スポーツクライミングは、なぜオリンピック競技に選ばれたのか!?

オリンピック競技って、簡単に追加できるの?

1 そもそもどのような基準で決められているのか。
2 昔はオリンピック競技だった意外なスポーツ!?
3 東京オリンピックの追加競技と追加種目
4 スポーツクライミングの競技人口

1 そもそもどのような基準で決められているのか。

IOC(国際オリンピック委員会)によれば、オリンピックに採用される競技の基準には、例えば以下のようなものがある。

男性は、少なくとも75か国、4大陸で広く行われている競技のみとする。
女性は、少なくとも40か国、3大陸で広く行われている競技のみとする。

すでに実質的にメジャーなスポーツである必要があり、言い換えれば、盛んに行われていれば選ばれる可能性があるということ。

2 昔はオリンピック競技だった意外なスポーツ!?

意外さ第一位!で言えば、小学校の運動会でお目にかかるアノ競技。。。

そう、


綱引きです!!

びっくりする方も多いと思いますが、綱引きは実際にオリンピックで行われていて、なんと6大会連続で行われていた競技でもあります。そう考えると、運動会で行う綱引きも少々感慨深いものかもしれませんね。

その他は、あまり聞いたことがない方が多いと思われる海外の競技が多いです。ポロ、クロッケー、英国の国技であるクリケット、クロケット、大学では定番のラクロス、バスクペロタ、モーターボードなどもありました。

3 東京オリンピックの追加競技と追加種目


東京オリンピックでは以下の競技が追加されています。

野球/ソフトボール

野球 (男子)
ソフトボール (女子)

空手

形 (男女)
組手3階級 (男女)

スケートボード

ストリート (男女)
パーク (男女)

スポーツクライミング

ボルダリング・リード・スピード複合 (男女)

サーフィン

ショートボード (男女)


東京オリンピックでは以下の種目が追加されています。

バスケットボール

3人制(男女)

自転車競技

BMXフリースタイル(男女)
マディソン(男女)

卓球

男女混合ダブルス

柔道

男女混合団体戦

トライアスロン

団体混合リレー

アーチェリー

男女団体混合

フェンシング

団体男女

ボクシング

女子2階級

水泳

男子800メートル自由形
女子1500メートル自由形
400メートル男女混合リレー

陸上競技

1600メートル男女混合リレー

4 スポーツクライミングの競技人口

さて、話をスポーツクライミングに戻しましょう。

広い国でそれなりの競技人口があれば、概ねオリンピック競技への道が開けることは分かったと思います。

では、実際、スポーツクライミングはそれほど広く行われているのでしょうか?

一度はやったことがあるが、継続してボルダリングを行っている人は意外と少ないように感じます。

ですが、その競技人口は、なんと

全世界で3500万人以上と言われています。

日本国内だけでも、50万人以上と言われています。意外と盛んですよね。

この数字が大きいとか小さいとかは一概には言えませんが、例えば、同じオリンピック種目でも、ライフル射撃など、日本国内の競技人口が6500人程度と言われており、比較してみると競技人口としては十分すぎると言えます。

また、数年前からボルダリングが日本国内で流行ってきていますが、海外でも若い層を中心に人気が出てきているようで、そういった流行りの側面も後押ししているのでしょう。

日本は、特に女性クライマーの層が厚いので、東京オリンピックはメダルラッシュが期待できます。

キョーリン製薬CMのクライミング美女は誰?名前は白石阿島!プロのロッククライマー!
大正製薬リポDのCMでボルダリングをしている美女クライマーは、大場美和!!

ボルダリングのムーブの一覧!

ボルダリングのムーブの一覧!

ボルダリングは効率よく壁を登るために様々なムーブが誕生してきました。

手の使い方から足の使い方まで多種多様なムーブがあります。

1 正対
2 ダイアゴナル
3 アウトサイドフラッキング
4 インサイドフラッキング
5 ハイステップ
6 バックステップ
7 ドロップニー
8 デッドポイント
9 手に足
10 クロスムーブ
11 ダノイ
12 ダブルダノイ
13 ステミング
14 マントリング
15 マッチ
16 レイバック
17 ニーバー
18 ノーハンド
19 サイファー

