダリングの体の使い方を覚えていきましょう。

垂壁は、シンプルな壁ということもあり、いろいろな工夫がなされていて、そのエッセンスが凝縮されています。

まずは実践!どんどん登っていきましょう!

ボルダリングにはどんな壁があるのか?
初心者のためのボルダリングの壁の種類一覧

その他特徴満載の壁たち
【ボルダリングの壁(ウォール)】スラブとは?!基礎!踏み方、体重移動、乗り込み!
【ボルダリングの壁(ウォール)】オーバーハングとは?!特徴と初心者のコツ!まずは上半身と体幹の筋肉をつける!