アームレスリング初心者必見!フック(かみて、噛み手)のコツ

フック(かみて、噛み手)のコツ

アームレスリングの必勝戦法の1つにフックがあります。

1 フック(かみて、噛み手)とは
2 フック(かみて、噛み手)のコツ

1 フック(かみて、噛み手)

フックは手首を巻くようにしていきます。

小さい頃腕相撲が強いかった人は、自然とこのテクを使っていることが多いように思います。

フック(かみて、噛み手)は、手首を巻くようにすることで、相手の手を相対的に自分の手よりも下にすることで、戦局を有利にすすめるテクニックです。

噛み手とも呼ばれますが、噛みつくように見えることからそう呼ばれているのでしょうか。

2 フック(かみて、噛み手)のコツ

単に手首をまくだけだとあまり意味がありません。単なる力勝負になってしまうからです。

フック(かみて、噛み手)で重要になってくることは、手首をまくことで、自分を優位なポジションにもっていき、同時に相手を不利なポジションにもっていくことです。

意識すべきコツは、手首をまいた後に、自分の指先が相手の手よりも「高い」位置にあるようすることです。

このポジションをキープすることで、常に力を発揮するという観点で、優位に進めることが出来ます。

次に握り方ですが、相手の手の甲を覆うように握るようにしましょう。相手の手の深くに滑り込ませるようにイメージすると上手くいきます。

最後に、フィニッシュへ向けた倒しかたですが、親指を真横に滑らせるように動かしましょう。軌道を意識しながら行うと良いでしょう。

アームレスリングwiki
アームレスリング