1 正対

正対は、両足をガニ股でしっかりとホールドにのせ、右足、右手、左足、左手といった感じで、同じ半身の足から手、足から手といった順序で動かして登るムーブのことです。

2 ダイアゴナル

ダイアゴナルは、体の対角線を意識したムーブです。左足と右手、左手と右足を同時に動かし、体をひねるようにしてホールドを取りに行きます。長方形で一番距離が長いのは対角線です。ダイアゴナルを使うことで、より遠くのホールドをつかみに行くことが出来ます。

3 アウトサイドフラッキング

アウトサイドフラッキングは、ホールドに乗せている足とは、逆の足を外側に伸ばすようにしてバランスを取りながら、伸ばした足と同じ半身の手でホールドを取りに行くムーブです。右足を伸ばすのなら右手でホールドを掴みに行きます。左足を伸ばすのなら左手でホールドを掴みに行きます。アウトサイドフラッキングは不要な体のひねりを行わないところが特徴です。

4 インサイドフラッキング

インサイドフラッギングは、ホールドに乗せている足の内側から、逆足を伸ばすようにしてバランスをとりながら、体をひねるようにして、伸ばした足と同じ半身の手でホールドを取りに行くムーブです。右足を伸ばすのなら右手でホールドを掴みに行きます。左足を伸ばすのなら左手でホールドを掴みに行きます。

バランスのとり方は、ダイアゴナルに似ています。

5 ハイステップ

ハイステップは、少々高い位置にあるホールドへ、一気に体を押し上げていくムーブです。高い位置にあるホールドに足のつま先をかけ、つま先を立ち上げるようにしながら体を持ち上げます。状態が安定したら、かけたほうの足と同じ半身の手で、ホールドを取りに行きます。

6 バックステップ

バックステップは、左右に開いた足のうち、片足を内側に曲げることでバランスをとるムーブです。より深く膝をまげてホールドを取りに行く場合は、ドロップニーと呼ばれます。

7 ドロップニー

ドロップニーは、左右に開いた足のうち、片方の膝を内側に曲げながら、曲げた足と同じ半身の手をつかってホールドをつかみに行くムーブです。

8 デッドポイント

デッドポイントは、手を伸ばしても届かないところにあるホールドを取りに行くムーブです。両手でしっかりホールドを握った状態で、両手を伸ばし、体を沈み込ませます。体を振って反動をつけながら、から足を思いきり踏み込み、体を持ち上げながら、遠くにあるホールドを取りに行きます。

9 手に足

手に足は、手でつかんでいるホールドに足をのせて同時にフットホールドとして活用するムーブです。
ボルダリング、リラックス

10 クロスムーブ

クロスムーブは、横移動に使用するムーブです。その名の通り、腕をクロスさせながら移動します。

11 ダノイ

ダノイは、片手で目的のホールドに飛びつくアクティブなムーブです。腰を下げて反動をつけながら、ジャンプします。この時、ホールドを取りに行く手とは逆の手は、掴んでいるホールドを押すようにします。

12 ダブルダノイ

ダブルダノイは、両腕で目的のホールドめがけて飛びつくムーブです。腰を下げて反動をつけながら、ジャンプします。掴んだ後は、反動でからだが揺られるので、体幹の力が重要になります。

13 ステミング

ステミングは、上体を安定させるムーブです。カンテなどの壁で、両足を突っ張るようにして上体を安定させます。これは、イメージがつきやすいと思います。

14 マントリング

マントリングは、目的とするホールドに対して、上体を一気にひきつけると同時に、手のひらを返して、ホールドを押すようにして、上体を引き上げるムーブです。背の高い何かを登った時に、自然と使う体の動きです。

15 マッチ

マッチとは、両手でつかむことを意味します。手の持ち替えなどの時に使用します。

16 レイバック

レイバックは、手で引きながら、足は押すことで上体を安定させるムーブです。通常両手両足のうち3点を固定して上体を安定させて、残りの1つでホールドを取りに行きます。

17 ニーバー

ニーバーは、レストに特化したムーブです。ホールドとホールドの間に足を挟み込んで、上体を固定します。

18 ノーハンド

ノーハンドは、その名の通り手を使用しないムーブです。基本的に傾斜が90以下のスラブでしかできないムーブです。

19 サイファー

サイファーは、足の振りを利用したムーブです。片足分しかホールドがないときなど、もう一方の足を振り、その反動と遠心力で、ホールドを取りに行きます。

ファスティングでダイエットすると失敗する!運動ダイエットの最初にやるべき!

ファスティングは、ダイエットの最初に1回だけやると良い!

