週後半のだるさを吹き飛ばす筋トレ種目とは??スクワット??

こんにちは、アールです。

週も後半に差し掛かるとどっと体が重くなってきますよね。全身がけだるくなってきます。

日本の生産性の低い労働環境はどうにかならないのでしょうか。

週後半のだるさを解消する

1 だるさの原因の1つは血行不良
2 スクワットで下半身のポンプを呼び覚ます

1 だるさの原因の1つは血行不良

特に一日中たちっぱなし、あるいは一日中座りっぱなしの方は、注意が必要です。

心臓から送り出された血液は体を一周して心臓に戻りますが、たちっぱなしだったり、座りっぱなしだったりすると、足の筋肉が使われないため、血行不良になりやすいです。

筋肉が収縮して弛緩することで、血液はしっかりと送り戻されます。

足は心臓よりも下に位置しているので、下半身の筋肉が動かないと、ポンプの役割が機能しないため、、効率的に血液が運ばれなくなります。

血行不良はむくみなどの原因にもなります。体がむくんでいるときって、気分も盛り下がるし、全身が重く、だるくなりますよね。

特に女性は、男性に比べて筋肉量が少ないので、むくみやすい傾向にあります。

立ち仕事にも座り仕事にも共通していえるのは、姿勢が固定されている時間が長いということです。

特に社会人の皆さんは、仕事中は姿勢が固定されていることが多いと思います。土日にリフレッシュしたばかりの月曜や火曜は元気でも、週後半に差し掛かってくると、この影響が出始めて、体がだるくなってきますよね。

2 スクワットで下半身のポンプを呼び覚ます

そんな方には、スクワットをお勧めします。キングオブトレーニングとも呼ばれる、筋トレの王様です。

下半身全体を稼働させるため、下半身のポンプ機能を復活させてくれます。

やり方は、

まず、足を肩幅程度広げます。

次に、つま先を膝の曲がる方向を合わせます。

背中を一直線に保ちながら、ゆっくりと腰を落としていきます。このとき、重心はかかとに置きます。

腿と床が平行になるまで下げ、一瞬静止した後、元に戻します。


これだけ!

一日の終わりに、30回程度やるだけでも効果があります。

マッサージはお金がかかりますが、スクワットは自分の体一つで出来ますので、さくっと始めてみませんか?

まだ間に合う!1ヶ月で夏までに痩せるたった一つの方法!(前編)

まだ間に合う!1ヶ月で夏までに痩せるたった一つの方法!(後編)

健康のためのウォーキングの勧め!時間帯は自由!空き時間を有効活用しよう!