【ボルダリングのホールド】ジャグ(ガバ、がば)のコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!

【ボルダリングのホールド】ジャグ(ガバ、がば)のコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!

ボルダリングを始めたばかりだと、少し周りの会話についていけない時がありますよね。

特に、専門用語の意味が分からないというのが多いと思います。

中でもジャグなどは、何?ってなる代表格です、ガバといっている人もいるし、何なんだろう??ってね。

基本的に、普通に掴めば良いのですが、かと言ってもやみくもに掴むと、体力が消費されます。

なので、ここではより体力の消費が少なく済むコツを解説したいと思います。

ジャグ(ガバ、がば)とは
ジャグ(ガバ、がば)のコツ1・指を差し込む
ジャグ(ガバ、がば)のコツ2・包み込むように
ジャグ(ガバ、がば)のコツ3・疲れた時の味方
ジャグ(ガバ、がば)の掴み方を実践で学びましょう




ジャグ(ガバ、がば)とは

ジャグはガバとも呼ばれますね。持ち方自体をガバと言いますが、ホールド自体をガバと呼ぶ人も多いですね。

がばっと掴めるからガバと言います。

登っている時をイメージするとこの命名も納得ものですね。上へ上へ登っているときはガバっと掴みたくなりますからね!がばってっ感じがします!

持ちやすすぎるので、意外と見かけることは少なめなホールドですね。

ガバは初心者向けで、とにかく掴むことに特化しています。

普通に何かをつかむときの感覚ににているので、ボルダリングのホールドって感じでもないかもしれません。


とにかく安定感がキング・オブ・ホールドと言っていいほどしっかりあります。

ジャグ(ガバ、がば)のコツ1・指を差し込む

ジャグは手のひらでがっつり掴めるほど、大きいものが多いです。

形状はいろいろなパターンがありますが、大きいものが多いです。

その大きさから、その分「深さ」があります。


その深く発生した「溝」にしっかりと指を差し込むことを意識しましょう。

逆に、握ることを意識すると前腕がこわばって、パンプアップが早まってしまいます。

しっかりと指を差し込んでいきましょう。

そうすることで、筋肉をあまり使わずに持つことが出来るようになります。

ジャグ(ガバ、がば)のコツ2・包み込むように

ガバをつかむときは、全部の指で包みこむようにしましょう。

その安定感を活かしきるには、すべての指を使うことが重要です。

また、手のひらを密着させて、指にかかる負担を軽減していきましょう。

指に力を入れなければならない状態になると、前腕が酷使されます。

パンプアップの大半は、前腕筋群に発生します。

5本の指と手のひらをきちんと使って包み込むことで、少ない力でガバを持つことが出来るようになります。

ジャグ(ガバ、がば)のコツ3・疲れた時の味方

登っている最中に疲れた時は、積極的にジャグを活用していきましょう。

コースが読めなくなって考える時間が欲しいとき、パンプ気味で少し休ませたい時など、最小限の力で体を維持しながら休憩するには、ジャグが最適です!!

ジャグ(ガバ、がば)の掴み方を実践で学びましょう

ガバを力の消費を最小限で抑えるためには、溝にしっかりと指を差し込み、包み込むようにすることが大切です。

すでに自己流の持ち方になっている人は、実践の中で意識しながらもっていかないとなかなか出来るようにはなりません。

次にボルダリングジムに行く時から、積極的に意識していきましょう!

【ボルダリング】ホールドの種類の一覧!特徴とコツを解説!

ボルダリング!まずは、ガバとピンチとスローパーを攻略しよう!

その他、押さえておきたいホールドたち。
【ボルダリングのホールド】クリンプのコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!
【ボルダリングのホールド】ポケットのコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!
【ボルダリングのホールド】インカットのコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!
【ボルダリングのホールド】スローパーのコツとトレーニング!脱初心者!中級者にレベルアップ!