30日スクワットチャレンジ!ダイエット効果、成果を高めるにはプロテインを飲もう!

プロテインを飲みましょう

1 30日スクワットチャレンジとは
2 慢性的タンパク質不足の日本人
3 ダイエットに失敗しがちなのは、タンパク質が足りてないから
4 補助食品として、プロテインを導入しましょう

1 30日スクワットチャレンジとは

30日スクワットチャレンジとは、30日間ひたすらスクワットをするというプログラムです。

スクワットとは、膝をまげて90度くらいまで膝をまげて腰をおとし、またたち姿勢に戻る動作を行うことです。筋力トレーニングの王道で、特に効果の高いビッグ3の一つに数えられています。

このプログラムの利点は、複雑なことは一切しないで、シンプルに最大の効果を発揮することです。

2 慢性的タンパク質不足の日本人

日本人は、慢性的なたんぱく質不足と言われています。

タンパク質含有量視点で、ランチなどの外食を見るとびっくりすると思います。ダイエットでカロリー計算やタンパク質の計算や糖質の計算をしている人から見ると、日本のランチは糖質の量が多すぎるのです。

定食では、山もりのごはん、野菜に見せかけた根菜類やイモ類、根菜類やイモ類は炭水化物が多いですね。ラーメンは、ライス無料だったり、最近の濃い味のラーメンにはライスがあってしまうので、しょうがないですが。。。さらに野菜も少ないですよね。別にサラダなどを頼めばよいのですが、1500円とかまでいってしまうので、一般人には少しハードルが高いですね。

糖質が多くタンパク質が少ないのが、日本の食事なのです。

なので、タンパク質は意識して取る必要があります。一日で、体重グラムくらいは取るようにしましょう。

体重70キロの方であれば、タンパク質70グラム。体重40キロの方であれば、タンパク質40グラムといった感じです。タンパク質は、肉100グラムに対して、20グラム程度で計算しておけば大体OKです。

3 ダイエットに失敗しがちなのは、タンパク質が足りてないから

ダイエットに失敗しがちなのは、栄養素となるタンパク質が足りていないことが多いです。ダイエットの際に、頑張って有酸素運動や筋トレをする人は多いです。これは、すごく賞賛に値する行為ですが、その後のケアが足りていないことが多いです。

それは、タンパク質の摂取です。

運動を行うと筋繊維が破壊されます。これによって、筋線維を修復する必要が出てきますが、タンパク質が足りていないとこれが行えません。

これにより、疲労感だけがのこってしまったり、徐々に筋肉量が減ってしまい、逆に基礎代謝が落ちたりしてしまいます。

健康的に確実にやせるためには、筋肉と良い関係を築いて上げる必要があります。

4 補助食品として、プロテインを導入しましょう

さて、必要なたんぱく質量ですが、一日で、体重グラムくらいは取るようにしましょう。

体重70キロの方であれば、タンパク質70グラム。体重40キロの方であれば、タンパク質40グラムといった感じです。タンパク質は、肉100グラムに対して、20グラム程度で計算しておけば大体OKです。

鳥の胸肉やささみなどは、体にも良いので中心食材として利用してきましょう。味噌汁派の人は、具材を豆腐にするなどすると、補助的にタンパク質を補うことが出来ます。

ですが、鶏肉などは、消化に時間がかかって、それもまた体に疲労が残る原因になってしまったりします。なので、すでに粉上になっているプロテインを積極的に活用しましょう。

プロテインは水に溶かして飲むだけなので、忙しいときにも役に立ちます。

30日スクワットチャレンジとプロテインで、スタイルの良い体を手に入れましょう。

30日スクワットチャレンジがきつい人は、朝に多めに頑張っておく!
30日スクワットチャレンジがきつい人は、ストレッチを加えて乗り切る!

ダイエットにはスクワットチャレンジ!
まだ間に合う!1ヶ月で夏までに痩せるたった一つの方法!(後編)

まだ間に合う!1ヶ月で夏までに痩せるたった一つの方法!(前編)