ボルダリング!腕力!脚力!マッチョだけど体重が軽い人が最強!

ボルダリングは腕力と脚力!マッチョだけど体重が軽い人が最強!

1 ボルダリングとは
2 やっぱり腕力が重要
3 途中から脚力が重要
4 マッチョは強い
5 マッチョで体重が軽いと最強

1 ボルダリングとは

まず、ボルダリングがどういったものかを簡単に語源などを交えながら、ご説明します。

boulderingの語源は、「boulder(大きな岩石)」+「ing(登る行為)」です。

それが由来となり、室内、屋外を問わずおよぼ4~5mの高さのものを登る行為が、ボルダリングと呼ばれます。

4~5メートルって、マンションの2階のベランダくらいの高さはあります。とっても高いんですよ!イメージできますか?

ちょっと登るのも降りるのも怖い高さですよね?そんな高さがボルダリングの高さです。

実は本来、ボルダリングは屋内屋外を問わず、4~5メートルの高さの岩や岩のようなものを登るスポーツのことなのですが、コアな方以外は基本的に室内でボルダリングを行います。

そうです。人工的に岩のように見せた壁をセットしてある、ボルダリングジムで行います。

ですから、一般的に、屋内の人工壁を登る行為をボルダリングと言います。最近よく見るカラフルな壁とかですね。

個人で作成することも結構簡単にできてしまいます。壁用の板とホールドを購入すれば、あとはDIYで出来ます。

ボルダリングはスポーツクライミングとして、東京オリンピックでも正式に採用されましたし、最近はいろんなところでボルダリングの壁を目にするので、イメージはつきやすいと思います。

今まさに放送中の「花のち晴れ」の神楽木はるとの部屋の壁にもありますよね?見てますか?私は意外とはまっちゃってます。

はると、もっと登ればいいのに(笑)

本格的なクライミングに比べて、覚える事も少ないので手軽に楽しむ事ができることが良い特徴ですね。

2 やっぱり腕力が重要

ボルダリング,腕力,上半身

ボルダリングは、やっぱり腕力が超重要です。単純に自分の体重を支えなくてはならないのですが、小学生のころならいざしらず、大きくなるにつれて、体重を支えるという行為は大変になってきます。

ボルダリングジムに行くとわかりますが、上半身の筋肉がかなり発達している方が多いですね。

ボルダリングで主に使用する筋肉は圧倒的に上半身が多いです。握力、前腕、上腕、広背筋は特に酷使されます。

中でも広背筋は、普段の生活ではなかなか使われない筋肉です。

なので、発達していない方のほうが多いです。

広背筋を鍛えることが脱初心者への第一歩になります。

これら上半身の筋肉を総合的に鍛えることで、競技力の向上はもとより、日々の疲れの軽減やけがの防止にも役立ちます。

オーバーハングやルーフなど90度以上の壁は、手でぶら下がっている状態になるため、体重を腕だけで支えなければなりません。

なので、テクニックやムーブも必要ですが、やっぱり最後は腕力がモノを言います。

事実、プロクライマーさんで筋力が少ない方はまずいません。

腕力はとても重要なので、積極的に腕力を鍛えていきましょう。

オーバーハング上達のための筋トレは、懸垂とプランク!ボルダリング向けの自宅練習

脱初心者!ボルダリングのための上半身の筋トレ

3 途中から脚力が重要

ボルダリング,脚力,下半身,ヒールフック,トゥフック

ボルダリングを始めて少し経つけど、なかなか課題がクリアできないなぁ。もっとさくさくクリアできないと楽しくないなぁ。毎回筋肉痛になるだけで、課題が進まない、もっと達成感が欲しいよ~。

という状態になってしまうことって、あるあるです。

そう思っている方は意外と多いです。

下半身を使わずに、上半身、とりわけ腕の筋肉だけで登っていると、30分もしないうちに腕がパンプして握力も無くなってしまうこともあります。

体重を腕だけで支えていたら、それはそうなりますよね?もともと体重は足で支えるようになっています。だから足は腕の3倍の力があるともいわれています。

腕がパンプしては、その日のトレーニングが終了になってしまいます。一度パンプするとなかなか戻らないんですよね。

ここで下半身の脚力が重要になってきます。上半身で支えている体重を下半身に分散することで、上半身の負担を大幅に軽減できます。特に下半身の筋力は上半身の比ではないので、大きな効果が期待できます。

