アームレスリング!筋トレ!チンニング(懸垂)とハンマーカールから!

筋トレはチンニング(懸垂)とハンマーカールから!

1 アームレスリングは筋力がなければスタートラインに立てない
2 まずはハンマーカールから
3 全体をチンニング(懸垂)で鍛える

1 アームレスリングは筋力がなければスタートラインに立てない

アームレスリングは、一にも二にも筋肉が大事です。まずは筋トレに励みましょう。

男の象徴である腕っぷしを鍛え上げて、数多のアームレスラーと渡り合っていきましょう。

かみてやつりてなどのテクニックもありますが、それでも腕力の壁は超えられません。

まずは、筋肉をつけていきましょう。

2 まずはハンマーカールから

腕橈骨筋を始め、上腕筋、上腕二頭筋、前腕筋群が全体的に鍛えられます。

ハンマーカールは比較的重い重量を扱うことが出来るため、達成感やモチベーションも上がります。

なので、最初に行うにはハンマーカールがお勧めです。

まずダンベルをもって直立します。

このとき両の掌が向き合うようにします。この体勢をニュートラルグリップと言います。

そのまま肘だけをゆっくり曲げて、ダンベルを持ち上げます。このとき、腕橈骨筋に刺激がいっていることを意識しましょう。

ここで、およそ1秒ほど静止したら、ゆっくりと元のポジションに戻しましょう。

これで1回です。8~12回程度繰り返せる重さで行いましょう。

アームレスリング用の筋トレ!まずは、ハンマーカールから!

3 全体をチンニング(懸垂)で鍛える

上半身の筋肉を総合的に鍛えることで、アームレスリングの能力の底上げを行うことが出来ます。

10回程度を目安に3セット行ってみましょう。10回出来な人は、連続でできる回数を3セットやってみましょう。

やり方は、近くに講演や鉄棒があれば、そこで、なければ安全に掴まれる場所で代用しましょう。

鉄棒にぶらさがり、体を引き上げます。

この時腕の力で持ち上げないように注意しましょう。本来この動作で機能してほしいのは、広背筋と呼ばれる背中の筋肉です。もし腕に力が入ってしまう場合は、逆手にしましょう。逆手にすることで広背筋にダイレクトに効いてきます。

アームレスリングwiki
アームレスリング