ダイエット効果を底上げするロングブレス!30日スクワットチャレンジと組み合わせよう

少し前にロングブレスダイエットが流行りましたね。いつの間にか、あまり耳にしなくなりました。

毎年様々なダイエットが出ては消えていきますね。それだけ、皆さんがダイエットしたいと思っていることが伝わってきますし、皆さんがダイエットに成功していないんだなと言うことも伝わってきます。

昔はビリーズブートキャンプ何て言うダイエット法もありました。サイクル、サイクルー何て言いながら、腕を回転させたりもしていましたよね。

ダイエットの王道は、ほどよい運動をして、適正な食事をとることです。これ以外は、補助的なものになります。

私は運動は、30日スクワットチャレンジを推奨しています。スクワットの運動強度の高さと消費カロリーの高さに加えて、見た目の変化を早い段階で確認できるので、モチベーションを保ち続けられるからです。

今日は、30日スクワットチャレンジの補助として、ロングブレスをお薦めしたいと思います。

ロングブレスと30日スクワットチャレンジ!

1 ロングブレスとは
2 腹横筋と脂肪燃焼
3 ロングブレスと30日スクワットチャレンジを組み合わせる

1 ロングブレスとは

まず、ロングブレスとは、呼吸法です。長く、強く息をはくことで、お腹の回りを包むように存在している腹横筋が刺激されます。

2 腹横筋と脂肪燃焼

この腹横筋は、意識して使っていかないと鍛えられません。

腹横筋を刺激すると、腹回りのインナーマッスル全体が刺激されます。お腹回りはとくに脂肪がたまりやすいです。

お腹回りの脂肪をダイレクト鍛えると、筋肉が熱を発します。これによりお腹を暖めて、燃焼効果が高まります。

ここで、なぜ、体温が上がると脂肪燃焼効果が高まるかですが、体温1度につき、基礎代謝が10%程変化すると言われているからです。

次に、腹横筋はお腹回りを覆っている筋肉です。腹横筋をダイレクトに刺激することで、腹横筋に張りがでて、お腹回りを引き締めてくれます。

ダイエットの効果として、見た目の変化はとても重要になります。見た目がスリムなら体重があっても良いと考える人は以外に多いです。体重が軽くても、見た目がぼてっと見えていたら嫌ですよね?そういうことです。

3 ロングブレスと30日スクワットチャレンジを組み合わせる

30日スクワットチャレンジで、ヒップアップがすぐに実感できます。最後までこなすと、腿とふくらはぎもかなり引き締まります。

30日スクワットチャレンジの脂肪燃焼効果は、その運動強度による高い!消費カロリーで全身の脂肪を満遍なく落として行きます。

ここにロングブレスで、お腹の引き締めるも加えてあげることで、お腹、ヒップ、もも、ふくらはぎと、気になるところ全てを引き締め、理想の体を手にいれることができるのです。

30日スクワットチャレンジがきつい人は、朝に多めに頑張っておく!
ダイエットにはスクワットチャレンジ!
まだ間に合う!1ヶ月で夏までに痩せるたった一つの方法!(後編)

まだ間に合う!1ヶ月で夏までに痩せるたった一つの方法!(前編)