また、低級であればホールドがしっかりしているので、あまり下半身がしっかりしていなくてもすいすい登れてしまいます。低グレードでは、楽しむことが重視されていたりするため、普通にしていれば何とかなるように作られているからです。

そのため、下半身の脚力が出来ていない状態で上の級に上がってしまい、停滞するということがよくあります。

上の級ではホールドも小さく足を添えにくいもので構成されていることが多くなり、下半身が出来ていないと状態を安定させることが難しくなってきます。

まず、足にしっかり体重をかけることが重要です。それが出来れば初心者としては十分です。

次に、しっかりとした脚力を用意して、ヒールフックやトゥーフックなどを習得していきます。ヒールフックやトゥフックを使用すると、容易に状態を安定させることができるようになり、一気に上の級で戦えるようになります。

脱初心者あたりから、脚力が大変重要になってきます。腕力だけでは高グレードでは通用しなくなってきます。

下半身の筋力と柔軟性が重要になってきますので、脚力は積極的に鍛えていきましょう。

なかなか上手にならない方必見!ボルダリング初心者のための下半身筋トレ

4 マッチョは強い

ボルダリング,マッチョ,最強

やはり、マッチョは強いです。腕力と脚力を兼ね備えた人は、大抵の状況に対処できます。

体を使い込んでいるため、さまざまなムーブもその身体機能の高さでカバーできてしまいます。

ボルダリングジムにも上半身がいかついマッチョが多いですよね。特に男性は体が大きい方が多いので、体重を減らして負担を減らすより、マッチョになって体を支えられるようにした方が良かったりします。

女性や身長が低い方は、無理に筋力をつけてマッチョになるより、体重を減らす路線で勝負するのも良いでしょう。

5 マッチョで体重が軽いと最強

しかし、そんなマッチョにも唯一にして最大の弱点があります。

それは、体重です。

体重が重いと腕にかかる負担が大きくなってしまい、すぐに疲れてしまいます。それになんといっても体重が重いとムーブの切れがなくなったり、疲れというより体重を支えきれなくなって落ちてしまったりします。

マッチョは筋力は十分なので、最後は体を絞り込みましょう。

体を絞り込んだ、マッチョで体重が軽い人が、ボルダリングでは最強です!

体重が重い方は、ダイエットを行いましょう。

ボルダリングジムでも腕はムキムキだけど、全身でみるとたぽっとしている方も結構います。ダイエットで体重を落とせば世界が変わりますよ。一気にグレードもアップできるでしょう。

ダイエットには、スクワットチャレンジがお勧めです。効果的に体重を落としてくれます。

スクワットチャレンジとは、アメリカ発のダイエットプログラムで、30日間スクワットを継続して行うプログラムです。

人体のなかでもっとも面積が多いと言われている足の筋肉、そして、それについぐくらい大きい筋肉でもあるお尻の筋肉をこれでもかと使い込んで代謝を上げていくことで、体重を落としていく手法です。

スクワットは足だけではなくお尻の筋肉も使いますが、皆さんが思っている以上に日時生活でお尻の筋肉は使用されません。だからヒップアップしないのです。

そうした普段使わない筋肉を目覚めさせてあげることで、さらに代謝があがります。特にお尻の筋肉は単独では人体で一番大きいともいわれており、大きい筋肉を使用することで、爆発的に代謝が高まります。

普段お尻の筋肉をあまり使っていないような方は、目に見えた効果が得られるでしょう。

ヒールフックなどのときに、体を書き込むときにお尻の筋肉がしっかりしていることで、ムーブが安定するというメリットも同時にあります。

これらの筋肉を満遍なく鍛えられるスクワットの消費カロリーは、とても大きくなるので効率的に体重を落とすことができます。

腹筋500回は、スクワット15回に相当すると言われており、スクワットの威力がわかると思います。

スクワットチャレンジの利点に、リバウンドのしにくさがあります。

スクワットの性質上、足の脂肪が筋肉にかわり、基礎代謝がアップします。そのため、チャレンジ終了後もリバウンドがしにくいのです。

単なる志望燃焼のための有酸素運動とは異なり、スクワットチャレンジは筋トレ効果の恩恵も受けられるという点で、優秀なプログラムと言えます。

スクワットチャレンジでどんどん脂肪を燃焼させて体重を落としましょう。

必ず痩せる!失敗しない30日スクワットチャレンジ!

噂の美人クライマー大場美和さんがついに大正製薬リポビタンDでTVCMデビュー!!