【ボルダリングの壁(ウォール)】スラブとは?!特徴と初心者のコツ!まずは下半身の安定から!

【ボルダリングの壁(ウォール)】スラブとは?!特徴と初心者のコツ!まずは下半身の安定から!

ボルダリングとは
ウォール(壁)とは
スラブとは
スラブの特徴とホールド
スラブのフットワーク
下半身を安定させる

ボルダリングとは

ボルダリングは、4~5メートル程度の人工の壁を、道具を使用しないで登る競技のことです。

最近は人気も出てきて、ここ数年でボルダリングジムは数倍になっています。

スポーツクライミング用の高ーい壁が設置されていることも多く、ロープを使っているものをボルダリングと勘違いされている方も結構いますが、ロープを使うのはリードクライミングです。

ボルダリングの歴史と種類!全ての起源はロッククライミング!

ウォール(壁)とは

ボルダリングのために人工で作られた壁をウォールと言います。

ウォールはその傾斜や形状によって名称が異なります。

初心者のためのボルダリングの壁の種類一覧

中でも90度未満の壁をスラブと言います。

スラブとは

スラブとは、垂直にそびえたつ「壁」から急な坂のような壁までの90度未満の壁のことを指します。

一般的にクライミングでイメージするような上半身の力を必要としないものも多いので、初めてボルダリングを行う方にはとっつきやすい壁になります。

足の力で登ることが可能なため、筋力が少ない方、女性、ご年配の方でも登りやすいとおっしゃる方が多い壁です。コツは、ホールドをきっちり踏むことです。そうすることで、上半身より圧倒的にパワーがある下半身の力で登ることができるため、センスのある方などは、初心者の方でもすいすい登ることが可能です。

スラブは、ボルダリングジムの広さや設備によってはないところもあります。

スラブの特徴とホールド

スラブの1番の特徴はその傾斜です。

傾斜が90度未満なので、腕でがつがつ登っていくといった壁ではないです。

下半身のフットワークが重要になっているウォールです。

しかし、それ故第2の特徴があります。

それは、ホールドが比較的小さめなことが多いことです。

ピンチやクリンプ、さらにはスローパーなどの初心者泣かせのホールドが結構ついていたりします。

【ボルダリングのホールド】クリンプのコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!
【ボルダリングのホールド】スローパーのコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!

スラブでは、下半身をどのように使っていくかというのが重要になってきます。

フットワークが大事です。

基本は踵をやや下げて安定させます。踵をさげることでシューズの裏の摩擦を上手く利用することが出来るため、力を使わずに体重移動ができるようになります。

シューズを使い込んでくると逆に滑りやすくなってしまうので、マイ道具のメンテナンスはきっちりしていきましょう。

早速実践しよう

基本は、かかとを下げることを意識するだけでよいのでどんどん実践していきましょう。

腕力と違ってパンプの心配はないですから、体重のかけ方は、場数を踏んでいくのがもっとも習得が早いです。

ボルダリングにはどんな壁があるのか?
初心者のためのボルダリングの壁の種類一覧

その他特徴満載の壁たち
【ボルダリングの壁(ウォール)】垂壁とは?!特徴と初心者のコツ!上達の基本!

【ボルダリングの壁(ウォール)】オーバーハングとは?!特徴と初心者のコツ!まずは上半身と体幹の筋肉をつける!