1 ファスティングとは
2 ファスティングの効果
3 ファスティングダイエットは失敗する
4 ダイエットは食事と運動でする
5 腸のリセットにファスティングを使う
6 ファスティングをダイエットの最初に行うとモチベーションが上がる
7 ファスティング後のお薦めのダイエットプログラム

1 ファスティングとは

断食のことで、一定期間固形の食べ物を摂取せずに水だけで生活することを言います。○○だけは良い!など色々なパターンがありますが、主に固形物をとらないと捉えてokです。

ファスティングを行う期間は、半日、1日、3日、1週間などが一般的です。安全のため、3日以上のファスティングは素人判断では行わないようにしましょう。

2 ファスティングの効果

ファスティングには、以下のような効果があります。

① 腸内環境を整える

ファスティングを行うことで、体内にたまった老廃物を一気に体外に排泄することが出来ます。そうすることで、悪玉菌などの繁殖を防ぎ、腸内の環境をリセットして、整える効果があります。

② 胃腸を休ませて元気にする!

ファスティングを行うことで、胃腸を休ませることが出来ます。

普段の食生活では、なんと消化だけでフルマラソン一回分のエネルギーを消費します。

そのような重労働から胃腸を解放してあげましょう。休息をあげることで、胃腸に本来の元気かよみがえります。

ファスティング、食事、ダイエット、

③ 一時的に体重が落ちるので、モチベーションが上がる!

私は、始めてファスティングを行ったときは、3日で5キロ落ちました。筋肉も落ちましたが、脂肪も同時に落ちました。体脂肪率がやや落ちたかなーくらいで、体重が落ちたので同時に落ちたのだと思います。

この体重ががっつり落ちるというのが重要で、ダイエットの最初に行うと、5キロ落ちたという実績と達成感を同時に得ることが出来るので、モチベーションが上がります。

これもファスティングの利点の一つです。

④ 肌がつるつるになる

ファスティングには体にたまった老廃物を排泄するデトックス効果があるので、結果として血流がよくなり、肌がつるつるになったり、みずみずしくなったりといったおまけの効果があります。

女性にはとっても嬉しい効果ですね!

⑤ 免疫力があがる

ファスティングは体にたまった老廃物を排泄するので血流が良くなります。これにより、今まで老廃物などの障害物により体にいきわたらなかった栄養が十分にいきわたるようになり免疫力が向上します。

⑥ ファスティングダイエットは失敗する

ファスティングは、本来、腸内環境を整えたり、免疫力を向上させるためにやるもので、ダイエットには向いていません。

食事を抜くことで摂取カロリーを下げて行うダイエットは、基礎代謝を落としてしまったり、体が飢餓モードにはいってしまって逆に筋肉が落ちて脂肪が蓄積されてしまったりします。

本来、ダイエットに向かないことでダイエットを行ったら、当然失敗してしまします。

4 ダイエットは食事と運動でする

ダイエットは、食事と運動で行いましょう。王道ですがこれが一番確実で、成功率が高いです!
ボルダリングはダイエットに最適!

食事は、ざっくりいうと、野菜とタンパク質を多めにとって、炭水化物はやや控えめにしましょう。これだけ抑えておけば、OKです。運動は、有酸素運動よりも筋トレなどの負荷が高いものがお勧めです。基礎代謝と消費カロリーが高いので、成功しやすいです。迷ったら、スクワットをやっておけば間違いないです。

5 腸のリセットにファスティングを使う

ファスティングは胃腸のリセットに使用します。現代は飽食の時代で、特に日本のように恵まれた国では、1日3食だともはや栄養過多に
なってしまいます。1日も休まず酷使されてきた胃腸を一度休ませてリセットしてあげることで、ダイエットに向けた体を整えることができます。

6 ファスティングをダイエットの最初に行うとモチベーションが上がる

ファスティングを行うと、体全体の老廃物を外に出してくれるので体重がぐっと落ちます。私は3日で5キロ落ちました。これをダイエットの最初でやることで、体重が落ちた実績と達成感からダイエットに前向きにとりくめるようになります。

ダイエットの最大の敵である、まったく体重が落ちないという、ダイエットをあきらめてしまう要因を一発KOすることができます。

さらに、腸内環境や免疫など体の状態も整えてくれるので、ダイエットの最初にファスティングを行うことを推奨します。

7 ファスティング後のお薦めのダイエットプログラム